仮想通貨Unibright(UBT)とは?特徴や将来性について解説

仮想通貨Unibright(UBT)とは?特徴や将来性について解説

「Unibright(UBT)はどんな特徴の仮想通貨?」

「Unibright(UBT)に将来性あるの?」

Unibright(UBT)はブロックチェーンビジネス統合のフレームワークであり、ビジネスの専門家がコーディングの専門家でなくても、完全なブロックチェーンベースのビジネスモデル作成を可能にします。

この記事では、仮想通貨Unibright(UBT)が 具体的にどの様な特徴を持つ通貨なのか。また、保有するにあたって将来性があるかを解説していきます。現在のチャートを用いた解説もしていくので、この記事を読めばUnibright(UBT)に対して理解を深めることができます。

どの仮想通貨を保有するかお困りの方。是非とも最後まで読んで頂き、判断材料の一つにして貰えれば幸いです。

Unibright(UBT)とは?

Unibright (UBT)とは

Unibright(UBT)は1989年に設立されたSPO Consulting GmbHのメンバー企業です。クラウドベースの統合プラットフォームは2011年にリリースされ、Unibright(UBT)のクロスブロックチェーンとクロスシステムのビジネスプロセス統合は2016年に開始されました。

Unibright(UBT)はブロックチェーンに基づくビジネス統合のための統合フレームワークと自称しています。他のブロックチェーンベースのプロジェクトとは一線を画すために、Unibrightの背後にあるドイツの会社は、既存の顧客やパートナーとともに、すでに20年以上の経験と実用的なソリューションを持っているのです。

クロスチェーンとは?

クロスチェーンは異なるブロックチェーンをまたぐことを意味する。通常、現状互換性がないブロックチェーンに存在する二つの通貨を交換するには取引所などで取引をして交換する必要がある。

一方で、クロスチェーンがあれば取引所等の第三者を介することなく直接交換することが可能になり、これによってユーザーは手数料の問題やセキュリティリスクを回避することができる。

クロスチェーンを実現可能にしているのはアトミックスワップと呼ばれる技術で、2017年の9月にビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)の間で世界初のアトミックスワップが成功している。

仮想通貨自体は非中央集権や分散型を採用しているが、通貨を交換する際の取引所がどうしても完全な非中央集権や分散型の障壁となってしまう。そのため、ブロックチェーンをインターネットのように相互接続するクロスチェーンに注目が集まっている。

アトミックスワップとは?

アトミックスワップ (Atomic Swap)とは違う種類の暗号資産 (仮想通貨)を 信用のない個人間でもトラストレス(信用を必要としない)で不正なく交換できるシステム のこと。

従来は個人間で暗号資産 (仮想通貨)の交換をする場合、 信用できる第三者 が仲介となり交換を行う。(ここで言う第三者とは一般的に「GMOコイン」や「bitFlyer」などの暗号資産 (仮想通貨)取引所のこと)

対して、 アトミックスワップを使えばその第三者を介さずに個人間で直接、暗号資産 (仮想通貨)の交換ができる ようになる。

また、Fetch.ai(FET)はイーサリアムブロックチェーン上に構築された、ERC20に準拠したトークンです。独自のトークンでありながらERC20に準拠している為、多数の互換性を併せ持ちます。

ERC20とは?

ここでいうERC20は仮想通貨のトークン名ではありません。ERC20とは、イーサリアムのブロックチェーンを利用するトークンに適用される仕様のことです。

ユーザーはイーサリアムのブロックチェーン上でオリジナルのトークンを作ることができますが、ほかの仮想通貨と同様に規格によって対応しているウォレットが異なります。

そこで、ERC20という規格をつくり、この規格に合っているトークンであれば1つのウォレットで一括管理できるようにしたのです。

なので、ERC20に準拠したXYO(XYO)は同一ウォレットで管理できる独自のトークンなのです。

イーサリアムについての参考記事はこちら

「仮想通貨イーサリアム(ETH)は今から買っても遅い?」 「このまま保有しておくべき?買い時や売り時は?」 このような悩みを解決すべく、...

ブロックチェーンについての参考記事はこちら

「ブロックチェーンってよく聞くけどいまいちピンとこない」 「ブロックチェーンってどんな特徴があるの?」 ブロックチェーンは、仮想通貨(暗...

Unibright(UBT)の基本情報

Unibright (UBT)の基本情報

仮想通貨名 ユニブライト
トークン名 Unibright(UBT)
公開年 2019年
発行上限 150,000,000UBT
発行枚数 150,000,000UBT
現在の価格 114.430円
時価総額 17,199,530,683円
市場ランキング 345位
公式ホームページ https://unibright.io/
Twitter https://twitter.com/Unibrightio

2022年2月5日時点

Unibright(UBT)の共同設立者はMarten Jungs氏とStefan Schmidt氏で、2人ともソフトウェア開発、プロセス・インテグレーション、技術コンサルティングで20年以上の経験を持っています。

Marten Jungs氏は、ユニブライトの共同設立者兼CEOです。UBT以前は、INATBAのメンバーであり、企業向けイーサリアムメインネット統合ワーキンググループEMINENTの主要な貢献者でした。

Stefan Schmidt氏は、Unibrightの共同設立者兼CTOです。また、Baseline-protocol.orgの技術運営委員、Enterprise Ethereum Allianceの統合タスクフォースリーダーを務めています。

Unibright(UBT)の特徴

Unibright (UBT)の特徴

Unibright(UBT)は、ローコードのビジネスモデリングおよび統合プラットフォームです。企業によるブロックチェーン技術の活用を支援することを意図して作成されました。

Unibright(UBT)が解決に取り組んでいる最大の問題の1つは、ブロックチェーン開発者がほとんどいないという事実です。

これらの専門家は希少で人件費も高価となります。バグを重大にするスマートコントラクトの複雑さと相まって、開発者が手元にいる必要があるのです。

Unibright(UBT)は様々なアプローチを行い、ブロックチェーン開発の簡略化に取り組んでいます。

特徴①9種類のテンプレート

Unibright(UBT)はユースケース用の9つのテンプレートを開発しています。

これには、マルチパーティの承認、バッチトレース、資産のライフサイクル、見積依頼、出荷プロセスの監視、請求書のリリース、新入社員用資料、保険金請求の処理、マイルストーンベースのプロジェクト支払いの計9種類用意されており、ユーザーはワークフローデザイナの中でテンプレートを選択し、与えられた標準ワークフローの中からニーズに合わせてカスタマイズしていくのです。

システム境界、ITシステムへの必要な接続、および他のブロックチェーンの統合も、ワークフローで定義することができます。

特徴②スマートコントラクトの生成

Unibright(UBT)の独自トークンであるUBTトークンはその用途として、スマートコントラクトの作成、スマートコントラクトの接続、トークン化、ワークショップなどがあります。

「スマートコントラクト」とはブロックチェーンシステム上の概念であり、あらかじめ設定されたルールに従ってブロックチェーン上のトランザクション(取引)、もしくはブロックチェーン外から取り込まれた情報をトリガーにして実行されるプログラムを指します。

Unibright(UBT)の方法はコーディング不要なため、スマートコントラクトの生成、展開、さらには異なるブロックチェーンへの完全自動更新が可能です。その結果、Unibright(UBT)はビジュアルベースのユースケース・テンプレートで動作し、なおかつ既存のITシステムを自動的にブロックチェーンに統合することができます。

Unibright(UBT)の推移価格

Unibright (UBT)の推移価格

 

Unibright(UBT)は2020年11月から注目を集めだした仮想通貨です。

Unibright(UBT)は2019年から流通が始まった仮想通貨ですが、2020年11月まで低迷を続け、値動きがほとんど見られませんでした。

仮想通貨市場の人気に押され、2021年9月には1.8ドル代までの急成長を遂げた通貨です。

現在の価格動向

2022年2月6日時点のUnibright(UBT)価格は0.997ドル、直近一週間の高値が1.060ドルで安値が0.809ドルでした。これは、2021年9月1日から続く下降トレンドの途中にいます。

