【仮想通貨】Arb Doge AIとは?特徴や将来性を解説

Arb Doge AIという仮想通貨をご存じでしょうか?有名なミームコイン、DOGECoinと同じ名を持つこの銘柄は、Arbitramのエコシステムの実験のために開発されたトークンです。

Arbitramはイーサリアムネットワークにおいて、スケーラビリティ問題の解決する革新的なブロックチェーンといわれています。

そのArbitramが試験的に使った銘柄としてArb Doge AIは非常に注目されました。

そこで今回は、仮想通貨Arb Doge AIについて特徴や将来性を詳しく解説します。

「Arb Doge AIに投資したい」

「Arb Doge AIの将来性が気になる」

こういった疑問を解決する内容です。是非ご覧ください。

参考記事はこちら

https://bitcastle.io/column/post-15926/

https://bitcastle.io/column/post-12235/

ミームコインってどんな仮想通貨?

Arb Doge AIの解説を始める前に、まずはミームコインとはどのような仮想通貨なのか?という点について理解しておきましょう。

ミームコイン(MemeCoin)とは、明確なプロジェクトは存在せず、ネームバリューやそれを支えるコミュニティが主体となって登場した仮想通貨です。

ミームというだけあり、その仮想通貨のモチーフまさにジョークのネタそのもの。

ネット上に流れている画像や既存のキャラクターのパロディ、有名人がテーマになっているものもあります。

中でも、DOGECoinや今回ご紹介しているArb Doge AIなど、犬をモチーフにしたミームコインは多数存在し、それらの銘柄を“犬系”といったり“動物コイン”といったりもします。

これがミームコインというルールはない

ミームコインという仮想通貨は、かなり曖昧な概念です。ミームコインを分別する明確な定義は存在せず、開発者やホルダーがミームコインと認識していれば、それはミームコインとなります。

そんな曖昧な分類でいいの?と疑問に思う方もいるかもしれませんが、全く問題ありません。

そもそもミームコインは、あくまで概念的です。実際に取引を行うにあたって、それがミームコインであるかどうかは一切関係ないと言っていいでしょう。

もちろん、新しい仮想通貨に投資するときにはその銘柄がミームコインであるかどうか下調べする必要はありますが、ミームコインだからといってネガティブな投資先という判断はできません。

むしろミームコインの方が投資適格な銘柄の場合もあります。

急騰が期待できる銘柄として人気

目立ったプロジェクトがないミームコイン。ですが、ボラティリティが大きいことで知られており、短期的な急騰を狙えば少額で大きな金額を稼げるチャンスがあります。

例えば、犬系で有名なDOGEコイン。イーロンマスクがSNSで情報を発信しただけで価値が急騰。犬系コインが広がった大きな要因となりました。

この様に、ミームコインはSNSというコミュニティで発信力のある人物が注目するだけで価値が急騰するくらい何がきっかけで注目されるのかがわかりません。

他にもホルダー同士のコミュニティが活発になることで価値が上がるかもしれませんし、有名プロジェクトとのタイアップで注目されるかもわかりません。

もしかしたらNFTで人気になる可能性だってあります。

とにかくあらゆる要素が価格を押し上げる可能性につながるミームコインは、ハイリターンな投資先として人気です。

参考記事はこちら

https://bitcastle.io/column/post-21673/

https://bitcastle.io/column/post-21362/

https://bitcastle.io/column/post-20607/

https://bitcastle.io/column/post-20916/

Arb Doge AIとは

名称 Arb Doge AI
トークンシンボル AIDOGE
公式ページ https://arbdoge.ai/
X https://twitter.com/ArbDoge_AI
Discord https://discord.gg/arbdogeai
Medium https://medium.com/@ArbDogeAI

ミームコインの基本がわかったら、いよいよ本題。Arb Doge AIについてみていきましょう。

Arb Doge AIとは、Arbitramのエコシステムの実験を行うために作られた仮想通貨です。Arb Doge AI自体には目立ったプロジェクトは存在せず、しいて言えばトークンを購入すると抽選でARBがもらえる“Lucky Drop”という企画を実施しているくらいです。

