Casper(CSPR)の将来性は?特徴や購入方法を解説

仮想通貨Casper(CSPR)

「仮想通貨Casper(CSPR)ってどんな仮想通貨?」
「仮想通貨Casper(CSPR)に興味あるけど買っても大丈夫?」
「仮想通貨Casper(CSPR)について初心者にも分かりやすく説明して欲しい」

といった悩みを抱えている方は多数いらっしゃると思います。本記事ではこうした悩みをお抱えの方の手助けをするため、Casper(CSPR)に基本的な情報から特徴、将来性まで幅広く解説いたします。

そのため、購入を検討されている方や、Casper(CSPR)に興味があって調べ始めた方にとって役立つ情報が多数ございますので、ぜひ参考にご覧ください。

Casper(CSPR)とは

Casper(CSPR)とは

通貨名称 Casper(キャスパー)
シンボル CSPR
リリース時期 2020年4月
発行枚数 10,000,000,000 CSPR
公式サイト https://casperlabs.io/ja/
公式Twitter https://twitter.com/Casper_Network
Telegramコミュニティ https://t.me/casperblockchain

Casper(CSPR)とは、CasperLabsというチームが開発している企業や開発者の採用に最適化された分散型台帳プラットフォームです。

2018年に設立されたブロックチェーン企業「CasperLabs」は、完全独自チェーンのCasper Networkの開発・運用を行っています。

こうした開発は、ブロックチェーンやフィンテックを中心とする23の投資家から投資を受けているなど、多くの人から注目を集めています。その結果、今までに集めた調達資金は2880万ドルにも上ります。

これまでに開発されてきたブロックチェーンでは、エンタープライズ・開発者・一般消費者のニーズを一度に満たせるものがなく、どれかを妥協する必要がありました。

具体的にいうなら、プライバシーの保護を優先すると、公開性が犠牲になるといった形です。

こういった問題を解決するため、そしてユーザーの進化するニーズに柔軟に応じられるよう、継続的に開発しながら、あらゆるバックグラウンドの開発者が最大限アクセスできるよう設計されているのがCasperです。

そんなCasperは、直感的で相互接続されたサービスの需要を全面的に支援し、採用のトリレンマを解決することを使命と掲げ、開発・運用されています。

仮想通貨イーサリアム(ETH)のガス代が何か分からない方に向けて書きました。イーサリアム(ETH)の概要から、損せずして送金スピードを上げるために行うべきガス代の設定方法についても紹介しています。ぜひ読んでみてください。
「仮想通貨の利益が20万円以下だと税金は発生しない?」 「確定申告はしなくても良い?」 「仮想通貨の利益を20万円以下に抑える方法は?」...

Casper(CSPR)の特徴

Casper(CSPR)の特徴

2021年3月にメインネットでリリースされたCasper(CSPR)は、イーサリアムのPoS実装における中核技術としてCasperLabsが中心になって開発されました。

Casperのプラットフォームはブロックチェーンテクノロジー・スマートコントラクト・Dappsの採用を世界規模で促進することの目的に設計されています。

そんなCasper(CSPR)の特徴や魅力をより多くの方に知っていただけるよう、この項目ではCasperの大きな特徴を三つほど解説いたします。

「ブロックチェーンってよく聞くけどいまいちピンとこない」 「ブロックチェーンってどんな特徴があるの?」 ブロックチェーンは、仮想通貨(暗...

特徴①開発者フレンドリー

まず一つ目の特徴として有名なのは、開発者に寄り添った開発・運営を行っていることです。

その一つとして、Casperでは開発者言語にWebAssemblyを採用しています。

この言語は開発者が既に3000万人いるとされているなど、現在開発者達の中で注目されています。その言語を採用して開発・設計を行うことによって、開発者達が自分の慣れ親しんだ開発環境でブロックチェーンサービスを実装できる環境を作り上げています。

また、Solidityのトランスコンパイラーが提供されることにより、イーサリアム向けのコードをCasperに移行することができるようになります。

他にも、Casperは後からでもコードをアップグレードできる機能を有しております。

もしコードがアップグレードできないブロックチェーンだった場合、最初から脆弱性をなくし、完璧な状態で完成させなければいけません。それは開発者のプレッシャーが非常に大きく、負担になってしまいます。

Casperはそういったプレッシャーを軽減するため、コードをアップグレード出来るようにしています。

こういった開発者に寄り添った設計・開発・運用を行うことで、Casperは多くの人に利用され、期待のまなざしを向けられています。

特徴②高いスケーラビリティを確保

二つ目の特徴は、高いスケーラビリティ性能です。

スケーラビリティとは、リソースの追加によってコンピュータの規模を大規模なものへと拡張できる能力のことを指します。

現在仮想通貨業界では取引量の増加に伴い、取引の処理が追いつかず、取引完了までの時間がかかってしまうといった問題が発生しています。また、取引処理の遅延によって手数料が値上がりしてしまうといったスケーラビリティ問題も発生しています。

こうした問題を解決するためCasperは、シャーディングが有効であり、複数のトランザクションを同時に実行できるシステムを構築しています。それにより、全体的なパフォーマンスの向上に成功しています。

このような高速性を実現できているのは、Casper NetworkのコンセンサスアルゴリズムであるHighway Protocolのおかげです。

HighwayはイーサリアムのPoS化実装の提案であるCasper CBC仕様を利用しており、Highway自体はDAGベースのプロトコルとなっています。

これにより、可変なファイナリティが提供されるようになっており、従来のメカニズムでは行えない、強力なファイナリティ保証を提供しています。

他にもHighwayを活用することで、従来のBFTモデルでは不可能な方法で柔軟性の実現にも成功しています。

その結果、Casper(CSPR)はトランザクションが多様なネットワークを実現し、多くの人から高く評価されています。

特徴③プルーフオブステーク(PoS)を独自に利用

三つ目の特徴は、Casper(CSPR)がブロックチェーンテクノロジーとプルーフオブステーク(PoS)コンセンサスメソッドを独自に構築・利用している点です。

これによりCasperは完全に分散化されています。また、それに伴いネットワークの用途が非常に広くなっています。

ちなみにですが、PoSは人気の仮想通貨Symbolでも採用されているなど、現在注目されている技術の一つです。

こうした技術を積極的に活かし、アップグレード可能なスマートコントラクトと、予測可能な取引ガス料金を備えるなど、将来を見据えた設計を行っています。

もちろんCasperの強みはこれだけではありません。PoS機能を活用することで、ノードバリデーターを選ぶ際にトークンステーキングの量を加味した検証を実行し、チェーンに新しいブロックを追加します。

それにより、大量の電気または計算能力を必要なくなりました。また、それに伴って環境に優しいエコシステムになっています。

こうした技術が多くの人に評価されることで、様々な人から注目を集めているのはもちろん、イーサリアムがスケーラビリティ問題を解決するためのアップデートを行う際にCasperを使用するなど、仮想通貨業界でも目を離せない存在となっています。

「仮想通貨イーサリアム(ETH)は今から買っても遅い?」 「このまま保有しておくべき?買い時や売り時は?」 このような悩みを解決すべく、...

Casper(CSPR)の現在の推移価格

Casper(CSPR)の現在の推移価格

 

Casper(CSPR)はコインリストで行われた先行販売にて、特徴でも説明した技術面が高く評価されたこともあって、販売可能人数の1万2000人の10倍超の人数が集まりました。

上場後は、2021年8月に一度急激に価格が上昇しましたが、現在は価格の動きは落ち着いています。

今後の動きは余り予想は出来ませんが、イーサリアム2.0の鍵を握ると周囲からいわれていることもあり、イーサリアムの動きに大きな影響を受けるのは間違いないでしょう。

また、イーサリアム自体ビットコインに次ぐ時価総額と知名度を誇っており、将来性もある仮想通貨ですので、今後も価格の上昇が期待できます。

そのため、Casperもまた価格が上昇する可能性が高いと言えるでしょう。

最近では、「仮想通貨」や「FX」という言葉を耳にする機会が増えました。そのため、「なんとなく儲かりそうだからチャレンジしてみたい」というよう...

Casper(CSPR)の今後と動向

Casper(CSPR)の今後と動

Casper(CSPR)の将来性ですが、将来性はあるといって問題ないでしょう。

というのも、上でも軽く述べましたがビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨であるイーサリアムにおいて、Casperの技術が使われているからです。

そのため、今後もイーサリアムの価格に連動して値上がりをしていく可能性が高いです。

また、Casperに期待している人や、Casperとパートナーシップを表明している企業が多数あることも、将来性を語る上で重要なポイントです。

パートナーシップを表明している企業をいくつか挙げると、IPwe・HeraSoft・Metis・PlasmaPayなどがあります。

公開特許の記録ソリューションを構築しているIPweでは、特許データベースをCasperに移行しています。このソリューションでは、Casperを利用することで、特許データの保存から保護、追跡まで行っています。

また、特許の付与や公開、所有、譲渡、制約といったプロセスをCasperブロックチェーン上で行う、グローバル特許レジストリの構築を目指して開発・運用しています。

こうした取り組みが各企業で行われております。

他の企業もこうした開発・構築・運用をどんどん進めていけば、それに伴いCasperの需要も増していく可能性が高いですので、将来性に十分期待できるといって間違いないでしょう。

この記事では仮想通貨の10年後について予想しています。10年後の価値や需要、暴落する場合の要因だけでなく、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の10年後についても解説。仮想通貨の購入を悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

Casper(CSPR)の購入方法

Casper(CSPR)の購入方法

Casper(CSPR)の購入方法ですが、残念なことに国内取引所において取引を行っている場所はありません。そのため、取引を行う場合は、海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。

海外の取引所でCSPRを取引しているのはHuobiやGate.ioとなります。

使い慣れている取引所があるなら、そこを使用しても問題はないでしょうが、あえておすすめの取引所を挙げるとしたら、世界の仮想通貨取引所でもトップクラスの規模を持つHuobiがいいかもしれません。

もしくは、バイナンスに上場するまでは様子見に徹するという手段もあります。やはり仮想通貨市場においてバイナンスに上場しているかどうか大きなポイントですので、上場するまでは買わないというのも間違った手段ではないと思います。

Casper(CSPR)のまとめ

Casper(CSPR)のまとめ

今回はCasper(CSPR)の特徴や将来性などについて、なるべく分かりやすいように解説いたしました。
本記事の内容を簡潔にまとめるなら、  

  1. Casper(CSPR)はCasperLabsというチームによって開発された
  2. 採用のトリレンマを解決することを目標に開発・運用されている
  3. 開発者の立場に寄り添った仮想通貨である
  4. スケーラビリティ問題を解決するため、高いスケーラビリティ性能を確保している
  5. プルーフオブステーク(PoS)を独自に利用している
  6. イーサリアムをはじめ、様々な企業とパートナーシップを表明している

となります。

こうした要点からCasper(CSPR)の将来性はあると考えて問題はないでしょう。
実際、人気仮想通貨であるイーサリアムにもCasperの技術が導入されているなど、多くの人からその技術力は高く評価されています。

また、多くの投資家達からも期待のまなざしを向けられていますので、興味があるなら買ってみても損をする可能性は低いでしょう。