ここで重要となってくるのは2021年5月19日と6月22日の最安値である0.75ドルのトレンドラインです。

おそらくこのラインが今回のトレンドのサポートラインとなるでしょう。

トレンドラインとは?
為替相場は基本、上昇、下降、横ばいの3つの方向性しかなく、政治や経済の情勢など様々な要因の影響を受けながら、3つの方向性を波打ちながらに繰り返している。

この方向性のことを「トレンド」と呼び、波の高値同士、安値同士に補助線を引くことで為替の動きを予想する。この補助線が「トレンドライン」である

サポートラインとレジスタンスライン

サポートラインとは、日本語で下値支持線といい、相場がその水準を維持し、それ以上は下落しないのではと思われる水準のこと。

サポートラインが右肩上がりの場合は下値を切り上げ、右肩下がりの場合は下値の切り下げ、ほぼ水平の場合はレンジ構成など、トレンド転換やレンジ内での安値の目安となるラインである。
なお、同じサポートラインでも移動平均・一目均衡表などの支持線のこともサポートラインと呼ぶ。

対してレジスタンスラインとは、日本語で上値抵抗線といい、相場がその水準よりも上昇しないのではと思われる水準のこと。

言い換えると、高値で何度も上昇が止められている価格帯に引くことができる水平線のことをいう。
レジスタンスラインも、サポートラインとともに多くの市場参加者が注目するポイントとなっており、それまで買いポジションを持っていた投資家の利益確定の目安にもなる。
そのため、2回目、3回目も同じ価格帯で上昇が止まり、ダブルトップやトリプルトップと呼ばれる値動きになりやすい。

サポートライン(下値支持線)やレジスタンスライン(抵抗線)をブレイクすることでトレンド転換する事が多いため、トレーダーが重要視する指標となる。

購入のタイミング

今回、重要となってくるのは上記した2021年5月19日と6月22日の最安値である0.75ドルのサポートラインです。

サポートラインを下抜けした場合、2020年の安値である0.3ドル代まで値崩れする可能性があります。サポートラインを少し下回った所で、仮想通貨を保有するユーザーの損切りが入る可能性があるからです。

サポートラインでの損切りは、おおよそラインから少し下の価格帯で入れるので、下抜けした数日は強力な下降トレンドが形成されることが多いのです。
逆に0.75ドルのサポートラインで反発した場合、これが購入タイミングです。ここで反発するとレジスタントラインまでの上昇が見込めます。

これは、チャートのテクニカル分析を元にした考え方になります。
サポートラインではラインを超えてすぐに引っ込む、もしくは、
少し反発してからラインを突き抜けるだましと呼ばれる現象もよくおこるので、
ブレイクや反発のタイミングは確実に観測してから反応しましょう。

・テクニカル分析
チャートを用いた分析方法、主にデイトレードなどの短い期間での分析に利用される。

・ファンダメンタル分析
経済指標などを用いた分析方法、主に金利による資産運用を目的とする、長期保有での分析の際に利用される。

Unibright(UBT)の購入方法

Unibright (UBT)の購入方法

Unibright(UBT)は残念ながら現時点で国内取引所での取り扱いがありません

Unibright(UBT)トークンを購入するためには、以下のステップを踏んで海外取引所で購入する必要があります。

  • STEP.01登録
    任意の取引所でアカウントの取得
  • STEP.02口座開設
    取引所の指示画面に従い、口座開設
  • STEP.03購入
    仮想通貨を購入
  • STEP.04交換
    海外の取引所に登録後、購入した仮想通貨と交換
JUST(JST)を購入できる取引所一覧

  • Bitrue
  • Hotbit
  • HitBTC
  • Bittrex

【まとめ】Unibright(UBT)は企業として20年以上の実績がある

【まとめ】Unibright(UBT)は企業として20年以上の実績がある

Unibright(UBT)は1989年に設立されたSPO Consulting GmbHのメンバー企業です。なので、この市場においてUnibright(UBT)は20年もの実績があるといえます。

また、Unibright(UBT)の活躍するブロックチェーン開発においても、まだまだ成長性のある市場であり、十分な需要を見込めます。

現在の価格推移も2021年9月1日から続く下降トレンドが止まっているので、今ならば安値での購入が可能です。

もし、あなたがどの仮想通貨を購入するかお迷いなら、一考する価値のある通貨ではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする