SafeMoon(SAFEMOON)の将来性は?特徴や購入方法を解説

仮想通貨SafeMoon(SAFEMOON)

「仮想通貨SafeMoon(SAFEMOON)について簡潔に教えて欲しい」
「仮想通貨SafeMoon(SAFEMOON)の特徴がよく分からない」
「仮想通貨SafeMoon(SAFEMOON)の将来性はあるのだろうか?」

こういった悩みや疑問をお持ちの方の手助けをするため、本記事ではSafeMoon(SAFEMOON)についての解説を行っております。

基本的な情報から特徴・優位性、多くの方が気になるであろう将来性まで、幅広く解説いたしますので、投資しようか悩んでいる方やSafeMoon(SAFEMOON)を調べている方はぜひご参照ください。

SafeMoon(SAFEMOON)とは

SafeMoon(SAFEMOON)とは

通貨名称 SafeMoon(セーフムーン)
シンボル SAFEMOON
発行日 2021年3月8日
最大供給量 1,000,000,000,000,000,000 SAFEMOONコイン
公式サイト https://safemoon.net/
公式Twitter https://twitter.com/safemoon
公式Facebook https://www.facebook.com/SafeMoonOfficial/

仮想通貨SafeMoon(SAFEMOON)は、2021年3月8日に米国ユタ州に拠点を構えている、SafeMoon LLC(John Karony氏)によって発行が開始されました。

分散型金融(DeF)で有意義に流通することを目的にBinance Smart Chain上で開発されたSafeMoonは、既に200万人以上のユーザーが保有しているなど、高い注目を集めています
そんなSafeMoonについて解説いたします。

自動流動性生成プロトコルの一種であるSafeMoonは、分散型金融のプロトコルです。劇的な評価額のバブルを防ぎ、安全な利益を確保することを理念に設計・開発されたSafeMoonは、3つのトケノミクス・メカニズムを採用しています。

こうした様子が多くの方に評価されたのか、公開してすぐに価格が高騰し、わずが1.5カ月で時価総額4,500億円を突破、120万人以上が購入している仮想通貨へ成長しました。

そんなめまぐるしい勢いで成長したSafeMoonの特徴や魅力を次の項目では解説いたします。

「仮想通貨の用語が難しくてよくわからない」 「仮想通貨の用語の意味を知りたい」 仮想通貨の用語は聞きなれないものが多く、難しいと思う方も...
「仮想通貨のトレードってどうしたらいいの?」 「仮想通貨のトレードって難しそう」 近年、仮想通貨は世間でも認知され、注目度が高まっていま...

SafeMoon(SAFEMOON)の特徴

SafeMoon(SAFEMOON)の特徴

SafeMoon(SAFEMOON)は2021年3月にローンチされていこう、既に200万人以上のユーザーが保有し、わずか1.5カ月で時価総額4,500億円を突破するなど、めまぐるしい勢いで成長している仮想通貨です。

実際、5月10日にはニューヨークのタイムズスクエアに仮想通貨に関する看板が登場し、「世界で最も急速に成長している暗号通貨」と宣言するメッセージが表示されるなど、その注目度と成長速度は決して無視は出来ないでしょう。

そんなSafeMoonの魅力は、トークンを購入・売却するすべての人に金額の10%の手数料を請求することです。そして、この料金の5%が他の全てのSafeMoon所有者に再分配され、自動的に報酬がもらえる仕組みです。

つまり保有しているだけで自動的に報酬がもらえるということです。

そんな魅力あふれるSafeMoonをより多くの方に知っていただけるよう、この項目では三つの大きな特徴を解説いたします。

そのため、SafeMoonの特徴を知りたい方はぜひご参照ください。

特徴①静的報酬が得られる

SafeMoon(SAFEMOON)の特徴して決して外すことが出来ない重要な一つ目の特徴は、保有しているだけで自動的に報酬がもらえるシステムです。

むしろこの機能こそが現在のSafeMoonの売りといって過言はないでしょう。

そんな静的な報酬システムですが、これはトークンが売却されたときに発生しうるトークンへの圧力を取り除くために採用されたシステムです。

こうしたシステムを導入したきっかけは、新興のDeFi業界における大きな問題は、新規参入を妨げるAPY LPファームの存在であるという考えからです。

実際、市場シェアを確立しようとする多くのDeFi製品は、イールドファーミングに対して凄まじく高い収益率を提供します。

これは、短期的には投資家にとって素晴らしい取引でもあるのですが、大量に発行されたトークンは、初期の保有者を圧倒的に優遇し、後から参入した人の資産価値を破壊するといった欠点も存在します。

