iExec RLC(RLC)の将来性は?特徴などを解説

仮想通貨iExec RLC(RLC)

「仮想通貨iExec RLC(RLC)ってどんな通貨なのかイマイチ分からない」
「仮想通貨iExec RLC(RLC)の特徴をわかりやすく説明して欲しい」
「仮想通貨iExec RLC(RLC)の将来性はあるのだろうか?」

こういった悩みや疑問をお持ちの方の手助けをするため、本記事ではiExec RLC(RLC)について解説いたします。

基本的な情報はもちろん、多くの皆さんが気になるであろう将来性なども簡潔に解説いたしますので、購入を検討されている方やiExec RLC(RLC)を調べている方はぜひご参照ください。

iExec RLC(RLC)とは

iExec RLC(RLC)とは

通貨名称 iExec RLC(アイエグゼック)
シンボル RLC
公開日 2017年1月
最大供給量 約87,000,000COTIコイン
公式サイト https://iex.ec/
公式Twitter https://twitter.com/iEx_ec
公式Facebook https://www.facebook.com/iexecteam/
Telegramコミュニティ https://t.me/joinchat/FswFJw6AaL-kpQeWdBSwRA

iExec RLC(RLC)は、ブロックチェーン技術を活用した分散化されたクラウドコンピューティングサービスを構築することを目標に、開発・運用されています。

と、言っても多くの人にとっては何が何だか分からないと思います。

そういった人たちに分かりやすく言うなら、「世界にある未使用のパソコンのCPUを集めて世界最強のスーパーコンピューターを作ろう」といった感じのプロジェクトです。

こうした分野は現在AmazonやMicrosoftといった大手企業が独占しています。そんな中で、もしiExec RLCのプロジェクトが完成すれば、非常に安い価格で高性能なコンピュータが使える時代が来るでしょう

また、それによってこれまでは性能的な問題で行えなかったデータ分析なども行えるようになると考えられています。

主な使用用途としては、プラットフォームの参加者にはストレージや計算リソースを提供する人と、提供されたストレージ・計算リソースを使用する人に別れます。

そして、後者は提供者に対して利用料を支払うことで、提供されたストレージ・計算リソースを使用できるようになります。この際支払われるトークンがRLCです。

こうした仕組みや将来性が多くの方に評価され、iExec RLCは現在多くの人から注目を集めています。

「仮想通貨の取引で得た報酬は確定申告が必要?不要?」 「確定申告のやり方は難しい?」 仮想通貨の売買や取引で得た報酬は、取引内容や額面、...

iExec RLC(RLC)の特徴

iExec RLC(RLC)の特徴

iExec RLC(RLC)の創始者は中国にて最も創造的な中国人100人に選ばれたこともあるHaiwu He氏です。

彼は、ブロックチェーン技術を利用して、分散化されたクラウドコンピューティングサービスを構築することを目的にiExec RLCを開発しました。

クラウドコンピューティングサービスというと難しく聞こえますが、実はこうしたサービスは意外と身近な存在となっています。

というのも、GoogleフォトやiCloudなどのファイル保管がクラウドコンピューティングのサービスに当たるからです。

そのため、パソコンやスマホを使っている人なら知らず知らずのうちに利用している人もいるでしょう。

こうしたサービスは同じアカウントを使用すれば違うパソコンからでもクラウドコンピューティングのサービスにあるデータにアクセスできるといった利点があります。

それに注目し、ブロックチェーンを使ったセキュリティの強いクラウドサービス使って、超高性能名コンピュータを作り、利用できるようにするのがiExec RLCのプロジェクトです

この項目では、そんなiExec RLCの特徴を三つほど解説いたします。

「ブロックチェーンってよく聞くけどいまいちピンとこない」 「ブロックチェーンってどんな特徴があるの?」 ブロックチェーンは、仮想通貨(暗...

特徴①高い革新性とアクセス性

iExec RLC(RLC)の一つ目の特徴としては、システムの革新性やアクセス性が挙げられます。

どのようなシステムやアプリであっても、取り扱う情報量が増えれば増えるほど処理速度は遅くなってしまいます。ましてや、革新的な製品や性能が高いサービスになってくると、必要な処理能力は上がってしまいます。

その際の解決手段は、とにかく情報処理の無駄を減らすか、高性能コンピュータを使用するしかありません。しかし、高性能なコンピュータは値段がとても高く、そう簡単に手を出せる存在ではありません。

そんな高性能なコンピュータがなくビッグデータの処理に困っている方に向けて、iExec RLCは開発されました。グリッドコンピューティングなどの技術を用いて開発されたこのサービスは、革新的な存在として評価されています

もちろん、ただ革新的なだけで形になっていなければ意味はありません。実用性を伴ってこそ意味があります。

そのためiExec RLCは高いアクセス性にもこだわりを見せています。

その成果もあり、iExec RLCは請求に基づいた安全かつスケーラブルで制限のないコンピュータリソースへのアクセスをユーザーに提供できるシステムとなっています。

特徴②クラウドコンピューティングサービス

二つ目の特徴は、iExec RLCの代名詞でもあるクラウドコンピューティングサービスそのものです。

クラウドコンピューティングサービスというのは、非常に便利でありがたい存在です。このサービスの一番の強みは、インターネットにさえ繋がっていれば、いつでもどこでもサービスを利用できることにあります。

しかし世の中全て都合が良く回るわけはありません。クラウドコンピューティングサービスにはデメリットも存在します。それは、運営元が事業撤退したり、倒産したりする可能性があることです。

これはデータの安全な管理のためにはコストが必要であり、もしコストが利益を上回ってしまえば当然倒産します。

また、他にもハッキングなどによる情報流出のリスクも無視は出来ないデメリットです。

こうしたクラウドコンピューティングサービスのデメリットを解消するため、iExec RLCではブロックチェーン技術を導入しています。

そしてネットワーク上に接続された複数のコンピュータの空きリソースを活用することで、DAppsを提供します。

これによるメリットとしては、ブロックチェーンのブロック容量が足りず、トランザクションが入りきらないがために承認の遅延が発生してしまうスケーラビリティ問題を解決できます。

他にも、DAppsならでの自由度や、手数料の少なさ、サーバーダウンの心配をする必要がないといったメリットもあります。

特徴③開発力に期待できる

三つ目の特徴が、開発力に期待できる開発者が在籍していることです。

その人は、2017年中国で最もクリエイティブな100人に選ばれたHaiwu HE氏です。

Haiwu HE氏はクラウドコンピューティング技術を10年以上研究してきた中国精華大学出身の研究者です。そのため、クラウドコンピューティングに関することなら、豊富な知識と高い技術を有しています。

そんなHaiwu HE氏がフランス国立情報学自動制御研究所​と共同で立ち上げたのが、iExec RLCのプロジェクトです。

それだけでも開発力に期待できそうですが、さらに中国の国立情報研究所と国立中央研究所も開発に協力しているのも魅力的です。

実際中国は仮想通貨などの技術に関して高いものを持っていますので、開発力の点では申し分ないと言って間違いないでしょう。

また、開発力があっても先を見据えた開発が出来なくては意味がありませんが、その点もiExec RLCは安心です。

何故ならiExec RLCはかなり先を見据えたロードマップを公開し、各目標を予定通りしっかりと進めているからです。

こうした点からiExec RLCは、今後の開発にも期待できるでしょう。

iExec RLC(RLC)の現在の推移価格

iExec RLC(RLC)の現在の推移価格

 

iExec RLC(RLC)は2017年4月の取引開始以降、価格が上昇し始め、7月頃に一度大きく価格を上げましたが、その後は低調に推移していました。

その後は仮想通貨全体の盛り上がりに合わせて、価格を上げ、盛り上がりが落ち着いたら価格が下がると言ったことを繰り返しています。

今後の価格の動きですが、この状態を維持しながら推移していく可能性が高いと思われます。

ですが、長期的な目線で見れば、問題なくプロジェクトが進んでいけば再び高騰する可能性は高いでしょう。

また仮想通貨市場自体がまた盛り上がれば、それに伴って仮想通貨の価格が引っ張られるように上がる可能性もあります。

そのため、今後の動向に注目して損はない仮想通貨と言えるでしょう。

なぜ多くの日本人に仮想通貨は受け入れられないのでしょうか? 仮想通貨=ギャンブルだと思われている 多くの日本人に仮想通貨はギャンブルだと...

