流動的プール(Liquity pool)とは?イールドファーミングについても解説

「流動的プール(Liquity pool)とは一体どういうもの?」
「流動的プール(Liquity pool)ってどんな仕組み?」

流動的プール(Liquity pool)と言えば、DeFi(分散型金融)やDEX(分散型取引所)関連でよく耳にする人も多いでしょう。

この記事では、仮想通貨(暗号資産)の流動的プールについて解説します。イールドファーミング流動性マイニングについても説明しているので、興味のある人はぜひ読んでみてください。

BakeryToken(BAKE)<ベーカリートークン>は、DEXのBakerySwapで利用される仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、BakeryTokenの特徴や将来性について解説します。DeFiやNFTに興味がある人は要チェック!
Mdex(MDX)は、DEXの「Mdex」と、そのプラットフォームで使われる仮想通貨(暗号資産)「MDX」のことです。この記事では、Mdex(MDX)の特徴や将来性について解説します。DeFiに興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

流動的プール(Liquity pool)とは

流動的プールの見出しとプールのイメージ画像

流動的プール(Liquity pool)とは、簡単に言うと「ある金融サービスの資金として大量に投入された仮想通貨(暗号資産)の蓄え」です。

具体的に説明するなら、特定のブロックチェーン上のスマートコントラクトにロックされたトークンの集合体と言えるでしょう。イメージとしては、プラットフォームにさまざまな種類の仮想通貨がたくさん集められているような感じです。

流動的プールは、DeFi(分散型金融)エコシステムを支える基盤技術の一つ。DeFiサービスにおいて様々な機能を促進するために使用されますが、共通の役割は「市場の流動性を高めること」にあります。

このように、流動的プール自体はとてもシンプルな概念。だからこそ、どのように利用するかが注目されている技術となっています。

DeFiエコシステムの例

  • AMM(自動マーケットメーカー)
  • イールドファーミング
  • レンディング
  • 合成資産
  • オンチェーン保険
  • ブロックチェーンゲーム
DeFi(分散型金融)とは?
「Decentralized Finance」の略称。ブロックチェーン技術を利用した金融サービスのこと。仲介者や管理者が不要のうえ、最小限のコストで運営が可能な仕組みとなっている。

【関連記事】DeFi(分散型金融)についての詳しい解説はこちら。

「DeFiとはそもそも何?どのような特徴があるの?」 「DeFiで仮想通貨を稼げるの?」 UniswapやMakerDAO、Compou...

【関連記事】レンディングなら「Venus(ヴィーナス)」をチェック!

Venus(XVS)<ヴィーナス>、正式名称Venus Protocol(ヴィーナス・プロトコル)は、レンディングプラットフォーム及びそこで発行・利用される仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、Venusの特徴や将来性について解説します。

【関連記事】合成資産なら「UMA(Universal Market Access)」をチェック!

UMA(Universal Market Access)<ユニバーサルマーケットアクセス>は、合成資産を作成できる仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、UMAの特徴や将来性について解説します。DeFiに興味がある人は要チェックです!

【関連記事】ブロックチェーンゲームについての詳しい解説はこちら。

NFTアプリやNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム・DAppsゲーム)について解説します。NFTアプリから発展した「GameFi(ゲーム・ファイ)」なども説明。NFT関連銘柄が気になっている人は、ぜひ投資の参考にしてみてください。

流動的プール(Liquity pool)の利用法① AMM形式のDEX

流動的プール利用法①の見出しとプールのイメージ画像

流動的プール(Liquity pool)の最も一般的な利用法は、DEX(分散型取引所)のAMM(自動マーケットメーカー)です。

ここでは、DEXでどのように流動的プールが利用されているのか、AMMの仕組みもあわせて説明します。

DEXで利用される流動的プール

流動的プール(Liquity pool)は、多くのDEX(分散型取引所)において利用されています。

最初に流動性プールを使用したDEXの1つは、Bancor(バンコール)。以降はUniswap(ユニスワップ)の登場により、人気が広まりました。

また、現在流動性プールは様々なブロックチェーン上のDEXで稼働しています。

例えば、Ethereum(イーサリアム)チェーンでは、SushiSwap(スシスワップ)や Curve Finance(カーブファイナンス)。

Binance Smart Chain(バイナンススマートチェーン)では、PancakeSwap(パンケーキスワップ)や BakerySwap(ベーカリースワップ)などが挙げられます。

更に、Ethereumの流動性プールには「ERC-20」のトークン、Binance Smart Chainには「BEP-20」のトークンが含まれている点が特徴。ブロックチェーンの種類にあわせてプール内に追加される、いろんなトークン(仮想通貨)によって市場が形成されています。

DEX(分散型取引所)とは?
「Decentralized EXchange」の略称。特定の管理者を持たず、ユーザーがシークレットキー(秘密鍵)や仮想通貨を管理する仮想通貨取引所のこと。Binanceのような特定の組織や会社が運営する取引所は、CEX(中央集権型取引所)と呼ばれる。

【関連記事】DEX(分散型取引所)についての詳しい解説はこちら。

「仮想通貨のDEXって何のこと?」 「DEXにはどのようなメリット・デメリットがあるの?」 ここ数年で一気に仮想通貨に投資する人が増えま...

【関連記事】DEX「Bancor」とBNTトークンについてはこちら。

Bancorは分散型仮想通貨取引所(DEX)が世間に広まり始めたころに注目された仮想通貨として聞き覚えがある方もいるのではないでしょうか?現...

【関連記事】DEX「Curve.fi」とCRVトークンについてはこちら。

Curve DAO Token(CRV)<カーブダオトークン>は、DEXのCurve Financeで使われている仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、CRVの特徴や将来性について解説します。DeFiに興味がある人は、要チェックです!

【関連記事】DEX「PancakeSwap」とCAKEトークンについてはこちら。

「パンケーキスワップ(PancakeSwap/CAKE)とは何?」「どうやって始めればいいの?」 仮想通貨においてDEX(分散型取引所)が...

AMMを支える流動的プール

DEX(分散型取引所)には、AMM(自動マーケットメーカー)形式オーダーブック形式の2種類があります。そのAMM形式を支える重要な役割を担っているのが、流動的プール(Liquity pool)です。

AMM形式のDEXでは、流動性プールからいつでも交換を希望するトークンを引き出すことができる仕組みとなっています。これは、多くの流動性供給者によって常にたくさんのトークンが追加され、流動性プールに蓄積されていることによるものです。

取引相手を必要とせず、流動性プールに対して取引を実行するので、好きな時にトークンを交換できるのがAMMの魅力。また、誰もが流動性供給者になれる点でも、その仕組みを成り立たせる重要なポイントとなっています。

AMM(自動マーケットメーカー)とは?
「Automated Market Maker」の略称。CEX(中央集権型取引所)を利用することなく、自分のウォレットから直接取引ができる仕組み。流動性プールに預けられた仮想通貨(トークン)とスピーディに交換・取引ができる。
オーダーブックとは?
売りたい人と買いたい人の価格がマッチして取引される仕組みのこと。相対取引とも呼ばれる。

【関連記事】CEXの代表例「Binance(バイナンス)」についてはこちら。

「仮想通貨取引所のバイナンスってどんな特徴があるの?」 「バイナンスを使うメリットやデメリットは?」 「バイナンスに登録する方法は?」 ...

【関連記事】CEXのランキングはこちらを参考にしてみてください。

仮想通貨取引所ってたくさんあって、比較しないとどれが自分に合うのか、おすすめなのはどこなのか、わかりませんよね。そこで、ビットライフ調査部隊が仮想通貨取引所を徹底比較しました。あなたにおすすめの仮想通貨取引所はこれを見れば丸わかりです。

流動的プール(Liquity pool)の利用法② 利息&金利の獲得

流動的プール利用法②の見出しとプールのイメージ画像

流動的プール(Liquity pool)の利用法として、イールドファーミング流動性マイニングも挙げられます。

ここでは、流動的プールを利用した利息や金利の獲得について説明します。

イールドファーミングで利用する流動的プール

「イールドファーミング」とは、DeFiサービスに仮想通貨を預けて流動性を提供する見返りに、利息や金利、手数料収入がもらえる仕組みのことです。DeFiサービスには、DEXやレンディングなどがあります。

つまり、先ほど説明したAMM形式のDEXでトークンを追加していた流動性供給者も、このイールドファーミングによって利息や金利を獲得できるというわけです。

トークンを追加する際は、基本的に2種類のトークンを預け入れるのが一般的。この通貨ペアの種類によってAPR(年利率)が異なります。

通常よく利用されるのが、ボラティリティ(価格変動率)の低いステーブルコインです。金融サービスでの運用においては比較的低リスクであるため、テザー(USDT)やトゥルーUSD(TUSD)といったペッグ通貨は定番の仮想通貨と言えます。

ステーブルコインとは?
取引価格が変動しないように設計された仮想通貨のこと。ステーブル=ホチキスのことで、固定を意味している。主に法定通貨担保型、無担保型(アルゴリズム型)、仮想通貨担保型の3種類がある。
ペッグ通貨とは?
レートをある特定の水準に連動させて、変動する幅を最小限に限定する通貨のこと。ペッグ(ペグ)=釘や杭のことで、固定を意味している。

【関連記事】ステーブルコインについての詳しい解説はこちら。

「ステーブルコインって何?」 「ステーブルコインにはどんなメリットがあるの?」 ステーブルコインの種類や特徴、メリット・デメリットについ...

【関連記事】人気のステーブルコイン「テザー(USDT)」についてはこちら。

仮想通貨テザー(USDT)は、2015年2月にTether Limited社が発行を開始した仮想通貨です。2021年8月現在、市場ランキング...

【関連記事】ステーブルコイン「トゥルーUSD(TUSD)」もあわせてチェック!

TrueUSD(TUSD)<トゥルーUSD>は、米ドルのペッグ通貨として人気のある仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、TUSDの特徴や将来性について解説します。法定通貨担保型のステーブルコインが気になる人は、ぜひ読んでみてください。

【関連記事】高APRに注意!魔界DeFiや魔界コインについての解説。

仮想通貨取引に興味のある人なら「魔界」という言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。魔界とは仮想通貨取引の中でも、ハイリスクハイリターンで知...

流動性マイニングで高い利回りを実現

「流動性マイニング」とは、DeFiサービスに仮想通貨を預けて流動性を提供する見返りに、利息や金利、手数料収入とあわせて、更に新規トークン(仮想通貨)がもらえる仕組みのことです。

この新規で発行されるトークンは、DeFiサービスを提供しているプラットフォーム独自のトークンであるのが特徴。プラットフォームの利用が高まることで、トークンの価値が上昇します。

つまり、通常の利息や金利と加えてトークンが上乗せされるので、高い利回りで仮想通貨を運用できるというわけです。また、このトークン自体イールドファーミングで預け入れることが可能な点も、魅力の一つとなっています。

ちなみに、食べ物系トークンや犬系コインなど、個性的なトークン(仮想通貨)が多いのもポイント。熱狂的なファンがついて人気がでることも珍しくないため、日頃からいろんなトークンを把握しておくと良いかもしれません。

【関連記事】DEX「SushiSwap」とSUSHIトークンについてはこちら。

数千種類ある仮想通貨の中から今回紹介するのは「SUSHI」です。名前だけを聞くと寿司を連想しまう仮想通貨ですが、SUSHIには、どのような特...

【関連記事】DEX「ApeSwap」とBANANAトークンについてはこちら。

「BANANAってどんな仮想通貨なの?」 「BANANAの将来性が知りたい」 世界中には仮想通貨(暗号資産)が2000種類以上あります。...

【関連記事】DEX「ShibaSwap」とSHIBトークンについてはこちら。

「SHIBA INU(SHIB)ってどんな仮想通貨なの?」 「SHIBA INU(SHIB)の将来性が知りたい」 世界中には仮想通貨(暗...

流動的プール(Liquity pool)でイールドファーミングを始めよう

流動的プールとイールドファーミングの見出しとプールのイメージ画像

流動的プール(Liquity pool)でイールドファーミングを始める場合、一般的な流れは下記の通りです。

  1. 自分の資産を預け入れる。(大抵の場合「pool」ボタンを押す)
  2. 2種類のトークン(ペア通貨)を決めて、「Add Liquidity」ボタンを押す。
  3. トークンの数量を入力して、トランザクションを送信する。
  4. 承認されたら「Supply」ボタンを押して、トランザクションを送信する。
  5. トランザクションが送信されると、Poolのページで預けたトークンが確認できる。

イールドファーミングを始めるにはまず資産を預け入れる必要があるため、基軸通貨となるビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの仮想通貨をあらかじめ購入しておきましょう。

また、手数料なども別途必要になるので、仮想通貨は多めに用意しておくと安心です。

【関連記事】イーサリアム(ETH)のガス代(手数料)についての解説はこちら。

仮想通貨イーサリアム(ETH)のガス代が何か分からない方に向けて書きました。イーサリアム(ETH)の概要から、損せずして送金スピードを上げるために行うべきガス代の設定方法についても紹介しています。ぜひ読んでみてください。

海外の仮想通貨取引所「bitcastle」を利用してみよう

海外のDefiサービスを利用することに不安を感じている人は、まず初めに仮想通貨取引所「bitcastle(ビットキャッスル)」に登録してみてはいかがでしょうか。bitcastleは日本語に対応しているので、まずはこちらで海外の雰囲気に慣れておくのもオススメです。

bitcastleの主な特徴3つ

  • 主要通貨ペアの取引手数料0%
  • 大半の通貨をコールドウォレットで保管
  • 超高速バイナリーオプション取引に対応

bitcastleでは無料でデモトレードも体験できるので、気になる方はぜひ試してみてください。

【まとめ】流動的プール(Liquity pool)とは資金の集合体

流動的プール(Liquity pool)とは、Defiサービスの資金として預け入れられた仮想通貨(暗号資産)の蓄えです。

稼働するプラットフォームのブロックチェーンにあわせて、様々なトークンが預け入れられているので、いつでも好きな時に交換することができます。

AMM形式のDEXをはじめ、イールドファーミング流動性マイニングなどに利用されていて、今後もいろんなDeFiサービスに応用されていくと考えられるでしょう。