メタバースの仮想通貨銘柄とは?最新プロジェクトも紹介

「メタバース仮想通貨銘柄って何?」
「メタバース関連の仮想通貨にはどんな銘柄があるの?」

メタバースとあわせて仮想通貨(暗号資産)が話題になることが多い近年。せっかくなら、メタバース関連の銘柄に投資をしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、メタバース仮想通貨の銘柄について解説します。オススメの銘柄や、メタバース関連の最新プロジェクトも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事ではメタバースの将来性について解説します。メタバースとはインターネット上につくられた仮想空間のことです。メタバースの定義をはじめ、使用するデバイス、仮想通貨やNFTについても交えて将来性を説明しているので、ぜひ参考にしてみてください
メタバースは流行らない、そんな言葉を聞いて気になっている人もいるかもしれません。この記事では、メタバースについての否定的な意見や現状について解説します。メタバース関連銘柄の仮想通貨やNFTに投資を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

メタバースの仮想通貨銘柄とは

メタバースの仮想通貨銘柄の見出しと仮想通貨の画像

メタバースの仮想通貨銘柄とは、メタバースに関連した仮想通貨(暗号資産)のことです。

メタバース(Metaverse)とは、インターネット上につくられた仮想空間のこと。高次の視点や立場を表す「メタ(Meta)」と、宇宙や世界を表す「ユニバース(Universe)」を組み合わせた造語です。

メタバース仮想通貨銘柄の場合、仮想通貨に用いられているブロックチェーン技術を利用したネットワークで構築されているメタバースを指していると言えます。

ブロックチェーンネットワーク上のメタバース内では、仮想通貨を利用できるのが大きな特徴。具体的に説明すると、ブロックチェーンネットワーク上に構築されたプラットフォームのサービス内で使える、通貨の役割を担っています。

このプラットフォームで発行・利用されるのは独自の仮想通貨。これがメタバースの仮想通貨銘柄というわけです。

主に「メタバース関連銘柄」と呼ばれることが多く、世界中の投資家から注目されています。

【参考記事】メタバースと仮想通貨の関係について、詳しい解説はこちら。

メタバースと仮想通貨(暗号資産)には、どちらもブロックチェーン技術が利用されています。この記事では、メタバースと仮想通貨の関係について解説します。NFTやNFTゲームについても説明しているので、メタバース関連に興味がある人は要チェックです!

いろんなプラットフォームで活用されるメタバース

ブロックチェーンネットワーク上に構築されたプラットフォームには、様々な種類があります。

NFTを利用したゲームやショップなど、いろんなコンテンツがあるので、自分に合ったメタバースを探すのも楽しいポイントです。

ゲーム内で仮想通貨を稼いだり、アイテムやコンテンツを仮想通貨で売買したりと、メタバース関連銘柄は保有するだけでなく利用して楽しめるのも魅力の一つと言えるでしょう。

NFT(エヌエフティー)とは?
「Non-Fungible Token(ノン・ファンジブルトークン)」の略称。日本語で表すと「非代替性のトークン」。ブロックチェーン技術を活用して発行された、唯一無二の価値を持つデジタル資産のこと。分かりやすく言うと、デジタル所有物に対して、資産の鑑定書や所有証明書が与えられている状態。

【参考記事】NFTについての詳しい解説はこちら。

NFTをわかりやすく解説しています。内容はNFT関連銘柄の仮想通貨・NFTゲーム・NFTアートについてです。NFTの投資方法も初心者向けに説明しています。NFTをわかりやすく説明してほしいという人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

【参考記事】NFTゲームについての詳しい解説はこちら。

NFTアプリやNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム・DAppsゲーム)について解説します。NFTアプリから発展した「GameFi(ゲーム・ファイ)」なども説明。NFT関連銘柄が気になっている人は、ぜひ投資の参考にしてみてください。

メタバースの仮想通貨銘柄を3つ紹介

メタバースの仮想通貨銘柄3つ紹介の見出しと仮想通貨の画像

ここでは、メタバース関連の仮想通貨の中でも人気のある銘柄3つ紹介します。

どの仮想通貨に投資をしようか迷っている人は、まずはこの銘柄をチェックしてみてください。

①仮想通貨MANA<ディセントラランド/Decentraland>

Decentralandのサイト画像

MANA(マナ)は、VRプラットフォーム「Decentraland(ディセントラランド)」で利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

「Decentraland」では、VR空間内のLAND(土地)を購入すると、所有者が自由にカスタマイズできるのが特徴。動画・画像・音声・3Dモデルなどを使って、オリジナルのコンテンツを作れる点が魅力となっています。

また、「Decentraland」で取得したNFTのアイテムは、Ethereum(イーサリアム)ブロックチェーン上に作られた、他のNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)と相互利用が可能です。

大人気NFTゲーム「Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)」などと連携しているので、今後の動向に目が離せない銘柄となっています。

現在の価格 約324円
時価総額 約594,629,102,039.円
市場ランキング 30位

※2022年3月2日時点。

サービス名 Decentraland(ディセントラランド)
プラットフォームの種類 VRプラットフォーム
ブロックチェーン Ethereum(イーサリアム)
公式サイト https://decentraland.org/
公式Twitter https://twitter.com/decentraland

【参考記事】「Decentraland/MANA」については、こちらで解説しています。

「Decentraland(MANA)って最近話題だけど、将来性もある仮想通貨なのかな?」 「Decentraland(MANA)の特徴や...

