【C2E】にゃっちーずとは?始め方や稼ぎ方について解説

ラインスタンプで大人気のキャラクター「にゃっちーず」がNFTとなって登場しました。ゆるーい猫の絵柄がモチーフのにゃっちーずは、一度見たら忘れられないインパクトを持っています。

かなり人気のキャラクターでしたので、もしかしたら見たことがある方も多いのではないでしょうか。

このNFTプロジェクトは、NFTの新しいユースケースであるCollect to earn(C2E)という新機能を実装し、NFTファン以外からも注目を集めています。

そこで本記事ではそんな大人気キャラクターにゃっちーずについて詳しく解説します。

「にゃっちーずのNFTはどうやって購入するの?」

「Collect to earnとはどのようなもの?」

この様な疑問を解決する内容となっていますので、にゃっちーずのNFTが気になる!という方は是非最後までご覧ください。

にゃっちーずとは

タイトル にゃっちーず
トークンの種類 NFT
ジャンル Collect to earn
販売しているマーケットプレイス https://mysterybox.ovo.space/
公式Twitter https://twitter.com/nyathees_bot

にゃっちーずとは、スタジオかわベーコンが製作した超人気のラインスタンプです。絶妙なゆるさと、中毒性のあるセンスを兼ね備えたキャラクターが、多くのファンに支持されています。

今回このキャラクターがNFTとなってovo.speaceから登場し、Collect to earnという新しいユースケースを展開。これによってにゃっちーずのNFTは、キャラクターのファンのみならず、NFTコレクターまでもが一斉に購入し、先行発売分はあっという間に売り切れてしまいました。

Collect to earn(C2E)とは

Collect to earnとはNFTプラットフォームであるovo.spaceが展開する新しいNFTのユースケースです。

これはPlay to earnやMove to earnのように、NFTをCollect(集める)することでマネタイズが可能になるX to earnの一種で、現在はovo.spaceのプラットフォームでのみ参加することができます。

にゃっちーずのCollect to earnはガチャやマーケットプレイスを通じて特定のNFTをゲットすることにより、報酬が発生する仕組みとなっています。

ovo.spaceについて

ovo.spaseは3次元AR-NFTを発行するNFTプラットフォームです。

ネットワークはバイナンススマートチェーン(BSC)とフロウ(FLOW)上に構成されていて、このプラットフォームを通じて発行されたNFTは、メタバースやブロックチェーンゲームのアバターとして利用できます。

将来的にovo.spaceはARだけではなく、VR、MRといった技術も取り入れることで没入型の創造システムを導入し、様々なメタバースで利用できるNFTを作成できる環境を提供するようです。

NFTの在り方を大きく変えるovo.spaceの登場は、NFTを3次元で表現する技術を確立することで、デジタル資産がより身近になるきっかけを作ってくれるかもしれませんね。

参考記事はこちら

NFT関連通貨の1つとして、Flow(FLOW)という名前の仮想通貨を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。 Flow(FLOW)...

https://bitcastle.io/column/post-13990/

にゃっちーずの始め方

にゃっちーずはブロックチェーンゲームではありませんので、NFTを購入するだけでCollect to earnに参加できます。

まずは公式ページにアクセスします。

すると今すぐガチャへGoとボタンがあるのでこちらをクリックすればにゃっちーずが手に入ります。

購入方法自体は非常にシンプルなのですが、NFTの購入は少し操作が必要で、今まで全く仮想通貨を取引したことがない人にとっては、結構ハードルが高いかもしれません。

しかし、以下の手順に従って進めてもらえれば、誰でも簡単ににゃっちーずを購入することができますので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。

にゃっちーずの購入方法

にゃっちーずのNFTを購入するためには以下の2つが必要です。

  • ウォレットの作成
  • にゃっちーずを買うための仮想通貨

過去にNFTの取引や、ブロックチェーンゲームをプレイしていた方で、既にお持ちのウォレットがある方はそちらを利用していただいても問題ありません。

もし初めてNFTを購入する方は、以下の順序でNFTを購入してみましょう。

ウォレットの準備

ウォレットは、仮想通貨を取引するときに使う財布のようなものです。NFTの購入やブロックチェーンゲームをプレイする場合は必ずと言っていいほど必要になるものなのでまずはウォレットの作成から始めましょう。

ウォレットの種類は様々あります。どのウォレットを選んでもいいのですが、にゃっちーずを購入する場合には、BNBというトークンが必要になるので、特にこだわりがなければBNBに対応しているメタマスクを準備するといいでしょう。

もしすでにウォレットを持っている方はお手持ちのウォレットがBNBに対応していれば、そちらを使用しても問題ありません。

また、BNBを入手するためにはバイナンスの口座も必要となりますので、アカウントを持っていない方はこちらも合わせて作成しておきましょう。

にゃっちーずを買うための仮想通貨の準備

にゃっちーずは、残念ながら現金で買うことはできません。購入するには専用の仮想通貨、BNBが必要になります。ところがこのBNBも日本円で買うことができません。

ですので少し手間はかかりますが、以下ような流れでBNBを入手して、にゃっちーずを購入しましょう。

      • STEP.01登録
        日本の仮想通貨取引所の口座を開設
      • STEP.02購入
        BNBと交換する為の仮想通貨を購入
      • STEP.03転送
        購入した仮想通貨をメタマスクに転送
      • STEP.04交換
        メタマスクとバイナンスを接続してBNBと交換

手順は多いですが、それほど複雑な操作ではありませんので悩むことは少ないでしょう。ですが、仮想通貨の入金や送金は操作を誤るとそのまま資産を失ってしまいますので注意が必要です。

必ず少額から入出金を試して、無事に取引が完了したことを確認してから目的の金額を取引きするようにしましょう。

仮想通貨の購入

口座開設が済んだらBNBと交換する仮想通貨を購入しましょう。購入方法は簡単です。Coincheckに現金を入金したら、購入する通貨と欲しい数量を入力すれば取引完了。

①で購入する通貨を選択、②で注文情報の入力をします。

ちなみにBNBの交換は、ビットコイン以外の仮想通貨(イーサリアムやリップルなど)にも対応していますので、お好きな通貨を購入するといいでしょう。

メタマスクへ転送

コインチェックからBNBを取り扱っている仮想通貨取引所のバイナンスへは、直接日本円を送金することはできません。そこで利用するのが先程準備したメタマスクです。

このウォレットをCoincheckへ接続し、まずは購入した仮想通貨を転送、メタマスクで入金が確認できたらメタマスクからバイナンスへ購入した仮想通貨を送金します。

ここまでの操作を終えて、最終的にバイナンスのアカウントで送金した分の仮想通貨が確認できれば準備は完了です。

交換

最後はいよいよバイナンスでBNBを入手します。ちなみに、にゃっちーずのNFTはFLOWでも購入することができます。BNBもFLOWもどちらもバイナンスで入手できますので、お好きな方を入手するといいでしょう。

購入方法はバイナンスのトップメニューから「トレード」を選択。②の検索画面でBNBと入力すればBNBと交換できる仮想通貨のペアが一覧で表示されます。

今回はビットコインを購入していますので、BNB/BTCペアで購入画面を開きましょう。画像のように、左上にBNB/BTCと表示されていれば大丈夫です。

あとは必要なBNBの数量を入力して購入をクリックしたらBNBがバイナンスのウォレットに入金されているはずです。

参考記事はこちら

https://bitcastle.io/column/post-19042/

https://bitcastle.io/column/post-17443/

https://bitcastle.io/column/post-13706/

https://bitcastle.io/column/post-11088/

にゃっちーずの稼ぎ方

にゃっちーずの稼ぎ方は、ガチャを引いて特定のNFTを集めることで報酬を獲得します。

どのNFTを集めるかは、その時開催されているイベントにより異なりますので今回は「にゃっちーずガチャ第2弾襲来フュージョン」の稼ぎ方をご紹介します。

ガチャで稼ぐ

にゃっちーずのガチャは星1のカードから星4のカードと、いきなり現金化できるカードが4種類用意されています。

いきなり現金化できるカードは全部で162枚。中には最大5,000ドルがもらえるカードが混ざっています。但し現金化できるカードはNFT全体の発行枚数のうち0.8%ほどしか含まれていませんので、もし引ければかなりラッキーと言えるでしょう。

ですので、まずは星1~4のカードを集めてレベルの高いNFTをゲットするのが稼ぎ方の基本になります。

フュージョンで稼ぐ

フュージョンは同じ星の数のカードを合体することで、一つ上のランクのカードを手に入れるモードです。

レベルアップを繰り返して、最終的にはガチャでは手に入らない、星5のカードをゲットすることが最終目標となります。もし星5のカードまで到達したときの獲得報酬は7,777ドルの交換券とAR効果のあるにゃっちーずです。

NFTを集めて7,777ドルももらえるなんてなんだか夢がありますね。

X to earnのなかでも明確に手に入る金額が提示されているサービスは珍しく、こういった点もにゃっちーずが話題となる要因なのかもしれません。

コレクションで稼ぐ

ガチャを引いて指定の33種類のにゃっちーずを集めるとNFT電子ブックがもらえます。

この電子ブックを獲得したプレイヤーには公式から特大プレゼントがもらえるそうなので、フュージョンだけではなくコレクションを楽しむのもいいかもしれません。

また全77種類のにゃっちーずをフルコンプリートすると星5以上の究極シークレットカードが手に入ります。

このカードは今後ovo.spaceのプラットフォームで使える最強のカードとなるそうなので、にゃっちーずのCollect to earnをプレイする以上目指してみたいゴールになりますね。

【まとめ】にゃっちーずの登場はNFTの新しいユースケースの誕生となるか

Collect to earnという新しいジャンルを開拓しているにゃっちーずは、NFTの今後の在り方を変えるきっかけとなるかもしれません。

保有するだけで資産価値のあるNFTを、集めるだけで更にマネタイズできるようになると、NFTコレクターのみならず一般投資家や作品のファンもCollect to earnに注目するでしょう。

更に特定のNFTはAR技術を利用して、メタバースのアバターにも使えるようになります。ここまでユースケースが広がるとNFTの利用価値は高まる一方となるでしょう。

保有と販売しかユースケースの無かったNFTに新たな利用価値を取り入れたにゃっちーず。一度はガチャを引いてCollect to earnに参加してみてもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする