メタバース仮想通貨BLOKTOPIA(BLOK)の将来性は?特徴や購入方法を解説

仮想通貨BLOKTOPIA(BLOK)

「BLOKTOPIA(BLOK)ってどんな仮想通貨?」
「BLOKTOPIA(BLOK)の将来性を教えて欲しい」
「BLOKTOPIA(BLOK)は今後成長していくのだろうか?」

こういったお悩みをお抱えの方や、困っている方は多数いらっしゃるのではないでしょうか。

記事ではこうした悩みを解決し、皆様の手助けをするため、BLOKTOPIA(BLOK)ついての情報を調べ、解説を行っております。

基本的な情報をはじめ、特徴や将来性など、投資を始める際に役立つ情報をまとめていますので、BLOKTOPIA(BLOK)の購入をお考えの方や投資の始め方を調べている方などはぜひ一度ご覧ください。

BLOKTOPIA(BLOK)とは

BLOKTOPIA(BLOK)とは

通貨名称 BLOKTOPIA(ブロックトピア)
シンボル BLOK
発行上限 200,000,000,000 BLOK
公式サイト https://www.bloktopia.com/
公式Twitter https://twitter.com/bloktopia
Telegramコミュニティ https://t.me/BloktopiaChat

BLOKTOPIA(BLOK)とは、暗号資産とブロックチェーンの技術を利用した全21階建ての超高層ビル型メタバースプラットフォームのことです。

正確には、仮想空間・プラットフォーム・プロジェクトの名称がBLOKTOPIAであり、プラットフォーム上で使用される仮想通貨の名前がBLOKです。

BLOKTOPIAが作り出しているメタバースとは、オンライン上に構築された3DCG仮想空間のことです。人気ライトノベル作品であるソードアート・オンラインの舞台となる空間と同じようなものであると考えれば分かりやすいでしょうか。

そうした仮想空間に、ユーザーは自分のアバターを作成して世界に入ることにより、同じ仮想空間にアクセスしている他のユーザーとコミュニケーションが楽しめます

もちろんコミュニケーションを楽しむだけではなく、仮想空間上に構築されたコンテンツで遊んだり、取引をしたりと活用方法は様々です。

そんなメタバースプラットフォームを開発しているBLOKTOPIAは2021年10月に公開された比較的新しい存在です。

だからといってなめることは出来ません。何故なら、比較的新しいメタバースプラットフォームでありつつも、他のメタバースに負けることのない美しいグラフィックや独自の世界観をしっかりと作り上げているからです。

またBLOKTOPIAのパートナーや出資者の中に有名企業が多数含まれていることもあって、最近のメタバース業界でも特に注目が集まっているプロジェクトの一つへと一気に成長しています。

もちろん、BLOKTOPIAが評価されているのはメタバースとしての機能だけではありません。

BLOKTOPIAは取引速度の向上やコスト削減などの利点を持つEthereumのセカンドレイヤーソリューションであるPolygonの技術を活用しています。

それによって、仮想通貨業界の大きな問題となっている取引速度・取引手数料の増加に対処できるのではないかと期待されます。

「今話題のEverdome(DOME)ってどんなメタバースなの?」 「Everdome(DOME)は稼ぐことが出来るの?」 「Everd...
仮想通貨の基盤術であるブロックチェーン。この技術を利用したゲームがブロックチェーンゲームと呼ばれるものです。取得したアイテムやキャラクターが...

BLOKTOPIA(BLOK)の特徴

BLOKTOPIA(BLOK)の特徴

BLOKTOPIAは、仮想通貨に関心のあるすべてのユーザーをターゲットに、Polygonネットワーク上に構築されたNFTゲームであり、昨今話題のメタバース空間を作るサービスです。

現在BLOKTOPIAは正式にはリリースされておらず、2022年3月ごろにβ版がリリース予定となっています。

他のメタバース関連のサービスと比べてもかなりクオリティが高いとして現在多くの人から注目を集めています

実際、よりリアリティを求めるために仮想通貨ではあまり前例のないVR技術を活用し、没入感とリアリティのある環境を整えているなど、新しいことに積極的にチャレンジしています。

もしこの技術が無事に成功すれば、現実に移動するような感覚で行動を行うことができるということになります。

2022年3月にはβ版が完成予定だということですので、今後大いに価格が変動する可能性が高いでしょう。

そんなこれから目が離せないBLOKTOPIAについてより知っていただくため、この項目では大きな特徴を三つほど解説いたします。

「Polygon(MATIC)ってどんな仮想通貨?」 「Polygon(MATIC)の将来性は?」 「まだ上昇する可能性はありそう?」 ...

特徴①全21階の超高層ビルを舞台とした美しい近未来世界

BLOKTOPIAの特徴を語る上で外すことが出来ない特徴は、BLOKTOPIAの世界観そのものでしょう。

BLOKTOPIAは全21階建ての超高層ビルという設定の元、作り上げられているメタバースとなっています。

現在発表されている一般的なメタバースプラットフォームは、広大なマップ上に複数の土地や建物が存在する形式となっているため、BLOKTOPIAはかなり異種的な存在でしょう。

そのため、1棟の大規模なビルとしてメタバースを構築している点は、BLOKTOPIAにとって他のメタバースと差別化できる特徴の一つです。

これを読んでいる結構な人がきっと、「何故中途半端な21階建て?」と疑問を覚えているのではないでしょうか。

この、BLOKTOPIAの21階建てという設定はビットコインに敬意を表して決められたものです。というのも、21という数字はビットコインの総発行枚数が2,100万枚であることにちなんで付けられているのです。

そのため、BLOKTOPIAは20階や30階ではないのです。

ちなみにこうして階数を制限することによって、土地の高騰が見込めたり、人が集まりやすい(分散しにくい)ような作りになるといったメリットがあります。

そんな密集しながらも美しいグラフィックで描かれた近未来世界のような仮想空間には、様々なゾーンを配置することが出来るようになっています。

そのため、取引所やゲーミングスペース、ネットワーキングスペースやインフルエンサーゾーンなど、様々な仕掛けで土地の魅力を最大限に引き出せる機能を有しています。

もちろんこうした機能面だけ以外にも、エリア全体を統一感のあるデザインで設計し、メタバース内を歩く人々のアバターも非常にリアルな質感描くよう設計・開発されています。

その結果、単純にメタバースの中を散策するだけでも楽しめるような空間となっています。

こうした空間へのこだわりはBLOKTOPIAの大きな特徴であり強みであるでしょう。

特徴②様々な収益化手段とコンテンツがある

BLOKTOPIAの次の大きな特徴は、様々な収益化手段とコンテンツがあることでしょう。
まずはその収益化手段についてを解説いたします。

BLOKTOPIA内において収益を得る方法ですが、そこまで難しく考える必要はありません。

何故なら、基本的に仮想空間もまた現実世界と同じような方法で利益を上げることが出来るからです。

具体的には、BLOKを使用して不動産の売買や貸し借り、サービス内でアート作品の売買、ゲームのプレイ、自分の所有する土地にて広告を掲載することで広告費を得る、自社コンテンツの展開などを行うことで稼ぐことができます。

また、土地の賃貸を行うことで、借りた人はそこで広告を打ち出せるようになり、クリエイターだったらデジタルアートなどを売ることもできます。

分かりやすく言えば、現実世界と何も変わらないということです。

逆に言えば現実と変わりないぐらい自由性があり、稼ぐ手段があるということです。

次にBLOKTOPIAが用意しているコンテンツの種類ですが、暗号資産取引所をはじめ、ゲーミングスペースやネットワーキングスペース、インフルエンサーゾーン、ニュースゾーンなど、豊富に存在します。

これにより製品やサービスを有している企業・団体は自社製品をBLOKTOPIAで展開でき、ユーザーはメタバース内でそれらのコンテンツを楽しむことができるようになっています。

もちろんコンテンツをお客様として楽しむだけではなく、アート作品などのNFTコンテンツを所有している方は、BLOKTOPIAのメタバース内でそれらのNFTを展示・売買して収益化を図ることもできます

特徴③開発者・出資者・パートナーなどが豪華

BLOKTOPIAの最後との特徴は、開発者・出資者・パートナーなどの存在が豪華である点です。

具体的にどのような人や会社が存在しているのかを軽く解説いたします。

まずBLOKTOPIAの開発者チームですが、過去にプレイステーションなどにも関与した技術者や仮想イベントなどの経験者、またVRをはじめとした3D空間のサービスの開発者などが含まれています。

つまり仮想通貨・ブロックチェーン・マーケティング・映画・ゲーム・3Dコンソールゲームなどといった様々な業界で活躍した人材が豊富にそろっています。

それにより技術面のみならず、コネクションも抜群にあるようです。

またBLOKTOPIAの投資家には世界的に人気のメタバースプラットフォームThe Sandboxの親会社にあたるAnimoca Brandsがおり、パートナーにはPolygonなども含まれています。

それどころかBLOKTOPIAのメタバースには、既に複数の有名企業などがオフィスを立ち上げることが決定されています。

具体的には、暗号資産取引所のKuCoinや、仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクトであるEnjinなどが、不動産の一角を購入したことが知れ渡っています。

こうした点から、開発者や出資者、パートナーなどの存在が豪華であり、BLOKTOPIAは多くの人から期待を寄せられ射ることが分かります。

Play to Earn(プレイ・トゥ・アーン)とは「遊んで稼ぐ」という概念を表した言葉です。具体的にはNFTゲームをプレイして仮想通貨(暗号資産)を稼ぐ仕組みのこと。この記事では、Play to EarnとNFTゲームについて解説します。

BLOKTOPIA(BLOK)の現在の推移価格

BLOKTOPIA(BLOK)の現在の推移価格

 

BLOKTOPIAの現在の価格ですが、一時期の価格に比べてかなり下降していっているのが現状です。ただ、時価総額が比較的大きいBLOKが、長い価格統合フェーズの途中である可能性があります。

また、もしファンダメンタルズが強い場合は、 BLOKは大幅に跳ね返り、次の上昇フェーズを継続する可能性も存在します。

実際、各専門メディアが公開しているBLOKの価格予想では、どのメディアでも上昇目線の予想をしています。

無論こうした予想や分析は必ず当たるわけではありませんが、多くの人が上がると予想しているのは事実です。

そのため、現在は下がり調子ですが、β版の公開などをきっかけに、再び価格が上昇する可能性は存在します。

BLOKTOPIA(BLOK)の今後と動向

BLOKTOPIA(BLOK)の今後と動向

ここまでにBLOKTOPIA(BLOK)の基本的な情報や特徴、価格の推移などについてを解説いたしました。この項目では、BLOKTOPIAを購入するかどうかを決める上で最も重要な将来性や今後についてを解説いたします。

まず結論から述べると、「BLOKTOPIA(BLOK)は将来が期待できるメタバースであり仮想通」です。

この結論に至った理由としてはいくつかありますが、まず第一の理由としてはメタバース業界の将来性です。

メタバース業界はまだまだ利用者は少ないとはいえど、徐々に注目が集まり、技術の発展がめまぐるしい業界ですので、今後大きな市場へと成長する可能性が非常に高いでしょう。

そうなった時、BLOKTOPIAのグラフィック技術の高さや開発者・出資者・パートナーの豪華は大きな強みとなるでしょう。

実際、既にBLOKTOPIAの高い将来性を感じている人が多いのでしょう、BLOKTOPIAは正式リリース前にもかかわらず、多くの大手取引所やプロジェクトが、BLOKTOPIAへのテナント出店を決めています

具体的に出店を予定している取引所・プロジェクトは、Binance・Kucoin・Elrond・Enjin・Polygon・Avalancheなどがあります。

これらから業界でも名だたる大手取引所などがBLOKTOPIAの今後の成長に期待し、投資を行っているのが分かります。

こうした点から、BLOKTOPIAは将来性が高く、今後も発展していく可能性が高いメタバース・仮想通貨だと判断しました。

BLOKTOPIA(BLOK)の購入方法

BLOKTOPIA(BLOK)の購入方法

BLOKTOPIA(BLOK)は現在の所国内の仮想通貨取引所では購入できません。そのため、BLOKの購入をする際は必然的に海外の仮想通貨取引所を使わざるを得ません。

また、海外の仮想通貨取引所には直接資金を入金できないため、一度国内の仮想通貨取引所を経由しなければ行けませんので、国内と海外の仮想通貨取引所の準備をする必要があります。

現在、BLOKを取り扱っている仮想通貨取引所は、KUCOIN・Coincheck・BYBITなどが存在します。

そのため、BLOKを購入する際は国内の自分に合った仮想通貨取引所と、これらの仮想通貨取引所を利用して購入することになります。

BLOKTOPIA(BLOK)のまとめ

BLOKTOPIA(BLOK)のまとめ

今回は、BLOKTOPIA(BLOK)の特徴・将来性・購入方法などについてをできるだけ丁寧に解説いたしました。

本記事の内容を簡潔にまとめると、

  1. BLOKTOPIA(BLOK)は全21階建ての超高層ビル型メタバースプラットフォーム
  2. 2022年3月にβ版がリリース預手
  3. 美しいグラフィックが特徴なめたバース
  4. 豊富な収益化手段とコンテンツがある
  5. 開発者、出資者、パートナーが豪華

となります。

こうした要点をまとめると、「まだ正式リリースがされていないのに多くの人から期待されている、将来性抜群なメタバース・仮想通貨」となります。

そのため、メタバースプロジェクトに興味があり投資先をお探しの方などに良い投資先かもしれません