②仮想通貨SAND<ザ・サンドボックス/The Sandbox>

The Sandboxのサイト画像

SAND(サンド)は、NFTゲームプラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」で利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

「The Sandbox」では、仮想空間内でLAND(土地)を購入することができます。LANDでは、オリジナルのゲームやアートを作成したり、他のユーザーが作ったゲームに参加して遊んだりすることが可能です。

また、LANDを貸し出して不動産収入を得ることもできるため、メタバース内での自由度が高い点で高く評価されています。

現在の価格 約387円
時価総額 約435,535,523,452円
市場ランキング 37位

※2022年3月2日時点。

サービス名 The Sandbox(ザ・サンドボックス)
プラットフォームの種類 NFTゲームプラットフォーム
ブロックチェーン Ethereum(イーサリアム)
公式サイト https://www.sandbox.game/jp/
公式Twitter https://twitter.com/thesandboxgame
公式Telegramコミュニティ https://t.me/sandboxgame
公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCzv1t7voB-bxMmXLysT4h0w

【参考記事】「The Sandbox/SAND」については、こちらで解説しています。

「サンドコイン(The Sandbox/SAND)の特徴は?今後どうなる?」 「The Sandboxはどんなゲーム?どうやって遊ぶの?」...

【参考記事】メタバースの不動産について、詳しく知りたい方はこちら。

NFT不動産とは、仮想空間(メタバース)内にあるNFT化された土地のことです。この記事では、NFT不動産について解説します。NFTやメタバースについても説明しているので、仮想空間の不動産投資に興味がある人は、ぜひ参考にしてみてください。

③仮想通貨ENJ<エンジン/Enjin>

Enjinのサイト画像

ENJ(エンジンコイン)は、ソーシャルゲームプラットフォーム「Enjin(エンジン)」で利用できる仮想通貨(暗号資産)です。

「Enjin」では、NFTゲームを開発することができ、現在は35種類以上のオンラインゲームをプレイすることができます。

ゲームアイテムは「Enjin」内の異なるゲーム間でも共有可能。広大なゲーム空間を構築しつつ、ゲームの垣根を越えて様々なNFTゲームを楽しめるのがポイントです。

この仕組みは「Enjin Multiverse(エンジンマルチバース)」とも呼ばれ、特にNFTゲーム分野で注目されています。

現在の価格 約183円
時価総額 約160,078,497,326円
市場ランキング 68位

※2022年3月2日時点。

サービス名 Enjin(エンジン)
プラットフォームの種類 ソーシャルゲームプラットフォーム
ブロックチェーン Ethereum(イーサリアム)
公式サイト https://enjin.io/
公式Twitter https://twitter.com/enjin

【参考記事】「Enjin/ENJ」については、こちらで詳しく解説しています。

Enjin Coin(ENJ)<エンジンコイン>は、NFT銘柄として人気のある仮想通貨(暗号資産)です。この記事では、Enjin Coin(ENJ)の特徴や将来性について解説します。投資を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

メタバース仮想通貨銘柄の購入方法

メタバースの仮想通貨銘柄購入方法の見出しと仮想通貨の画像

メタバース仮想通貨銘柄の殆どは、日本の仮想通貨取引所では取り扱っていません。そのため、海外の仮想通貨取引所やDEX(分散型取引所)などで購入する必要があります。

ただし、取引所によっては日本人向けサービスを停止しているところもあるので注意が必要ですです。また、海外取引所は日本の金融庁の認可を受けていないため、リスクも踏まえたうえで利用しましょう。

海外の仮想通貨取引所でメタバース仮想通貨銘柄を購入する手順は、下記の通りです。

    • STEP.01口座開設
      日本と海外、それぞれの仮想通貨取引所に口座を開設。
    • STEP.02取引ペア
      国内取引所でメタバース仮想通貨銘柄の取引ペアとなっている仮想通貨を購入。
      ※取引ペアとして一般的なのは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)です。
    • STEP.03海外送金
      国内取引所から取引ペアの仮想通貨を海外取引所に送金して、メタバース仮想通貨銘柄を購入。

【参考記事】取引所を選ぶ際は、こちらも参考にしてみてください。

仮想通貨取引所ってたくさんあって、比較しないとどれが自分に合うのか、おすすめなのはどこなのか、わかりませんよね。そこで、ビットライフ調査部隊が仮想通貨取引所を徹底比較しました。あなたにおすすめの仮想通貨取引所はこれを見れば丸わかりです。

日本語対応の「bitcastle」で海外取引所に慣れよう

海外の仮想通貨取引所を利用することに不安を感じている人は、まず「bitcastle(ビットキャッスル)」に登録してみてはいかがでしょうか。

bitcastleは日本語に対応しているので、最初はこちらで海外の取引所の雰囲気に慣れておくのもオススメです。

bitcastleの主な特徴3つ

  • 主要通貨ペアの取引手数料0%
  • 大半の通貨をコールドウォレットで保管
  • 超高速バイナリーオプション取引に対応

bitcastleでは無料でデモトレードも体験できるので、気になる方はぜひ試してみてください。

日本で購入できるメタバース仮想通貨銘柄

日本の仮想通貨取引所で購入できるメタバース仮想通貨銘柄と言えば、仮想通貨ENJ<エンジンコイン/Enjin>が有名です。

今のところ「Coincheck(コインチェック) 」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」の3カ所で取り扱いをしていて、日本円で購入することができます。

「Coincheck」に上場した際は価格が2倍近くまで高騰したため、今後も日本の取引所に上場するタイミングを見逃さないようにしましょう!

メタバース仮想通貨の最新プロジェクトをチェック!

メタバースの仮想通貨銘柄最新プロジェクトの見出しと仮想通貨の画像

メタバースに関連する仮想通貨の最新プロジェクトは、次々と登場しています。しかし、海外で発表されるプロジェクトが多いので、日本では情報を得るのが遅れ気味になるのが難点です。

いち早く投資をするためにも、最新プロジェクト情報の把握は必須。尚且つ、正しい情報や将来性のありそうなプロジェクトを見極めることも重要です。

ここでは、今海外で注目されている最新プロジェクトを紹介します。情報は常に更新されていくため、公式サイトやTwitterを日々チェックするようにしましょう。

Solice(SLC)

Soliceのサイト画像

Soliceは、Solana(ソラナ)ブロックチェーン上に作られたVRメタバースです。

Solana初のクロスプラットフォームのVRメタバースということで、今激戦区となっているオープンメタバースプロジェクトの中でも大きな期待を寄せられています。

公式サイト https://solice.io/
公式Twitter https://twitter.com/solice_io
公式Telegramコミュニティ https://t.me/solice_io

【参考記事】「Solana/SOL」については、こちらで詳しく解説しています。

仮想通貨ソラナ(SOL)は2017年に設立され、2020年3月にローンチされました。近年、急速に開発が進んでいるブロックチェーンのアプリケー...

Xana(XETA)

Xanaのサイト画像

Xanaは、NFTをベースとしたメタバースのプラットフォームです。

開発したのは、次世代型エンターテイメントテクノロジーカンパニー「NOBORDER.z」。米国ニューヨークとドバイを拠点に世界5カ国に事業を展開する同社では、​「国境のない世界を」というヴィジョンを掲げています。

ブロックチェーン技術に基づいたメタバースやNFTプラットフォームなど、エンターテイメントとテクノロジーを融合させた事業を行なっているため、信頼性の高いプロジェクトと言えそうです。

公式サイト https://xana.net/
公式Twitter https://twitter.com/XANAMetaverse
公式Twitter(日本版)  https://mobile.twitter.com/xanametaversejp
公式Telegramコミュニティ https://t.me/xanaofficial

MetaVPad(METAV)

MetaVPadのサイト画像

MetaVPadは、メタバースに特化したIDOプラットフォームです。

具体的に説明すると、Ethereum(イーサリアム)やBSC(バイナンススマートチェーン)などのブロックチェーンに対応した、クロスチェーンのLaunchpad(ローンチパッド)。つまり、メタバースプロジェクトの仮想通貨銘柄を、上場前に安値で購入できるということです。

有望な銘柄を簡単に見つけることができるので、海外での注目度が高いプロジェクトの一つとなっています。

公式サイト https://metavpad.com/
公式Twitter https://twitter.com/MetaVPad
公式Telegramコミュニティ https://t.me/metavpadann

Bit.Country(NUUM)

Bit.Countryのサイト画像

Bit.Countryはユーザーが独自のメタバースを作成できる、分散型のメタバース&ゲーミング・プラットフォームです。

ここではインフルエンサーや企業が独自の通貨を発行したり、マーケットプレイスでNFTを売買したりすることができます。

仮想世界上で自分の国を作って収益化を目指すことができるので、新たな経済圏として期待されているプロジェクトです。

公式サイト https://bit.country/
公式Twitter https://twitter.com/bitdotcountry
公式Telegramコミュニティ https://t.me/BitCountryOfficialTG

【まとめ】メタバースの仮想通貨銘柄で投資を始めよう

メタバース仮想通貨の銘柄は、2020年以降どんどん増えつつあります。

日本ではエンジンコイン(ENJ)が有名ですが、海外ではもっと多くのメタバース関連銘柄が取り扱われているため、常日頃から情報収集が欠かせません。

公式サイトやTwitterで発表される最新プロジェクトにも注目しながら、ぜひ将来性のありそうなメタバース仮想通貨銘柄に投資をしてみてはいかがでしょうか?