メタバースとは?わかりやすく解説!意味やメリットも合わせて紹介

最近話題となっている「メタバース」という言葉を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。さらに、Facebook社が社名を「Meta」に変えたことから、メタバースは最近注目され始めています。

しかし、「メタバースってなに?わかりやすく理解したい」「メタバースにはどんなメリットがあるの?」といった疑問を持つ方も少なくはありません。そこでこの記事ではメタバースの概要や意味、メリットなどについて詳しく解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

https://bitcastle.io/column/post-11070/

「BLOKTOPIA(BLOK)ってどんな仮想通貨?」 「BLOKTOPIA(BLOK)の将来性を教えて欲しい」 「BLOKTOPIA(...

メタバースとは?

最近メタバースという言葉を耳にする機会が多々あるでしょう。メタバースとは、どのような意味や概要があるのでしょうか。メタバースには、意味や概要、語源が存在します。ここでは

  • メタバースの意味・概要
  • メタバースの語源

以上について詳しく解説していきます。ではさっそく見ていきましょう。

メタバースと仮想通貨(暗号資産)には、どちらもブロックチェーン技術が利用されています。この記事では、メタバースと仮想通貨の関係について解説します。NFTやNFTゲームについても説明しているので、メタバース関連に興味がある人は要チェックです!

メタバースの意味・概要

メタバースは「仮想世界」の意味を指します。仮想世界と聞いても抽象的な表現のため、いまいち意味がはっきりと分からない方もいるかもしれません。メタバースは仮想空間の中で、コミュニケーションが取れたり実際にキャラクターを動かすことができます。実際にゲームの世界では似たようなことを経験されている方も多いのではないでしょうか。

つまり、メタバースとはインターネット上の仮想空間の中で、現実世界に体がありながらも自分自身として動かせることができることです。

メタバースの語源

メタバースの語源とは、メタバースという言葉を分けて考えると分かりやすいでしょう。メタバースの「Meta(メタ)」とは、超越した・高次元のといった意味があり、宇宙といった意味がある「universe(ユニバース)」を合わせて作られた造語です。

またメタバースという言葉は、ニール・スティーヴンスン氏の著書である「スノウ・クラッシュ」の世界観から来ているとも言われています。

メタバースはどうして注目されているのか?

メタバースは近年、注目を集めていますが、その理由は何なのでしょうか。ここでは、どうしてメタバースが注目され始めているのか、その背景や理由について解説していきます。特にここでは

  • NFTによる経済活動の影響
  • 「セカンドライフ」のブーム

以上のことについて詳しく解説しています。ではさっそく見ていきましょう。

NFTによる経済活動の影響

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略を指します。代替不可能なトークンという意味です。つまり、替えの効かないものはNFTだと言えます。同じ性質を持っているものでも、交換してしまえば、価値が変わってしまいます。

例えば、コンサートのチケットやゲームのアカウントなどが挙げられるでしょう。どちらも同じ性質ですが、交換してしまうとコンサートにおける席が変わってしまったり、ゲームのデータが変わってしまったりします。

NFTは複製不可能で、唯一の所有権を得ることが可能です。またメタバース内では、アカウントなどをブロックチェーンを活用して売買できます。そのような技術の発展により、近年注目を集めるようになりました。

「セカンドライフ」のブームがきっかけ

メタバースが注目された要因のひとつとして、セカンドライフのブームが考えらえれます。セカンドライフとは、3DCGで構成されているインターネット上の仮想世界のことです。最近注目されているメタバースと原理は似ているでしょう。

2007年頃には、セカンドライフ内でプロモーション活動を行う日本企業が多く現れ、話題となりました。また、ゲーム内の土地も高値で売買し、収益化を可能にしたこともセカンドライフが話題を集めた理由のひとつです。

このように、以前流行したセカンドライフの影響から、技術の進化でさらに活用しやすくなったメタバースに注目が集まっていると考えられるでしょう。

【参考】メタバースの将来性や推進される背景についてはこちらをチェック

メタバースのビジネスにおける活用例とは?