Lucky Dropの概要

Arb Doge AIが行っているLucky Dropは、Arb Doge AIのトークンを購入するだけでARBがもらえる抽選イベントです。

参加条件は1度に100ドル以上のArb Doge AIを購入するだけ。面倒な参加登録は不要です。イベントの概要をまとめると以下の通りになります。

  • 参加条件:1度に100ドル以上Arb Doge AIを購入する
  • 1度に1,000ドル以上のArb Doge AIを購入すると1,000ドル相当の参加チケットがもらえる
  • 参加チケットをもらえるのは1回の購入につき1枚
  • 抽選チケットには10段階のレベルが設定されている
  • 抽選は30分に1回
  • 1回の抽選スパンで保有しているチケットの抽選がすべて終了してしまう

少しルールがややこしいですね。

ざっくり言えば、100ドル以上のArb Doge AIを購入すれば30分に1回のLucky Drop抽選に参加可能。抽選スパンの間に複数チケットを獲得していた場合は次回の抽選には繰り越せない。

というルールのキャンペーンです。なので、たくさんLucky Dropに参加したい方は、トークンの購入は100ドルずつ、30分おきに行うと抽選効率が上がるかもしれませんね。

Arb Doge AIの特徴

Arb Doge AIの特徴は、Arbitramのエコシステムの実験のために作られた銘柄であるという点。

数あるミームコインなかで、特定の仮想通貨のために作られたArb Doge AIは珍しい銘柄といえるでしょう。

Arb Doge AIに特徴についてみていきます。

Arbitramとは

Arb Doge AIを使ってエコシステムの実験をしているArbitramとはどのような仮想通貨なのでしょうか。

Arbitrumはイーサリアムネットワークのスケーラビリティ問題を解決するために作られた、レイヤー2ソリューション

イーサリアムネットワークの利用者増加によるトランザクションの遅延や、ガス代の高騰を解決する銘柄として注目されており、今最も注目の技術を利用しています。

スケーラビリティ問題の解決

Arbitrumの主なコンセプトは、イーサリアムチェーンの“スケーラビリティ問題の解決”です。

スケーラビリティ問題とは、一度に大量のトランザクション(命令処理)が実行されることで処理が停止。ブロックチェーンネットワークにかかる負担の増大や、ガス代(手数料)の高騰が発生する問題のことです。

現在イーサリアムチェーンは、その汎用性の高さから多くの仮想通貨プロジェクトの利用されています。

ブロックチェーンゲームをはじめ、NFT、Defiなど、今のブロックチェーンサービスの多くがイーサリアムチェーンを互換性のある構造をしています。

特に、NFTの分野ではERC-20という企画のトークンが主流となったことで、イーサリアム系のブロックチェーンに幅広く互換性が生まれるようになりました。

こういった背景があり、今のイーサリアムチェーンはネットワークの負担が激増。今では安定した稼働ができるようにArbitramが開発するレイヤー2ソリューションに注目が集まっています。

ArbitramのエコシステムとArb Doge AIの関り

Arb Doge AIに話を戻しましょう。

Arb Doge AIはArbitramのエコシステム内で実験的に稼働している仮想通貨です。具体的にArbitramのプロジェクトに何か影響を与えることはありませんが、ミームコインのコミュニティ力がArbitramにどれだけ影響を与えるのかをテストしています。

そのためArb Doge AIは、Arbitramのコミュニティ全体を包括するような設計になっており、Arb Doge AIのホルダーはARBのエアドロップを受けられるなど、Arbitramとリンクしたメリットが受けられる構造です。

Arb Doge AIが行っているLucky DropはまさにArbitramとリンクしたエアドロップイベントといえるでしょう。

Arb Doge AIの価格動向

Arb Doge AIの現在の価格動向は次の通り。

 

2023年10月以降、出来高も少なく、長期間低迷していた価格が一気に上昇トレンドへ。一旦はダブルトップを付けて下落基調になるも、今後の成長性に期待したいチャートパターンを描いています。

今後の見通し

一時的に上昇トレンドを築くも、依然として価格動向はあまりよくありません。ローンチ直後の急落以降、ほとんど値を戻すこともなく現在の価格推移はピークの1/10ほど。

今後もしArb Doge AIが急騰するようなことがあるとすれば、何らかのサプライズがあるか、Arbitramの価格高騰のどちらか必須となるでしょう。

したがってArb Doge AIの動向を探るには同時にArbitramの動向にも注目が必要です。

Arb Doge AI単体では価格上昇の目が薄い分、今後の見通しはあまり楽観視はできません。

短期的に勝てる見込みはある?

長期的には価格動向が思わしくないArb Doge AI。それではミームコインの醍醐味である、短期的な急騰による大きな利益は全く期待できないのでしょうか?

この疑問についての答えは“期待できる可能性は十分にある”と考えています。

というのも、そもそもArb Doge AIの現在価格は0.0000000001394USDT。日本円に換算すると1円を大幅に下回る金額です。

これだけの低価格であれば100円分のArb Doge AIを購入したとしても、相当な枚数のトークンが購入できます。

トークンの購入量が増えれば増えるほどわずかな値動きで利幅は大きくなります。ましてや現在はちょうど上昇トレンドの真っただ中。

薄い利幅を大きなポジションの圧力で強引に利益につなげれば、短期間で大きな利益を生む可能性は十分にあるでしょう。

仮に上手くいかなかったとしても、トークンが安いArb Doge AIはダメージも最小限で済みます。

プロジェクトの将来性が不透明なミームコインの投資はどれだけ低リスクに始められるかが重要です。

その観点から考えるとArb Doge AIは投資先としてかなり魅力的な銘柄の一つといえるでしょう。

Arb Doge AIの将来性

これといったプロジェクトのないArb Doge AIの将来性は、まさにArbitram次第といってもいいでしょう。

仮にArbitramのネイティブトークンであるARBが急騰するようなことがあれば、Lucky Dropイベントは間違いなく大人気となるでしょう。

そして、それに伴い大量のArb Doge AIが買われるため、トークン価格はあっという間に上昇するはずです。

Arb Doge AIの将来性は単体では全く予想が付きませんが、Arbitramの動向次第と考えればある程度将来性に期待が持てるかもしれませんね。

Arbitramの将来性

ちなみにArbitramの将来性は非常に期待ができます。まず、Defiに強いArbitrumはArbitram ONEというサービスを展開中。

現在多くのDefiプロジェクトの中で最も多くの預かり資産を保有。かなり資金力のあるDefiとして有名です。

他にもArbitramの開発環境をStylusに対応させることで、開発言語の汎用化も実施。

これによりC言語やC++などあらゆるプログラミング言語でイーサリアムチェーン対応のアプリが作れるようになり、エンジニアの新規参入ハードルが下がっています。

多くのエンジニアが参入するということは技術の進歩が格段に速くなることと同じです。

Arbitramが期待される背景にはこのような要因が考えられるわけですね。

【まとめ】Arb Doge AIはArbitramの実験用トークン

Arb Doge AIはArbitramのエコシステムの実験に作られた仮想通貨です。Arb Doge AIそのものにはプロジェクトの魅力はないものの、人気のトークンARBがもらえるなどホルダーへの還元力が魅力です。

残念ながら現在のトークン価格はあまり高くなく、ローンチ以降の高値を目指す気配はありません。

しかしその分、初期投資を抑えた投資が可能になり、低リスクハイリターンな短期トレードができる魅力もあります。

良くも悪くもミームコインといった印象のArb Doge AI。今後の注目度合いに期待です。

Arb Doge AIを買うならbitcastle

Arb Doge AIはパンケーキスワップなどのDEXで購入可能です。

しかし残念ながらDEXは日本円を利用できません。BTCやUSDTといった仮想通貨を利用します。

そのときあらかじめ用意しておくBTCやUSDTを購入するには仮想通貨取引所bitcastleがおすすめです。

bitcastleはなんとクレジットカードで仮想通貨が購入できる画期的な取引所。無料のアカウント登録をしたらすぐに取引ができます。

口座開設料はもちろん無料。Arb Doge AIを購入するなら、bitcastleを経由してDEXを利用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする