仮想通貨Helium(HNT)の将来性は?特徴や価格も解説!

「Helium(HNT)ってどんな特徴を持った仮想通貨銘柄なんだろう?」

「Helium(HNT)に興味があるけど、将来性はあるのかな?」

そのような疑問を抱いている人のために、この記事では仮想通貨Helium(HNT)の特徴や将来性、価格、購入方法などを詳しく解説します。この記事を読めば、Helium(HNT)に対する理解が深まり、保有すべきかどうか見極められるでしょう。

Helium(HNT)の特徴を詳しく知りたい人や、Helium(HNT)の将来性を知った上で投資するか決めたい人は、ぜひ最後まで読んでみて下さい。

▼以下の記事では、仮想通貨の10年後について予想しています。

この記事では仮想通貨の10年後について予想しています。10年後の価値や需要、暴落する場合の要因だけでなく、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の10年後についても解説。仮想通貨の購入を悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの仮想通貨取引所については、以下の記事で詳しく紹介しています。

仮想通貨取引所ってたくさんあって、比較しないとどれが自分に合うのか、おすすめなのはどこなのか、わかりませんよね。そこで、ビットライフ調査部隊が仮想通貨取引所を徹底比較しました。あなたにおすすめの仮想通貨取引所はこれを見れば丸わかりです。

仮想通貨Helium(HNT)とは

ノートパソコンの上にリップルやビットコインなどの仮想通貨が置かれている写真

仮想通貨Helium(HNT)は、Amir Haleem氏によって2013年に設立されたHelium社で推進されている、P2Pのワイヤレスネットワークを作るプロジェクトのために誕生しました。

P2PのワイヤレスネットワークはIoT向けに作られており、低コストかつ時間や場所を問わず安全に使えます。

Helium(HNT)は、ブロックチェーン技術のもと展開される分散型ネットワーク「web3.0」に関連する銘柄として、多くの人から注目されています。

IoT:「Internet of Things」の略称。日本語では「モノのインターネット」を意味する。これまではインターネット化されていなかったものをインターネット化する動きのこと。

web3.0:ブロックチェーン技術を使った分散型ネットワークのこと。インターネット利用者自身がデータの所有権を持ちコントロールできる。

仮想通貨Helium(HNT)の特徴

青い背景の上にリップルやビットコインが並んでいる写真

Helium(HNT)は、P2Pのワイヤレスネットワークを作るプロジェクトを進めるために開発された仮想通貨だと分かりました。ここからは、そんな仮想通貨Helium(HNT)の特徴を3つ紹介します。

特徴① ヘリウムホットスポットを設置するとHelium(HNT)が貰える

Helium(HNT)は、販売所や取引所で購入する以外にも、ヘリウムホットスポットの設置によって入手することができます。

ヘリウムホットスポットとは、IoTデバイスがインターネットに接続するために作られたネットワーク機器のことです。ヘリウムネットワークを作るための、物理的なルーターだと考えるとイメージしやすいでしょう。

公式サイトからヘリウムスポット設置の申し込みをすることで、Helium(HNT)を受け取れる仕組みとなっています。購入しなくてもHelium(HNT)を入手できるのはとても有難いですよね。

特徴② 2種類のトークンが流通している

通常、1つの仮想通貨銘柄の中には1つのトークンのみが流通している場合が多いです。しかし、Helium(HNT)のシステムの中では「HNTトークン」、「データクレジット」と呼ばれる2種類のトークンが流通しています。

HNTトークンはヘリウムホットスポットを設置した人が入手できるトークンで、データクレジットはHelium(HNT)取引を行った際にガス代を支払うためのトークンです。

このうち、データクレジットは、アメリカドルの価値と連動するよう作られている点も特徴の1つです。

特徴③ 有力なチームによって運営されている

運営チームが有力な点も、Helium(HNT)の特徴として挙げられます。

具体的には、Helium(HNT)のCEOであるAmir Haleem氏は、DiversionのCTOやDICEのBattlefield 1942で活躍した経験があり、ゲーム業界で数々の業績を残しています。その他のメンバーも素晴らしいキャリアを築いている人ばかりなため、Helium(HNT)も優れた実績を残すだろうと言われています。

運営チームのメンバーが優秀となると、Helium(HNT)の今後の発展にもかなり期待できますよね。

仮想通貨Helium(HNT)の現在の推移価格

スマートフォンにチャートが映っている写真

この項では、Helium(HNT)の現在の推移価格と、今後の見通しについて解説します。Helium(HNT)の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

  • 通貨単位:HNT
  • 現在(2021年12月):3,285.02円
  • 時価総額ランキング:52位
  • リリース:2020年6月

Helium(HNT)は、2020年6月に誕生して以降、2021年11月まで上昇し続けてきました。しかし、2021年11月後半からは価格が降下しています。これは、アメリカでヘリウムスポットの有料化が始まったからだと言われています。新サービスの開始などにより、いずれは価格の降下は落ち着くと考えられますが、まだしばらくは価格の降下が続くでしょう。

仮想通貨Helium(HNT)の将来性

チャートが映されたスマートフォンを片手で掲げている写真

Helium(HNT)を購入するか悩んでいる人にとって、重要なポイントの1つが「Helium(HNT)は将来性のある仮想通貨銘柄なのか」という点でしょう。そこで、この項ではHelium(HNT)の将来性を左右するポイントを3つ紹介します。

IoT技術の普及

IoT技術の普及は、Helium(HNT)の将来性を考える上でとても重要なポイントです。

Helium(HNT)はIoT向けのP2Pのワイヤレスネットワークを構築するために誕生した仮想通貨銘柄であるため、IoT技術の普及とHelium(HNT)の価格上昇は連動していると言えます。

そのため、Helium(HNT)の将来性にとってIoT技術の普及が重要視されているのです。

5Gとの連携

Helium(HNT)の将来性を左右する2つ目のポイントは、5Gとの連携が進むかどうかです。

IoTの実現には、5G技術が欠かせません。5G技術の普及によって、超高速通信や多数同時接続、超低遅延などが実現すれば、IoTも急速に進むでしょう。

このように、Helium(HNT)の人気上昇にとっても、5Gとどれだけ連携できるかが重要なポイントとなるのです。

ヘリウムホットスポットの増加

ヘリウムスポットの増加も、Helium(HNT)の将来性を左右する要因です。

2021年現在、25000を超えるヘリウムスポットが存在します。今後もヘリウムスポットがさらに増加すれば、Helium(HNT)によるIoT向けネットワークの実用化も進み、Helium(HNT)の価値も高騰すると考えられます。

仮想通貨Helium(HNT)の購入方法

複数のクレジットカードが入った財布の写真

Helium(HNT)を購入する際、どの取引所を使えば良いか迷うこともあるでしょう。特に海外の仮想通貨取引所を使う際には、不安にを感じる人も多いです。そこで、ここではHelium(HNT)の購入方法について解説します。

国内の仮想通貨取引所では取り扱っていない

2021年12月現在、Helium(HNT)は日本国内の仮想通貨取引所では取り扱われていません。そのため、Helium(HNT)の取引を行うには、これから紹介する海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。

今後、日本国内の仮想通貨取引所でも取り扱いが始まるといいですよね。

仮想通貨Helium(HNT)を購入できる海外の仮想通貨取引所

Helium(HNT)を購入できる、海外の主な仮想通貨取引所は以下の通りです。

  • Binance(バイナンス)
  • Mandala Exchange(マンダラエクスチェンジ)
  • FTX(エフティ―エックス)

どの取引所を使うべきか悩んでいる人には、世界最大の取引所であるBinance(バイナンス)がおすすめです。多くの人から信頼されている取引所なため、比較的安全に仮想通貨を保管できます。

bitcastleで今後取り扱う可能性も

実は、海外の仮想通貨取引所「bitcastle」でも、Helium(HNT)を取り扱い始める可能性があります。bitcastleは人気上昇中の話題の仮想通貨取引所で、今後取り扱い銘柄を増やす予定です。現状知名度はそこまで高くないものの、今後取り扱い銘柄が増えれば、さらに利用者が増加するでしょう。

そんなbitcastleに登録すると、以下のようなメリットを享受できます。

  • 世界最速のバイナリーオプション取引を体験できる
  • 主要仮想通貨銘柄の取引手数料が0円
  • ほとんどの仮想通貨をコールドウォレットで保管している

そのため、今のうちにbitcastleに登録しておくことをおすすめします。

→bitcastle登録はこちらから!

▼bitcastleについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプションは、世界最速スピード&最短5秒で勝負が決まります。ユーザーの投資経験に合わせて取引が選べるため、投資初心者にもおすすめです。この記事では、ビットキャッスル(bitcastle)の魅力や取引全種類について解説しています。

仮想通貨Helium(HNT)のまとめ

本記事では、仮想通貨Helium(HNT)の特徴や将来性について解説しました。

IoTを進めるために誕生した仮想通貨として注目を集めているHelium(HNT)。現状では降下トレンドに陥っているものの、ヘリウムスポットの増加や5G技術との連携によって、価格の上昇も期待できる銘柄だと言えます。

また、開発チームが優秀である点も、Helium(HNT)の発展に期待できる要因の1つです。

お金を払って購入しなくても、ヘリウムスポットの設置をすればHelium(HNT)を入手できるため、今のうちに所有してみてはいかがでしょうか。今後もHelium(HNT)の動向から目が離せませんね。