【仮想通貨】Hooked Protocolとは?特徴や将来性について解説

「Hooked Protocolってどんな仮想通貨?」

「Hooked Protocolには将来性はあるの?」

2022年にBinanceなどでトークンセールが実施されて以降、何かと注目のHooked Protocol。

このプロジェクトが提供している分散型のアプリは、既に多くのユーザーがプレイしており、ブロックチェーンゲームが好きな人たちの間ではかなり人気となっています。

そこで今回はHooked Protocolについて、特徴や将来性、価格動向について解説します。Hooked Protocolに興味がある方必見の内容です。

是非最後までご覧ください。

参考記事はこちら

「Wrapped Bitcoinってどんな銘柄?」 「Bitcoinと名前が似ているけれど違う仮想通貨なの?」 Wrapped Bitc...
「Siacoinってどんな仮想通貨?」 「Siacoinは投資先として魅力的?」 最近注目のSiacoin。ブロックチェーン技術を利用し...

Hooked Protocolとは

名称 Hooked Protocol
トークンシンボル HOOK
公式ページ https://hooked.io/mobile/
X(旧Twitter) https://twitter.com/HookedProtocol
Discord https://discord.gg/hookedprotocol
Medium https://medium.com/@HookedProtocolOfficial
TikTok https://www.tiktok.com/@hookedacademy
Telegram https://t.me/HookedProtocolOfficial

Hooked Protocolは、ブロックチェーン上に構成されたソーシャルラーニングプラットフォームです。

Hooked Protocolが提供するブロックチェーンアプリは、学んで稼ぐ“Learn to Earn”を提供し、クイズに答えてトークンを獲得するユニークなゲーム性となっています。

他にも企業向けのWeb3.0インフラなどを提供し、分散型ネットワークに強い仮想通貨です。

Web3.0って?

Hooked Protocolが得意なWeb3.0とはどういったネットワークなのでしょうか。

Web3.0とは、従来のWeb2.0から進化した新しいインターネットの段階を指す用語です。

情報を閲覧するWeb1.0、個人が情報を発信するWeb2.0、そしてWeb3.0は情報が分散化されるネットワークとされています。

そのため、Web3.0は、分散型テクノロジーや暗号通貨などの新しいテクノロジーが台頭すると言われており、ウェブ上のデータとアプリケーションの扱い方が大きく変化していきます。

例えば、情報が一局に集中しないため、Web3.0のコンテンツは中央の機関やサーバーが不要となり、ユーザー同士が直接データやサービスを共有できるようになります。

こういった構造は、データの所有権とプライバシーを保護する効果もあり、 Web3.0では、ユーザーが自分自身のデータの所有権を持ち、プライバシーやセキュリティの権限をコントロールできるようになります。

Googleなどの大手検索エンジンを利用するときに蓄積されるビックデータを、個人で管理できるようになれば、不要に個人情報が流出する心配もなく、インターネットを閲覧しているときに表示される無意味な広告も表示されなくなることでしょう。

個人のプライバシーが重視され、データの収集と利用に対する明確な許可が必要とされるWeb3.0は、情報管理に長けた新しいインターネットして今注目を集めています。

参考記事はこちら

https://bitcastle.io/column/post-12128/

https://bitcastle.io/column/post-12112/

「仮想通貨Flux(FLUX)に将来性はある?」 「仮想通貨Flux(FLUX)はどんな特徴がある?」 今回は、仮想通貨Flux(FLU...

Hooked Protocolの特徴

Hooked ProtocolはWeb3.0に特化した仮想通貨プロジェクトで、以下のような特徴を持ち合わせています。

  • オリジナルのブロックチェーンゲーム
  • Web3.0について学習する場を提供している
  • 多くのパートナーシップ企業

Hooked Protocolmの特徴は、基本的にアプリを利用したWeb3.0の学習に関するコンテンツが多いことです。

学習をブロックチェーンを上手く融合したHooked Protocolの特徴を見ていきましょう。

オリジナルのブロックチェーンゲーム

Hooked ProtocolはWeb3.0教育の一環としてクイズ形式のブロックチェーンゲーム“Wild Cash”をリリースしています。

クイズに答えて仮想通貨を稼ぐLearn to Earnが非常に画期的なアイディアで、リリース直後からダウンロード数は伸びる一方。

2023年時点ではすでに100万件以上ダウンロードされています。

Wild Cashでは、クイズに答えるとゲーム内トークンGOLDを獲得し、Hooked Protocolの独自トークンであるuHGTと交換したりできます。

実際にゲームをプレイすると、アプリはよく作られており、GOLDもしっかり稼ぐことができました。

Wild Cashは無料で始められる

ブロックチェーンゲームと聞くと真っ先に思い浮かぶのがNFTの課金。ブロックチェーンゲームはプレイするために必要なNFTを事前に購入しなければならないものが多く、プレイには初期投資が必要なゲームがほとんどでした。

しかし、Wild Cashは初期NFTが不要なため、アプリをダウンロードすればすぐにゲームをプレイできます。

もちろん課金をした方がゲームを進める上では有利ですが、まずはおためしで無料プレイができるのがうれしいですね。

NFT:NFT(Non-Fungible Token)は、デジタルアセットの一種で、一意で交換不可能な価値を持つトークンです。アート、音楽、ゲームアイテムなど、デジタルコンテンツの所有権を証明し、売買可能にします。

疑似マイニングを楽しもう

さらにWild Cashの面白い点は、疑似的にマイニングを楽しむこともできます。

ステーキング方法は簡単。アプリを起動して放置するだけ。1秒放置するごとに報酬が増えていき、長時間アプリを起動しておくとuHGTに交換できるほどんお報酬額となります。

また、画面下のTAPをタップしても報酬がもらえ、ミニゲーム感覚で報酬が獲得できるのもユニークです。

マイニングは“つるはし”のNFTを保持すると報酬が高くなるように設計されているので、本気でマイニングをするなら、アイテムNFTは必須かもしれません。

参考記事はこちら

皆さんはマイニングについてご存知でしょうか?今回はマイニングはスマホでも出来るのかということについて紹介させていただこうと思います。 ...
近頃仮想通貨取引ついて調べるとよく目にするのがステーキング。調べてみるとアルファベットが並んでいたり、専門用語が多かったりでなんだか難しい作...

Web 3.0について学習する場を提供している

Hooked Protocolは、Wild Cashを始めとしたWeb3.0について学習する機会を多く提供しています。

Hooked ProtocolのコンセプトはWeb3.0の人材育成。そのために大規模なWeb3.0教育の現場を必要としており、Wild Cashを始めとしたWeb3.0に関するクイズアプリはWeb3.0教育の一環としてリリースされています。

Wild Cashの他にはライブストリーミング学習のToDaMoon。AIを使った学習ツールであるLearn With AI-SENSEIなど、学習のレベルに合わせて様々なコンテンツが展開されています。

今のところすぐにプレイできるのはWild Cashのみですが、徐々にプレイできるコンテンツを増やしていく予定です。

参考記事はこちら

Play to Earn(プレイ・トゥ・アーン)とは「遊んで稼ぐ」という概念を表した言葉です。具体的にはNFTゲームをプレイして仮想通貨(暗号資産)を稼ぐ仕組みのこと。この記事では、Play to EarnとNFTゲームについて解説します。
走ったり、運動をするだけで仮想通貨を稼げたらいいと思いませんか? 今回の記事では通勤や通学、健康のためのウォーキングやランニングをしながら...

多くのパートナシップ企業

Hooked Protocolは多くのパートナー企業と提携しています。トークンセールを実施したBinance、IT企業のSEQUOIA、大手ゲームスタジオのAnimocaBRANDSなど、そうそうたる企業が名を連ねています。

特にAnimocaBRANDSはThe SandboxやCrazy Defense HeroesといったNFTゲームのビックネームをリリースした企業ですので、この企業が出資しているHooked Protocolのゲームはかなりクオリティが期待できるのではないかと思います。

実際、Wild Cashはシンプルなグラフィックと見やすい画面でユーザの人気をしっかり集めており、今後リリースされるブロックチェーンゲームも、ヒット作となること間違いないのではないでしょうか。

浮き沈みが激しいブロックチェーンゲームプロジェクトですが、これだけ名のある企業のサポートが入っているとなれば、成長性は大きく期待できますね。

参考記事はこちら

「サンドコイン(The Sandbox/SAND)の特徴は?今後どうなる?」 「The Sandboxはどんなゲーム?どうやって遊ぶの?」...

HOOKの価格動向

 

HOOKの2023年9月の価格は0.76ドル。2023年4月に付けた年初来高値4ドルから約81%の下落です。ローンチ当初は好調を見せたHOOKでしたが、他の銘柄同様、上場後に一旦高値を付けてから下落する流れとなりました。

今の水準が底値となるか

今の水準が底値になるかどうかは正直微妙なところ。チャートパターン的に見ればローンチ後1回目の押し目となる1.29ドルを下回っており、下降トレンドに突入しています。

ところが、直近2か月は1.22ドル~0.74ドル付近を行ったり来たりしており、下落も一服したかのようにも見えます。

1.22ドルを上抜けるようなことがあれば再び上昇基調と判断できますが、今のチャートではトレンドを判断するには材料が少なすぎます。

底値のように見える現在地からもう一段下にさがるのか、投資判断としては“見”が無難かもしれませんね。

Hooked Protocolの将来性

Hooked Protocolの将来性には大いに期待できるでしょう。その理由は次の3つ。

  • Web3.0に特化したプロジェクト
  • アプリが好調
  • Web3.0に関する教育が注目されている

Web3.0は、次に来るインターネットのトレンドとして、今最も注目を集めているワードです。

分散型によって現代の情報サービスにおける課題を解決するこの技術は近い将来、当たり前に利用されるでしょう。

そんなときに注目されるのはやはり教育。Web3.0が世間に浸透するにつれて、それに対する理解を深めた人材は必ず必要となります。

となればその人材を育成する場もかなり重要であると言えますね。

ほぼ確約されたと言っていいWeb3.0の台頭。その教育にフォーカスしているHooked Protocolは今後間違いなく成長するプロジェクトの一つとして将来性に期待できます。

【まとめ】Hooked ProtocolはWeb3.0教育プロジェクト

Web3.0に関するクイズを解くだけで仮想通貨が稼げるブロックチェーンゲームを開発したり、Web3.0についての学習が収益になるLearn to Earnを展開するHooked Protocol。

既にアプリのリリースは始まっており、多くのユーザーがダウンロードしています。トークン価格は下落基調ではあるものの、今後のWeb3.0需要を考えればプロジェクトの将来性は期待大。

投資案件としては魅力的な銘柄ですね。

プロジェクトは今後さらなるアプリを公開し、Web3.0の学習レベルを上げていく予定です。稼ぐ・投資・勉強すべてが実現する、少し変わった仮想通貨Hooked Protocol。とても興味深い銘柄です。

仮想通貨を買うならbitcastle

bitcastleは仮想通貨取引プラットフォームです。HOOKは残念ながら日本の仮想通貨では取り扱っておらず、購入はBinanceのDEXを利用します。

そのため、DEXを利用するための仮想通貨をあらかじめ用意する必要があるのですが、ここで利用をおすすめするのがbitcastle。

アカウント開設はメールアドレスと本人確認のみ。購入はなんとクレジットカードに対応しています。

面倒な銀行振り込みを一切せずに仮想通貨が取引できるbitcastleは利便性抜群です。

口座開設は無料です。是非利用してみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする