仮想通貨KuCoin(KCS)に将来性はある?特徴や稼ぐ方法を解説

仮想通貨KuCoin(KCS)の将来性イメージ画像

「KuCoin(KCS)の将来性は?」
「KuCoin(KCS)で稼ぐ方法や特徴が知りたい!」

KuCoin(KCS)は、一部の投資家の間で大変人気の高い仮想通貨で、取引やマイニングをせずに通貨を増やしていけるという特徴を持ちます。

今回は、仮想通貨KuCoin(KCS)の将来性・特徴・購入方法について、稼ぐ方法を交えながら解説していきます。

ぜひ参考にご覧ください。

「仮想通貨のステーキングって何?」 「ステーキングにはどんなメリットがあるの?」 この記事ではステーキングの特徴やメリット・デメリット、...
「仮想通貨のDEXって何のこと?」 「DEXにはどのようなメリット・デメリットがあるの?」 ここ数年で一気に仮想通貨に投資する人が増えま...

KuCoin(KCS)とは

KuCoin(KCS)のサイト画像

KCSとはKucoin Cryptocurrency Exchangeが運営する仮想通貨取引所KuCoin内で利用できる独自トークンです。正式名称はKucoin Sharesですが、KuCoinと呼称されています。この記事でも、ユーザーが馴染みのあるKuCoin(KCS)で書き進めていきます。

さて、KuCoin(KCS)は2017年9月に新規公開され、現在の市場ランクは75位、サプライ数は80,118,638枚、1KCS=2,880.82円で取引されており、時価総額は230,807,485,286円となっています(2021年11月30日時点)。

KuCoin(KCS)は、保有しているだけで収入が得られる仕組みに重きを置く仮想通貨で、ユーザーにとってメリットが多いと言えるでしょう。

それでは、仮想通貨KuCoin(KCS)の特徴について詳しく解説していきます。

特徴①保有しているだけで報酬が貰える

KuCoin(KCS)の最大の特徴と言えるのが、保有枚数に応じて報酬が貰えるシステムが構築されている点です。いわゆるステーキングですね。

取引手数料の50%が報酬配当に割り当てられており、KuCoin(KCS)の保有量が多ければ多いほど報酬額が増えます。KuCoin(KCS)の報酬システムは“KuCoin Bonus”と呼ばれ、保有さえしていれば毎日配当されるようになっています。

また、仮想通貨取引所KuCoinでも“KuCoin Candy”という報酬システムがあります。これはログインボーナスのようなもので、1日1回ログインするだけで貯まるようになっており、KuCoin Candyを集めると、抽選で特典がもらえるスピンを回すためのコインとして利用できたり(ガチャのようなもの)、KuCoin(KCS)に交換することもできます。KuCoin Candy自体にもトークンとして価値がついていますが、取引で差益を狙うといった利用するユーザーは今のところ少数派といった印象です。

特徴②保有量に応じて取引手数料が低くなる

KuCoin(KCS)では、保有量に応じて取引手数料が低くなるシステムも導入されています。

KuCoin(KCS)はもともと0.1%と比較的安い取引手数料なのですが、1,000KCSごとに0.001%ずつ安くなっていき、3,000KCSの保有で最大の0.07%まで下げることができます。

KuCoin(KCS)は公開後の急騰が落ち着いたあと、約3年ほど50円〜100円で価格が横ばいとなっていましたが、2021年に入ってから急激な上昇を見せ、3,000円まで価値を上げました。長期保有に旨味のあるKuCoin(KCS)ですが、取引手数料の安さも加わることで、短期取引するユーザーも増えているものと予想できます。

特徴③保有量に応じてさまざまな特典がある

KuCoin(KCS)を保有するメリットは他にもあり、決められた保有量に応じてさまざまな特典が用意されています。

具体的な保有量は公開されていないものの、投資サービスや優遇措置などがあるようです。株主優待制度のようなものですね。

このように、KuCoin(KCS)では大口取引にも魅力を感じさせてくれます。

特徴④ロックアップ期間とバーンで価格を上昇させている

KuCoin(KCS)はロックアップ期間と定期的なバーンで価格が上昇する仕組みとなっています。

ロックアップとは仮想通貨を流通させない施策のことで、市場に出回るKuCoin(KCS)の量を調整するために行われます。

KuCoin(KCS)の最大発行枚数は2億枚に設定されており、うち50%の1億枚は運営元であるKucoin Cryptocurrency Exchangeが保有しています。運営元が保有しているKuCoin(KCS)の35%の7,000万枚がKucoinチーム、15%の3,000万枚がエンジェル投資家に割り当てられていて、KuCoinチームには4年間の、エンジェル投資家には2年間のロックアップ期間が設けられています。なお、一般ユーザーが保有するKuCoin(KCS)にはロックアップ期間が設定されていないので、自由に取引ができます。

同じく、市場への流通量をコントロールする方法にバーンがあります。バーン(burn)とは直訳すると「燃やす」という意味になりますが、仮想通貨分野では「仮想通貨を消滅させる」という意味を持ちます。バーンする理由は、市場に流通する量を調整して、仮想通貨の価値をあげるためです。KuCoin(KCS)のバーンは取引所KuCoinの利益にて四半期毎に実施され、最低でも10%以上のKuCoin(KCS)を利用不可にしていきます。

ロックアップとバーンによってKuCoin(KCS)の流通量は徐々に減少していくため、価値が下がりにくく、上昇しやすいようになっているのです。

特徴⑤取引所KuCoinへ招待すると紹介料がもらえる

取引所KuCoinに友人などを招待し、招待された友人が取引を実施すると、取引手数料の数%が紹介料として貰えるようになっています。

しかも、この紹介システムは子・孫・ひ孫…と続くため、KuCoin(KCS)の紹介をいち早くスタートしている人ほど多く報酬額が増えます。

  • 子…取引手数料の20%
  • 孫…取引手数料の12%
  • ひ孫…取引手数料の8%

すでにKuCoin(KCS)が公開されて4年以上経っているため、紹介料目的で今からスタートするのは現実的ではないかと思いますが、少しでも多く報酬が貰えるのであれば嬉しいに越したことはありませんね。

特徴⑥取引所KuCoinへの上場投票に参加できる

取引所KuCoinには、「応援したい仮想通貨がある」「上場して欲しい仮想通貨がある」など、今後の将来性に期待している仮想通貨支持者に魅力的なシステムがあります。それが、取引所KuCoinの人気投票イベントです。

取引所KuCoinでは定期的に仮想通貨の人気投票イベントがあり、KuCoin(KCS)は投票券としても利用できます。過去には、人気投票で1位を獲得した通貨が実際に上場を果たしました。

KuCoin(KCS)の現在の推移価格

 

KuCoinの良いところは、仮想通貨KuCoin(KCS)への期待感やコミュニティでの結束力だけでなく、取引所KuCoinの利便性や信頼性と相乗効果で価格が上がっていく点です。これは、KuCoin(KCS)保有者数の増加だけでなく、取引所KuCoinの利用者増加も、価値が上昇していくことを意味します。

KuCoin(KCS)は上場してすぐ期待感からぐっと値をあげたものの、2021年に入るまでは横ばいを続けていました。プラットフォーム2.0のアップデートなどの期間を経て、2021年から強気の上昇トレンドを見せています。

KuCoin(KCS)の今後と動向

KuCoin(KCS)の今後と動向のイメージ画像

取引所KuCoinは、分散型取引所(DEX)の開発を進めている段階です。DEXがローンチされた暁には、通貨としてKuCoin(KCS)が採用されることになりますので、さらなる上昇が見込めるでしょう。

過去に取引所KuCoinでは2億7900万ドル(約300億円)もの仮想通貨がハッキングされています。現在はセキュリティへの取り組みを強化しておりますが、今後ハッキングのリスクを回避できるDEXが利用できるようになれば、取引所としての人気がさらに上がると予測でき、それに付随して仮想通貨KuCoin(KCS)の価値も上昇していくと予想できますね。

取引所「bitcastle」でハッキングリスクを回避

ハッキングへのリスクヘッジという観点からオススメしたいのが、仮想通貨取引所「bit castle(ビットキャッスル)」です。

bitcastleでは大半の通貨をオフラインのコールドウォレットで保管しているため、ハッキングリスクが非常に少なくなっています。また、主要な通貨ペアの取引手数料が0%ですので、短期取引に持ってこいの取引所だと言えます。

バイナリーオプションも可能&最大ペイアウト率が2.0倍と利益が出やすいのも魅力的です。

今なら最大50$の仮想通貨がプレゼントされますので、登録してみてはいかがでしょうか。

bitcastleのデモトレードを試してみる>

KuCoin(KCS)の購入方法

KuCoin(KCS)購入方法のイメージ画像

仮想通貨KuCoin(KCS)は、現在日本国内の取引所で取り扱いがありません。やはりKuCoin(KCS)を保有するのであれば、取引所KuCoinがベストな策だと言えるでしょう。

取引所KuCoinは日本の取引所として登録されていませんが、日本語には対応しています。海外の取引所ではありますが、比較的にスムーズに登録・購入が行えます。

また、入金は日本円で実施できず、仮想通貨での入金となります。日本円で入金したい場合は、あらかじめ国内の取引所で口座を開設して日本円を入金し、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった主要な仮想通貨を購入しておきましょう。乱高下の不安がある方は、米ドルのペッグ通貨であるテザー(USDT)がオススメです。

STEP①取引所KuCoinのアプリをダウンロードする

今回はスマホアプリの登録方法とKuCoin(KCS)の購入方法についてご紹介します。
まずは、下記のURLからOSに応じたアプリをダウンロードしてください。

ダウンロードはこちら>

STEP②アカウントを登録する

KuCoin(KCS)の登録方法解説画像

ダウンロード完了後、アカウント登録を進めます。

アカウント登録をするには、アプリを開いた画面で下にスワイプし、「Get Started」へ進みます。メールアドレスの入力欄がありますが、こちらはログイン画面となりますので、右下の「登録」へ進んでください。

メールアドレスを入力して認証コードの送信ボタンを押すと、該当のアドレスに認証コードが届きます。そちらを入力してください。

以上でアカウント登録が完了となります。

セキュリティを強化するには、アプリトップ画面左上にあるアカウントアイコン(初回はメールアドレスの冒頭2文字になっています)をタップし、アカウント名から認証を進めてください。

STEP③KuCoin(KCS)を購入する

仮想通貨KuCoin(KCS)の購入画面解説画像

KuCoin(KCS)を購入するには、トップ画面から「入金」へ進みます。送金で利用する仮想通貨を選択し、ウォレットアドレスをコピーして送金元のウォレットや取引所へ入力しましょう。誤送信を防ぐため、必ずコピー&ペーストで対応してください。

入金後はトップ画面下部から「Markets」へ進み、「KCS」タブを選択すると、通貨ペアが表示されますので、保有している仮想通貨ペアを選んで購入します。

【まとめ】KuCoin(KCS)は将来性抜群の仮想通貨&取引所

KuCoin(KCS)は、取引をせずとも利益を得られる仕組みですので、仮想通貨取引に不慣れな方でも簡単に利益が得やすい通貨ですし、取引所KuCoinも日本語対応しているので、スムーズに操作ができます。初心者から中・上級者まで、幅広い層のニーズに応えることのできる、将来性抜群の通貨ではないでしょうか。

なお、取引所KuCoinは金融庁が認可する暗号資産交換業者登録に登録されていませんので、利用は自己責任となります。リスクも踏まえた上で、登録・取引するようにしてくださいね。