メタバースはビジネスにおいて、どのように活用されているのでしょうか。メタバースは様々なシチュエーションで活用できると考えられています。ここでは

  • メタバースをマーケティングに活用
  • 新規事業への展開
  • コミュニケーションをより円滑に

以上のことについて詳しく解説していきます。ではさっそく見ていきましょう。

メタバースをマーケティングに活用

メタバース上で、仮想世界による店舗の展示を行うことで、現代のコロナ禍における心配の必要もなくなるでしょう。コロナ禍により、メタバース上で、企業のプロモーションやマーケティングを可能にしている日本企業も近年増加しています。

例を挙げると、日産自動車の「NISSAN CROSSING」では、拠点を3次元化することによってメタバース内のVRチャットでのやり取りをすでに可能としています。この日産自動車の活動の影響から、メタバースをマーケティングに活用する企業も増えてくるでしょう。

新規事業の展開へとつなげる

メタバース内でビジネスを行うことを考えると、新たなサービスを考え発信するといったことが考えられるでしょう。中には、共同事業によって仮想現実技術のひとつでもあるXRを活用し、仮想世界でショッピングやウインドウショッピングを楽しめるようにした会社も存在します。

コロナ禍の影響で、外出を制限されているため多くの企業が経済的なダメージを受けているでしょう。その影響から、コロナ禍でも問題なく利益を得ようとメタバースでの新規事業を計画している日本企業は豊富に存在しています。

コミュニケーションをより円滑に

コロナ禍の影響により、多くの企業がリモート出勤を導入しました。その影響で、コミュニケーションが減るのではと危惧した企業も少なくはないでしょう。そこで、メタバースを活用し、仮想世界内でコミュニケーションが取れる方法を導入している企業も多くあります。

コロナ禍の影響でコミュニケーションの少なさから、生産性が低下するのではと心配していた企業の多くがメタバースに注目を集めています。

最新のメタバースプロジェクト

近年、メタバースを活用して、様々なプロジェクトが行われています。近年では、どのようなメタバースプロジェクトが行われているのでしょうか。メタバースの最近の流行りから、メタバース仮想通貨が話題となっています。その中でも、仮想通貨サンドコインメタバース仮想通貨Everdome(DOME)メタバース仮想通貨BLOKTOPIA(BLOK)の3つが特におすすめです。

こちらの3つの仮想通貨については、以下のリンクにて詳しく解説しているので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

「サンドコイン(The Sandbox/SAND)の特徴は?今後どうなる?」 「The Sandboxはどんなゲーム?どうやって遊ぶの?」...
「今話題のEverdome(DOME)ってどんなメタバースなの?」 「Everdome(DOME)は稼ぐことが出来るの?」 「Everd...
「BLOKTOPIA(BLOK)ってどんな仮想通貨?」 「BLOKTOPIA(BLOK)の将来性を教えて欲しい」 「BLOKTOPIA(...

身近にもメタバースを活用したコンテンツがある

ビジネスにおいて、メタバースには様々な活用方法がありましたが、実は身近にもメタバースを活用したコンテンツが存在しています。ここでは

  • あつまれ どうぶつの森
  • フォートナイト
  • マインクラフト

以上のことについて紹介していきます。ではさっそく見ていきましょう。

昨今メタバースと呼ばれるインターネット上の仮想空間の開発が加速しております。 また、それと同時にメタバースへのNFT・仮想通貨の活用にも注...

「あつまれ どうぶつの森」

まず、ひとつめがNintendo Switchが発売した、「あつまれ どうぶつの森」です。島に訪れた主人公が、のんびりとした自由なスローライフを楽しめるのが特徴的なゲームソフトでしょう。このあつまれどうぶつの森にもメタバースの考え方が活用されています。

あつまれどうぶつの森では島の地形を変えたり、好きなデザインをして衣服を作成したりすることが可能です。そのアバターの着せ替えの衣服のデザインとして、Marc Jacobsといったアパレルの有名企業とコラボしたコンテンツも多く展開しています。

現実世界では体験できないことをゲームとしてプレイしながら、現実世界のアパレルブランドの衣服を着るといったおしゃれも楽しむことが可能です。

「フォートナイト」

次に挙げられるのは、Epic Gamesが提供している「フォートナイト」です。このフォートナイトはバトルロワイヤルが主なゲームの内容ですが、バトルロワイヤル以外もメタバースを活用して楽しむことができるゲームとなっています。

中でも、フォートナイトではユーザーがコンテンツを作ることができるクリエイティブモードを導入しているのが特徴的です。プレイヤーは自分で作成したコスチュームや動きを使用できます。さらにゲーム内ではボイスチャットを活用したコニュニケーションも可能なので、新たなSNSとして成長を見せているのも特徴のひとつでしょう。

「マインクラフト」

マインクラフトもメタバースを活用しているコンテンツのひとつです。マインクラフトではブロック状のアイテムを活用して、様々なことができます。建築や探検など、遊び方は多様です。また、マインクラフトでは遊び方を教えてくれるチュートリアルが存在しません。自分の発想次第で無限大の遊び方ができるのが最大の特徴です。

