仮想通貨Secret(SCRT)の将来性は?購入方法や利益アップのポイント

Secret(SCRT)将来性のアイキャッチ画像

今回は、仮想通貨Secret(SCRT)の将来性を踏まえつつ、特徴や価格推移のポイント、今後と動向について解説していきます。

また、Secret(SCRT)の購入方法や利益を上げるために知っておきたいポイントについても触れていますので、ぜひご一読ください。

「Avalanche(AVAX)はどんな仮想通貨?」 「Avalanche(AVAX)に将来性はある?」 ガチホの主軸通貨として保有して...
「仮想通貨を解説しているおすすめYouTubeチャンネルは?」 「国内だけでなく海外のおすすめYoutubeチャンネルも知りたい!」 仮...

Secret(SCRT)とは

Secret(SCRT)概要のイメージ画像

仮想通貨プロジェクト Secret(シークレット)
ティッカーシンボル SCRT
運営元 secret network(シークレットネットワーク)
拠点 United States(アメリカ)
公式サイト https://scrt.network/
公式ツイッター https://twitter.com/SecretNetwork
公式ツイッター(日本版) https://twitter.com/SecretNetworkJP
日本語公式Telegramコミュニティ https://t.me/scrt_japan

Secret(SCRT)は、シークレットという名前の通り「プライバシーの保護」に重点を置いたブロックチェーンプロジェクトで、プライバシー保護を目的としたブロックチェーンの中でスマートコントラクトを採用した最初のプロジェクトです。

スマートコントラクトといえばイーサリアムブロックチェーンですが、イーサリアム(ETH)をはじめとする多くのスマートコントラクトはオープンソースとして無償公開されています。

一方、Secret(SCRT)においてのデータはすべて暗号化されており、「保護されたスマートコントラクト」としてsecret networkによって開発されました。拠点として登録されている国はUnited States(アメリカ)です。

ブロックチェーンは、誰もが公平に利用できる透明性と自律性が重んじられますが、分散型金融・DeFiや非代替性トークン・NFTの普及により、プライバシーの保護も軽視できません。Secret(SCRT)は、そんな仮想通貨業界の次世代を担う、ユニークな基盤となり得るプロジェクトだと言えるのではないでしょうか。

ネイティブトークン「Secret(SCRT)」

secret networkで使われるネイティブトークンはSecretで、ティッカーシンボルはSCRTです。

Secret(SCRT)は取引所で購入ができる他、ウォレットで保管が可能です。ウォレットはステーキングもできますので、取引所で長期保管しておくよりメリットが大きいでしょう。

また、Secret(SCRT)はCOSMOSが開発したCosmos SDKというフレームワークを活用して作られたブロックチェーンとなります。ですので、下記のようなCOSMOS基盤のウォレットにも対応しています。

Secret(SCRT)対応ウォレット

【参考記事】COSMOS(ATOM)についてはこちら

「COSMOS(ATOM)ってなぜ評判が高いの?」 「COSMOS(ATOM)を購入すべきか悩んでいる」 投資家界隈でも知る人ぞ知るポジ...
仮想通貨について勉強し始めると、低リスクで暗号資産を増やせる「ステーキング」という言葉を耳にすることがあるのではないでしょうか。ステーキング...

Secret(SCRT)の特徴

Secret(SCRT)特徴のイメージ画像

Secret(SCRT)は、「イーサリアム(ETH)のスマートコントラクト」「モネロ(XMR)のプライバシー技術」「COSMOS(ATOM)のスケーラビリティと相互運用性」が掛け合わさっており、さらに、ブロックチェーン分野で高い評価を得ている論文をベースに敷いていることから、注目を浴びている仮想通貨プロジェクトの一つです。

ここでは、Secret(SCRT)で特筆すべき特徴を4つに分けてご紹介していきます。

【参考記事】モネロ(XMR)についてはこちら

「モネロ(XMR)は安心して取引できる?」 「モネロ(XMR)は今後どうなる?」 2014年にローンチしたモネロ(XMR/Monero)...

特徴①シークレットコントラクトによるプライバシー保護

Secret(SCRT)を語る上で欠かせない要素が「プライバシー保護」です。取引が暗号化されているといった単純なものではなく、検証やセキュリティ、コンセンサスにおけるすべての計算において実行されており、非常に高いプライバシー性が保たれているのです。

secret networkでは、イーサリアムブロックチェーンの規格ERC-20のようにユーザーが自由に変動させたり自動化させたりといったプログラマブルな面も持ち合わせつつ、ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)のような匿名性も持ち合わせているスマートコントラクト「シークレットコントラクト」を採用し、高いプライバシー保護機能の発揮を実現しました。

加えて、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームで発表されたプライバシー研究に関する論文や米国電気電子学会(IEEE)が発表した論文をベースとしたブロックチェーンとしており、高い信頼性を得ています。

【参考記事】イーサリアム(ETH)についてはこちら

「仮想通貨イーサリアム(ETH)は今から買っても遅い?」 「このまま保有しておくべき?買い時や売り時は?」 このような悩みを解決すべく、...

特徴②パーミッションレス・ブロックチェーン

パーミッションレス・ブロックチェーンとは、管理者不在で誰でも参加できるブロックチェーンのことで、イーサリアムブロックチェーンでも導入されています。

パーミッションレスのメリットは、透明性やデータのアベイラビリティ(停止することなく稼働すること)、相互運用性などがある点です。Secret(SCRT)やイーサリアム(ETH)の他に、Bitcoin Core(Bitcon Core)もパーミッションレス型を採用しています。

しかし、従来のプライバシー保護に重きをおくブロックチェーンは、パーミッションレスとは反対のパーミッション型が主流となっていました。管理者に許可されたユーザーだけが参加できるブロックチェーンで、企業間でのやりとりや銀行間送金として利用する、いわゆるプライベートチェーンです。R3が開発するCorda(XDC)などが該当します。

Secret(SCRT)の場合は、取引を暗号化しているのではなく、計算上でプライバシーが保護されるという特徴を持つため、閉ざされた空間にする必要がないのです。

特徴③TEEを利用した分散型ネットワーク

TEE(Trusted Execution Environment)とは隔離された箱のようなもので、「箱の中はよくわかっていないものの機能はしている」という技術です。日常生活のあらゆる場所で活用されている技術なのですが、secret networkではこのTEE技術を活用して分散型ネットワークの構築を実施しています。

ユーザーはsecret networkを利用するための秘密鍵が与えられ、この秘密鍵があることでデータの閲覧や共有が可能になります。

特徴④コンセンサスアルゴリズムにDPoSを採用

Secret(SCRT)のコンセンサスアルゴリズムには、DPoSが採用されています。

DPoS(Delegated Proof of Stake)とは、トークンの保有量が多いユーザーが優位になるPoSから派生したもので、自分が保有しているシェア分の投票権を保有ランキング100位までのユーザーへ委任するという特徴を持っています。DPoSを初めて実装した仮想通貨プロジェクトBitshares(BTS)やリスク(LSK)が有名どころですね。

【参考記事】Bitshares(BTS)とリスク(LSK)についてはこちら

今回紹介する仮想通貨は「BTS」です。BitShares(ビットシェアーズ)は、2014年7月にアメリカの企業が、ブロックチェーン技術の非中...
リスク(Lisk/LSK)は2016年に上場した仮想通貨で、日本でも認知度のあるアルトコイン(altcoin)の一つです。 2021年にビ...

DPoSの特徴としては、PoSと比較して取引速度の高速化が望める点で、スケーラビリティが高いと言えるのではないでしょうか。

また、PoSというだけあり、ステーキングにも対応しています。ステーキングはSecret(SCRT)対応のウォレットで保有するだけと簡単ですので初心者でも利益アップを目指せますし、長期保有で利益をあげたい人にも向いています。

【参考記事】ステーキングについてはこちら

「仮想通貨のステーキングって何?」 「ステーキングにはどんなメリットがあるの?」 この記事ではステーキングの特徴やメリット・デメリット、...

Secret(SCRT)の現在の推移価格

 

Secret(SCRT)は仮想通貨全体の流れに沿った値動きを見せており、DeFi分野の拡大によるsecret networkの需要が伸び、2021年10月28日には1SCRT=1,122円の最高値を更新。同年11月〜12月にかけて落ち込みはあったものの、これはビットコイン(BTC)を筆頭とした下落の波ですので、今後上昇する見込みとされています。

また、DeFiの利用者はさらに増加する傾向にあり、プライバシー保護という強みを持つSecret(SCRT)の将来性には期待が持てそうです。

Secret(SCRT)の今後と動向

Secret(SCRT)今後と動向のイメージ画像

Secret(SCRT)のプラットフォームには、他のブロックチェーンと相互運用できるブリッジ機能が搭載されており、これから需要が高まっていくと予想されます。ちなみに、現在互換性があるブロックチェーンは、イーサリアムチェーンとBinanceスマートチェーンです。

ブリッジ機能を搭載したブロックチェーンはSecret(SCRT)の他にも、Polygon(MATIC)などが有名です。ぜひそちらもチェックしてみてください。

【参考記事】Polygon(MATIC)についてはこちら

「Polygon(MATIC)ってどんな仮想通貨?」 「Polygon(MATIC)の将来性は?」 「まだ上昇する可能性はありそう?」 ...

加えて、secret networkではsecret NFTの売買サービスも展開されています。NFTに関しては日本国内でも拡大の動きを見せており、Secretブランドの高まりにも期待したいところですね。

【参考記事】NFTについてはこちら

NFTをわかりやすく解説しています。内容はNFT関連銘柄の仮想通貨・NFTゲーム・NFTアートについてです。NFTの投資方法も初心者向けに説明しています。NFTをわかりやすく説明してほしいという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

Secret(SCRT)の購入方法

Secret(SCRT)購入方法のイメージ画像

Secret(SCRT)は残念ながら日本国内の仮想通貨取引所でまだ取り扱いがなく、海外取引所で購入が可能です。

Secret(SCRT)を購入できる取引所例

  • Binance
  • Gate.io
  • MEXC

購入する際は、日本国内の取引所で仮想通貨を購入し、上記の取引所に送金する流れとなります。

Secret(SCRT)の取り扱いはありませんが、スピーディーに利益をあげたい方「bitcastle(ビットキャッスル)」もオススメ

bitcastleはバイナリーオプション対応の取引所で、主要ペアの取引手数料が0%最大ペイアウト率2.0%と利益をあげやすい仕組みになっています。

今なら最大50$分の仮想通貨もプレゼントしていますので登録してみてください。

【まとめ】Secret(SCRT)は将来性あるプロジェクト

仮想通貨Secret(SCRT)についてご紹介しました。

プライバシー保護を目的とした初のプロジェクトということもあり、期待値の高い仮想通貨です。

今後、需要が伸びていくと予想できるDeFiやNFT、ブロックチェーン間のブリッジにも関係していますので、ますます目が離せませんね。