iExec RLC(RLC)の今後と動向

iExec RLC(RLC)の今後と動向

ここまででiExec RLC(RLC)の開発目的や性能、特徴などについてを解説しましたが、この項目ではiExec RLCに興味がある方や調べている方にとって一番重要であろう、iExec RLCの今後や将来性について解説いたします。

まず結論から述べると、「今後とも発展していく可能性が高い」となります。

というのも、これからの仮想通貨業界において、分散型アプリケーションやグリッドコンピューティングなどはどんどん発展していくと予想されています

実際、2021年には様々な仮想通貨プロジェクトが開発・運用されました。

そのため、非常に競争が激しく、注目が集まっている分野で間違いないでしょう。

そんな中で今後どこが勝ち抜いていくのかを予想するのは非常に難しいですが、少なくともiExec RLCはそんな競争に簡単に脱落してしまうような存在ではありません。

それどころか、仕組み自体の優秀さもさることながら、将来を期待できるだけの開発環境、強力な競合があまり見当たらないといった点もから、むしろ勝ち抜けるだけの素養があるとも言えます。

もちろんライバルが完全にいないというわけではありませんが、それでも優位性は十分にあるでしょう。

また、未来を見据えたロードマップもしっかりと作られていますので、このまましっかりと開発していけば、また価格が高騰する可能性が高いと思われます。

iExec RLC(RLC)の購入方法

iExec RLC(RLC)の購入方法

iExec RLC(RLC)の購入方法ですが、現時点では日本の仮想通貨取引所では取り扱っておらず、上場の見通しも立っていません。

そのため、購入するためには海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。

現在RLCを取り扱っている取引所は、世界最大の取引所であるBINANCEをはじめBittrex、Liqui、HitBTC、Livecoinなどがあげられます。

この中であえておすすめの取引所を挙げるならBINANCEです。

BINANCEは取り扱っている仮想通貨の数が70種類以上あり、その中の多くが将来性が高いのに現在の価格が低い草コインです。そのため、一攫千金を狙った草コイントレードも行える取引所です。

もちろんBINANCEの魅力はそういった夢だけではありません。

サポート面の充実度や日本語に対応している点、質問した際に日本語でレスポンスを返してくれる点も安心です。

そのため、海外の取引所の理容になれていない方も安心して利用できます。

iExec RLC(RLC)のまとめ

iExec RLC(RLC)のまとめ

今回はiExec RLC(RLC)の基本的な情報や性能、特徴、将来性などについてできるだけわかりやすく解説いたしました。

そんな本記事の内容を簡潔にまとめると、

  1. iExec RLCはブロックチェーン技術を使ったクラウドコンピューティングサービスを構築している
  2. 完成したらAmazonやMicrosoftが独占している高度なデータ分析の市場を安価で誰でも使用できるものに出来る
  3. iExec RLCは革新性やアクセス性が高い
  4. 創設者のHaiwu HE氏は中国でも有名な実力のある人物
  5. 今後の開発に期待できる環境が整っている

となります。

こうした要点をまとめると、「iExec RLCは完成すると現在の市場に大きな影響を与える期待のプラットフォームである」と言えます。

ただ、心配な点を言うならブロックチェーン技術を利用した分散型クラウドネットワークという分野は、他にもいくつかのプロジェクトが立ち上がっているが、そのほとんどが開発が思うように進んでいない点です。

それだけこの分野の開発は難しいと言うことでしょう。

それでも、開発力の強さやマーケティングを活かすことで、他の似たプロジェクトと頭一つ抜けた存在になり得る素質があることには違いはありませんので、今後の動向に注目して損はないでしょう。