近年では、小学生を中心に流行っており、教育現場にも活用しようといった動きも見られます。プレイヤーとの交流も盛んで、全世界で楽しまれているゲームでしょう。

メタバースと普通のゲームの違いについて

身近にあるメタバースを活用したコンテンツを紹介しましたが、メタバースと普通のゲームの違いはどんなものがあるのでしょうか。違いとしては以下のことが考えられます。

  • ストーリーに沿ったゲームをプレイする
  • ゲームの設定範囲内でしかプレイできない
  • 作成できるのはゲーム内に既存であるもの

簡潔にいえば、自分でオリジナルのものが作成できるかできないかと考えれば理解がはやいでしょう。メタバースを導入したゲームでは、自分の発想次第であらゆるものが作成できますが、メタバースを導入していないものではそれができません。したがって、自由度の面で違いがあると考えることができます。

昨今メタバースと呼ばれるインターネット上の仮想空間の開発が加速しております。 また、それと同時にメタバースへのNFT・仮想通貨の活用にも注...

メタバースのメリット・デメリットについて

近年注目を集めているメタバースですが、メリットやデメリットについても理解したいと考えてる方は多いのではないでしょうか。ここでは

メリット
  • メリット①イベントでの利用がしやすい 
  • メリット②コミュニケーションが取りやすい 
  • メリット③自由な発想で色んなものが作れる
デメリット
  •  デメリット①普段から利用するには面倒
  •  デメリット②依存性
  •  デメリット③利用するには敷居が高い

以上のメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。ではさっそく見ていきましょう。

メリット①イベントでの利用がしやすい

まず、ひとつ目のメリットとしてイベントとしての利用がしやすいことが挙げられます。また、ビジネスではコミュニケーションのツールとして活用することで、コロナ禍におけるコミュニケーション不足の軽減につなげることが可能です。

メタバースでは、自分の発想次第で様々な仮想世界を作り上げることができるので、定期的なイベントとしての利用が考えられるでしょう。メタバース内では、建築物などを作るのが簡単なので、仮想世界にコンサート会場・イベント会場への参加がしやすい環境にできます。

メリット②コミュニケーションが取りやすい

今までは技術的に難しいと考えられていた、オンラインやインターネット上でのコミュニケーションが容易になります。また、直接会話をする必要がないので、コロナウイルスに感染するリスクを考えなくて済むのは嬉しいことでしょう。

現実世界では関わることのできない場所にいるような人とも、手軽にコミュニケーションが取れる点もメリットだと考えられます。

メリット③自由な発想で色んなものが作れる

メタバースを活用したものでは、自分の発想次第で無限の可能性が秘められています。新しい空間を利用し、ビジネスチャンスにできれば新しい利益として見込めるでしょう。ゲーム内であっても、自分の発想次第で、個性があり唯一無二のものを作成できるといった喜びにもつながることが考えられます。

デメリット①普段から利用するには面倒

VRを利用する必要があるメタバースの場合は、準備をするのが面倒だといった声が多くあります。各種機器の詳細設定やログインといった手順があるので面倒だと感じる人も多いようです。

また、わざわざメタバース上でコミュニケーションを取る理由を明確にしなければ、不満の声も増えてくるでしょう。

デメリット②依存性

メタバースを活用した仮想世界は依存性があることもデメリットのひとつだと考えられます。無料で利用できるメタバースの世界は低年齢の方が気軽に参加できるようになりました。友人同士で、メタバースを通して交流できる点は良いですが、メタバースの流行と同様にゲームの依存性が高くなることがリスクとして考えられるでしょう。

デメリット③利用するには敷居が高い

メタバースを利用するためには、高価なVR機能のついたものや、メタバースに対応した高スペックなPCの用意が必要になってきます。実際に試してみたいと考えても、費用が負担になってしまうことから導入までに至らない可能性も考えられるでしょう。また、技術的な面を考慮しても、難しいと感じる方も多いことも考えられます。

メタバースの問題点や注意点とは?

メタバースの問題点や注意点にはどのようなことが考えられるのでしょうか。

まず、メタバースの利用が増えていくことで、現実世界でのコニュニケーションが減る可能性が考えられます。メタバースは移動することなく、現実世界のようにコニュニケーションが取れるので、現実世界での活動を蔑ろにすることがあるかもしれません。

また、前述でも触れましたが、低年齢の方は抵抗力が低いため、依存してしまう可能性も考えられます。利用したい意見も尊重しながら、利用時間の制限も設けるのが肝心でしょう。

まとめ:メタバースを理解して様々な分野で活用しよう

ここまで、メタバースの意味・概要、具体的な活用例やメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。メタバースには様々な可能性が秘められているので、自分の発想次第では新たな事業を発信することも可能でしょう。

メタバースの注意点も理解しつつ、自分が正しいと思える方法で、活用していくのが肝心です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする