仮想通貨Flow(FLOW)の将来性は?特徴やチャートも解説!

NFT関連通貨の1つとして、Flow(FLOW)という名前の仮想通貨を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

Flow(FLOW)は、独自の技術でスケーラビリティ問題に対応していたり、様々な企業との連携を進めていたりと注目を集めている仮想通貨銘柄です。

この記事では、そんなFlow(FLOW)の将来性や特徴、購入方法、チャートなどについて解説します。読み終えれば、Flow(FLOW)を購入するかどうか判断できるでしょう。そのため、Flow(FLOW)に投資するか迷っている人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

▼この記事では、おすすめのアルトコインを11個紹介しています。

仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思いがちですが、アルトコインと呼ばれる将来有望な仮想通貨があることをご存知でしょうか?今回は、仮想通貨の波...

▼以下の記事では、仮想通貨の10年後を予想しています。

この記事では仮想通貨の10年後について予想しています。10年後の価値や需要、暴落する場合の要因だけでなく、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の10年後についても解説。仮想通貨の購入を悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨Flow(FLOW)とは

金色のビットコインがたくさん密集している画像

仮想通貨Flow(FLOW)は、 2021年に1月末に誕生した歴史の浅い仮想通貨銘柄です。NFT関連の銘柄として、多くのトレーダーに注目されています。

開発チームのDapperLabs社は、イーサリアムのブロックチェーンよりも、もっと消費者や開発者にとって使い勝手の良い技術搭載を目指しています。

NFT:日本語で「代替不可トークン」。デジタルデータに唯一無二の価値を与えられる最新技術のこと。

▼NFTに関しては、以下の記事でも詳しく解説しています。

NFTをわかりやすく解説しています。内容はNFT関連銘柄の仮想通貨・NFTゲーム・NFTアートについてです。NFTの投資方法も初心者向けに説明しています。NFTをわかりやすく説明してほしいという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

仮想通貨Flow(FLOW)の特徴

デジタル風な集合体の画像

NFT関連銘柄として注目を集めている仮想通貨Flow(FLOW)。ここでは、そんなFlow(FLOW)の特徴を3つ紹介します。

特徴① 有名なNFTゲーム開発者の下で誕生した

Flow(FLOW)の特徴の1つ目は、有名なNFTゲーム開発者の下で誕生した仮想通貨である点です。Flow(FLOW)は、ブロックチェーンゲームの先駆けとも称される有名ゲーム「クリプトキティ」を開発した、DapperLabsというチームによって開発されているのです。

そのため、Flow(FLOW)はNFTファンの間でも注目されている仮想通貨です。

特徴② 消費者にも開発者にもメリットがある

消費者にも開発者にもメリットがある点は、Flow(FLOW)の特徴の1つです。

開発者にとっては、高速な決済が可能、開発しやすいプログラミング言語を使っている、スマートコントラクトがアップデートされている、などのメリットがあります。また、消費者にとっても、収益性が高い、システムが最適化されている、アカウントの安全性が保たれている、などのメリットを享受できます。

以上のことから、Flow(FLOW)は消費者・開発者双方にとってメリットのある仮想通貨銘柄だと言えます。

特徴③ スケーラビリティ問題に対応している

Flow(FLOW)は、ビットコインやイーサリアムが抱えているスケーラビリティ問題に対応しています。多くの銘柄では、スケーラビリティ問題解決のためにシャーディングという技術を用いますが、Flow(FLOW)は異なります。

Flow(FLOW)では、トランザクション承認の工程を4段階に分けて、専門的な処理を実行しています。そのため、シャーディング技術を使うことなく、ビットコインやイーサリアムよりも遥かに速く取引の処理を行えます。

このように、独自の技術でスケーラビリティ問題に対応している点も、Flow(FLOW)の特徴だと言えます。

仮想通貨Flow(FLOW)の現在の推移価格

時計の横に積みあがったコインが置かれている画像

 

  • 通貨単位:FLOW
  • 現在(2021年12月):1,050.45円
  • 時価総額ランキング:53位
  • リリース:2021年1月

仮想通貨Flow(FLOW)は、2021年1月に誕生したばかりにも関わらず、時価総額ランキング53位と、アルトコインの中では比較的人気を博しています。2022年10月にはロックアップの解除が予定されているため、その時期には価格の降下が予想されますが、長期的には価格上昇が期待できる銘柄です。

仮想通貨Flow(FLOW)の将来性

様々なデバイスのデスクトップにチャートが映っている写真

Flow(FLOW)の購入を検討するうえで、将来性があるかどうかは重要な観点となるでしょう。この項では、Flow(FLOW)の将来性を左右する3つのポイントを解説します。

NFT市場の拡大

Flow(FLOW)の将来性を左右する1つ目のポイントは、NFT市場の拡大です。Flow(FLOW)はNFT関連仮想通貨の1つであるため、NFTが発展するほど価値が高騰する傾向にあります。NFTはデジタルデータを資産化できる画期的な技術ですが、まだ一般市民に広く普及しているとは言えません。

そのため、今後NFTの普及が進むかどうかが、Flow(FLOW)の発展にも大きく関わって来るでしょう。

コインチェックへの上場

Flow(FLOW)は、コインチェックに上場するのではないかと多くのトレーダによって考えられています。なぜなら、すでにコインチェックとの連携が始まっているからです。また、Flow(FLOW)の開発チームは日本に好意的であるとも言われています。

本当にコインチェックに上場すれば「国内の取引所しか使いたくない」という人にまでFlow(FLOW)購入の機会が行き渡ります。そのため、コインチェックに上場するかはFlow(FLOW)の将来性を左右するポイントの1つだと言えるでしょう。

ロックアップの解除

ロックアップの解除が、Flow(FLOW)の価格に大きく影響すると言われています。ロックアップとは、仮想通貨をたくさん所有している人が一時的に売却できなくなることを言います。仮想通貨の発行元の団体や企業によって実行されます。

このロックアップの解除は、2021年10月に既に発生しており、この時Flow(FLOW)の価格は大きく下がりました。2回目のロックアップ解除が2022年10月に発生すると言われているため、再び価格が急降下する可能性が高いです。

以上のことから、ロックアップの解除はFlow(FLOW)の将来性を左右するポイントです。

仮想通貨Flow(FLOW)の購入方法

財布の上に紙幣とコインが置かれている写真

Flow(FLOW)の購入を検討している人向けに、購入方法を解説します。Flow(FLOW)を取り扱っている取引所も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

現在は国内の仮想通貨取引所では取り扱われていない

2021年12月現在、日本国内にはFlow(FLOW)を取り扱っている仮想通貨取引所は存在しません。そのため、Flow(FLOW)を購入するには海外の取引所を使う必要があります。

なお、今後国内最大級の仮想塚取引所である、コインチェックでも購入可能になるのではないかと言われています。

仮想通貨Flow(FLOW)を購入できる海外の仮想通貨取引所

Flow(FLOW)を購入できる海外の仮想通貨取引所は、以下の通りです。

  • Binance(バイナンス)
  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • Mandala Exchange(マンダラエクスチェンジ)
  • Huobi Global(フォビグローバル)

海外の仮想通貨取引所を使うのに抵抗がある人には、世界最大の取引所であるBinance(バイナンス)がおすすめです。利用者が多いため、比較的信頼できる取引所だと言えます。

bitcastleで今後取り扱う可能性も

bitcastlelでも、今後Flow(FLOW)を取り扱う可能性があります。人気急上昇中の仮想通貨取引所bitcastleでは、マイナーな銘柄から有名な銘柄まで、今後取り扱う銘柄を増やす予定だからです。

bitcastleを使うメリットは、他にもあります。

  • 世界最速のバイナリーオプション取引を体験できる
  • 主要仮想通貨銘柄の取引手数料が0円
  • 預けた仮想通貨のほとんどがコールドウォレットで安全に保管される

このように、様々なメリットを受けられるため、ぜひ今のうちにbitcastleに登録してみて下さい。

→bitcastle登録はこちらから!

▼bitcastleについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

ビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプションは、世界最速スピード&最短5秒で勝負が決まります。ユーザーの投資経験に合わせて取引が選べるため、投資初心者にもおすすめです。この記事では、ビットキャッスル(bitcastle)の魅力や取引全種類について解説しています。

【まとめ】仮想通貨Flow(FLOW)は今話題のNFT関連銘柄!

本記事では、仮想通貨Flow(FLOW)の将来性、特徴、推移価格、購入方法などについて詳しく解説しました。

勢いのある最新技術であるNFTに関連する仮想通貨銘柄として、多くの人に支持されているFlow(FLOW)。独自の技術によりスケーラビリティ問題に対応している点や、消費者にとっても開発者にとってもメリットがある点など、魅力が盛りだくさんの仮想通貨銘柄です。

今後コインチェックに上場したり、NFT市場がさらに盛り上がったりすれば、大きく価格が上昇する可能性もあります。今後もFlow(FLOW)の値動きから目が離せませんね。