静的報酬メカニズムはこの問題を解決するため、取引手数料からより多くのSAFEMOONというパッシブな報酬を発行します。それにより、長期的な保有にインセンティブを与えることを可能としました。

これにより、ホルダーのウォレットは、ネットワーク上で行われている取引量に応じて正統に評価されるようになりました。

特徴②バーン処理

SafeMoon(SAFEMOON)の二つ目の特徴はバーンを定期的に実施している点です。

仮想通貨におけるバーンとは、仮想通貨の運営者が、保有している仮想通貨の一部を永久に使えないようにする行為のことを指します。

このバーンの語源は、Burnの直訳である燃やすからきており、日本においては焼却と翻訳されています。

一見何の意味があるのか分からない行為ですが、これを行うことによって複数のメリットが存在します。

その中でも一番大きいメリットは、流通している仮想通貨を焼却して減らすことにより、仮想通貨の需要と供給に対して直接影響を与えることで、仮想通貨の価値を上昇・安定させる効果です。

何故この効果が発生するかというと、仮想通貨の価値が需要と供給のバランスによって決まるためです。そのため、市場に流通している仮想通貨を焼却してしまえば、需要が変わらないのに供給が減ってしまうこととなり、その結果価値が上昇します。

その結果、仮想通貨を保有している投資家達に利益を与えるのはもちろん、更なる資金流入も期待できます。

こうしたバーンメカニズムを採用しているトークンのほとんどは、自動的かつ継続的な方法でバーンを行っています。

しかし、自動的なバーンメカニズムは、セキュリティや信頼性の面では有利であることは間違いないのですが、自由に停止させることが出来ないデメリットも内包しています

そうした自動バーンの永続的かつ制御不可能な性質が、長期的にはホルダーに悪影響を及ぼすとSafeMoonのホワイトペーパーは主張しています。

そのため、SafeMoonではバーン処理を手動で制御するシステムを採用しました。その結果、SafeMoonいつでもスイッチを切ったり変更したりすることができるようになっています。

それに伴い、保有者に報酬を与える形で流通をコントロールすることが可能となりました。

またSafeMoonではトークンバーンがしっかりと行われていることをユーザーに伝えるため、トークンのホームページにバーン状況の履歴を表示しています。

こうしたバーン処理のシステムに力を入れている点もまたSafeMoonの特徴でしょう。

特徴③自動でLPを生成

SafeMoon(SAFEMOON)の三つ目の特徴は自動でLPを生成することが出来る機能です。

LPとはLiquidity Providerの略で日本語にすると流動性提供者という意味になります。

つまり、CurveやUniswapなどのイーサリアムDeFi上で、流動性マイニングによって報酬を得るシステムのことを指します。そして、LPが行っている流動性マイニングのポジションをLPトークンと呼びます。

こうした流動性マイニングをやろうとすると、従来はユーザーが手動でLPを作る必要がありました。

そのため、初心者の方には敷居が高く、なかなか手を付けることが出来ない存在でした。

そんな流動性マイニングより多くの方に利用いただくため、SafeMoonではシステムが自動でLPを生成する機能の開発を行いました。

具体的には、SafeMoonの自動流動性プロトコルは、保有者に短期的な利益をもたらすバーンメカニズムの対照的な存在として、長期的な安定性を生み出すように設計・開発・運用されています。

それにより、SafeMoonのスマートコントラクトはトランザクションごとに10%の手数料を請求します。

そして、それを5%は既存のホルダーに分配し、2.5%は自動的にBNBに変換、残りの2.5%はBNBとPancakeSwap分散型取引所の流動性ペアとして機能するように分割されています。

その結果、流動性が増えることにより、価格が安定するというメリットなどがあります。

こうした機能は「このシステムは従来のトークンを超える」とSafeMoonのホワイトペーパーで宣言されている他、多くの投資家達からも信頼を得ています。

SafeMoon(SAFEMOON)の現在の推移価格

SafeMoon(SAFEMOON)の現在の推移価格

 

SafeMoon(SAFEMOON)は、4月の初めに短いバーストが起こるまでかなり安定していました。しかし、バーストが発生した月後半には大規模なラリーが発生しました。

その結果トークンは0.000001ドルから0.000005ドルまで、1ヶ月で1620%の成長を見せ、一時期史上最高値の0.000008ドルを記録する一方、最高値記録した次の日には0.000003ドルまで暴落するといった動きをしています。

こうしてSafeMoonの価格が大幅に上昇したのは、SafeMoonの独自のシステムが評価された点もあるでしょうが、大きな要因はやはり様々な著名人やインフルエンサーがSafeMoonに目をつけ、Twitterなどで情報を発信したことでしょう。

 
現時点ではそういった盛り上がりも落ち着きある程度安定した動きを見せていますが、以前の動きを怪しみ、一部では詐欺疑惑がささやかれているのがSafeMoonの現状です。
 
実際に詐欺かどうかの根拠はほぼなく、あくまで疑惑ではありますが、もし購入する際はその点もしっかりと注意する必要があるでしょう。

SafeMoon(SAFEMOON)の今後と動向

SafeMoon(SAFEMOON)の今後と動向

ここまでにSafeMoon(SAFEMOON)の基本的な情報や特徴などを解説いたしましたが、この項目ではSafeMoonの今後や将来性などを解説いたします。

まず一言でSafeMoonの将来性をまとめると、「伸びしろに期待が出来る」となります。

というのもSafeMoonは日本での知名度は低いですが、海外では良くも悪くも注目されている仮想通貨だからです。そのため、仮想通貨が高騰するための重要な要素の一つである、注目度は高いと言えるでしょう。

こうして注目を集めている状態で、再び影響力のインフルエンサーがSafeMoonに関する発言をしたら、また同じような価格上昇の動きが見られるでしょう。

他にもSafeMoonの将来性として重要な点は、大手の仮想通貨取引所に上場ができておらず、分散型取引所を中心に取引が行われている点です。

そのため、もし大手の仮想通貨取引所に上場することが出来れば、SafeMoonの期待感が高まるのはもちろん、目にする機械や取引量も増加することが予測できるため、価格が高騰する可能性は高いでしょう。

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)について 2013年9月に創業された中華系の仮想通貨取引所です。Binance(バイナンス)、Huo...

SafeMoon(SAFEMOON)の購入方法

SafeMoon(SAFEMOON)の購入方法

SafeMoon(SAFEMOON)の購入方法ですが、残念ながら今のところ日本国内の取引所では取り扱いがなく、上場する予定もありません。

そのため、購入したい方は海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

現時点でSAFEMOONを取り扱っている取引所としては、分散型取引所のPanCakeSwapをはじめ、BitMart、WhiteBit、Gate.io、Burency、ZBG、HotBit、MXCなどで購入が可能です。

これらの取引所はどれも機能が豊富であり、今後の利用にも役立つ可能性がありますので、自分に合った取引所を探してみると良いでしょう。

この中であえておすすめの取引所を挙げるとするなら、PanCakeSwapが良いと思われます。

というのも、PanCakeSwapはバイナンススマートチェーンというプラットフォーム上に構築された分散型取引所であるなど、大手仮想通貨取引所のバイナンスがプラットフォーム設計しています。

そのため、安定性が高く、取扱通貨数も多い他、手数料も他の分散型取引所に比べて安いなどの優位性があるからです。

SafeMoon(SAFEMOON)のまとめ

SafeMoon(SAFEMOON)のまとめ

今回はSafeMoon(SAFEMOON)の基本情報・特徴・価格・将来性などについてを解説いたしました。そんな解説した内容の重要な点を簡潔にまとめると、

  1. SafeMoon(SAFEMOON)はJohn Karony氏によって発行が開始
  2. 分散型金融(DeF)で有意義に流通することを目的にBinance Smart Chain上で開発
  3. 公開してすぐに価格が高騰するなど高い話題性がある
  4. 一番の特徴は静的補修が得られる点
  5. 大手仮想通貨取引所にまだ上場していない

となります。

こうした要点をまとめると、SafeMoonは話題性も高く、保有しているだけで報酬がもらえる機能を有した仮想通貨であり、今後の伸びしろに期待が出来るといったところでしょうか。

ただ、上で軽く述べましたが現在SafeMoonは一部で詐欺疑惑がささやかれているなど、不安な点もあります。

そのため、もし購入するならその点を忘れず、しっかりと考慮した上で購入することをおすすめいたします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする