仮想通貨Orchid(OXT)の将来性は?特徴や購入方法も解説

「仮想通貨Orchid(OXT)を所有するか迷っているから将来性を把握しておきたい!」

「仮想通貨Orchid(OXT)の購入方法について知りたい!」

仮想通貨Orchid(OXT)に漠然とした興味があっても、詳しい情報が分からない状態では購入に踏み込みにくいですよね。そんな人に向けて、この記事では仮想通貨Swipe(SXP)の特徴、将来性、チャート、購入方法などを解説します。

この記事を読めば仮想通貨Orchid(OXT)について理解が深まり、購入するかどうか判断できるため、ぜひ参考にしてくださいね。

仮想通貨=ビットコイン(BTC)と思いがちですが、アルトコインと呼ばれる将来有望な仮想通貨があることをご存知でしょうか?今回は、仮想通貨の波...
投資には、株やFXなど様々な種類がありますが、仮想通貨投資も注目を集めています。 実際に、仮想通貨投資によって大金を手にした「億り人」の存...

仮想通貨Orchid(OXT)とは

両手いっぱいのビットコインを持っている画像

仮想通貨Orchid(OXT)とは、現状のVPNが孕んでいる課題を解決するために造られた仮想通貨です。

ちなみにVPNとは「Virtual Private Network」の略称で、仮想の専用回線を設置することで、特定の人だけが利用できるインターネットのことを指します。ネットワークを簡単に構築できる技術として注目されていますが、以下のような課題を抱えていました。

VPNが抱えている課題

  • 政府や企業による規制が厳しい
  • 無料のものはセキュリティ面が甘い場合もある
  • 有料のものは毎月決まった金額を支払わなければいけない

このようなVPNの問題を、ブロックチェーン技術を用いて解決するために誕生したのが、「Orchid」というプロジェクトです。仮想通貨Orchid(OXT)は、「Orchid」というプロジェクトのもと発行されている通貨です。

ブロックチェーン技術を用いている分散型VPN「Orchid」は、従来のVPNが抱える課題を解決できています。分散型VPNについては、のちほど詳しくご説明します。

公式サイト https://www.ja.orchid.com/
公式Twitter https://twitter.com/OrchidProtocol

【関連記事】ブロックチェーンについてはこちら

「ブロックチェーンってよく聞くけどいまいちピンとこない」 「ブロックチェーンってどんな特徴があるの?」 ブロックチェーンは、仮想通貨(暗...

仮想通貨Orchid(OXT)の特徴

ビットコインやイーサリアムが立てかけられている画像

仮想通貨Orchid(OXT)は、一体どのような特徴を持つ仮想通貨銘柄なのでしょうか。ここでは、仮想通貨Orchid(OXT)の特徴を4つご紹介します。

仮想通貨Orchid(OXT)の特徴

  • 分散型VPN
  • 通貨発行上限枚数が決まっている
  • 仮想通貨xDAIと提携している
  • 有名な賞を受賞している

それぞれについて、詳しく説明していきます。

特徴① 分散型VPN

通常のVPNは中央集権型ですが、先述した通り、「Orchid」は分散型のVPNです。中央集権型ではなく分散型のVPNだからこそ、以下のようなメリットがあります。

分散型VPNのメリット

  • 回線の権限を自分で保有できる
  • プライバシーが厳重に保護される
  • 月額制ではなく使った分だけ料金を支払える

「Orchid」は、従来のVPNの課題を解消し、真に自由なインターネットを実現しているのです。

特徴② 通貨の発行上限枚数が決まっている

仮想通貨のなかには、発行上限枚数が決まっているものもあれば、決まっていないものもあります。例えば時価総額第一位の仮想通貨銘柄であるビットコインは、発行枚数の上限が2,100万枚までと定められており、すでに大半が発行されています。

仮想通貨Orchid(OXT)もビットコインと同じく、発行枚数の上限が定められており、10億枚以上は発行できないこととになっています。発行枚数の上限が決まっていることで、発行枚数が増えるほど希少性が高まるというメリットがあります。

このように通貨の発行枚数が決まっている点も、仮想通貨Orchid(OXT)の特徴のひとつです。

特徴③ 仮想通貨xDAIと提携している

仮想通貨Orchid(OXT)は、2020年の3月に、iOSでもandroidでも使える「Orchid」のアプリをリリースしています。アプリ開発の際、仮想通貨xDAIと連携をして進めたそうです。ちなみに、仮想通貨xDAIは仮想通貨DAIのステーブルコインで、仮想通貨DAIの取引時の遅延などの問題を解決するために造られました。

仮想通貨Orchid(OXT)の特徴として、仮想通貨xDAIと提携している点も挙げられます。

【関連記事】仮想通貨DAIについてはこちら

 価格安定が強みのステーブルコイン、Dai。その名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?しかし調べてみるとほかの仮想通貨とは少し...

特徴④ 有名な賞を受賞している

「Orchid」は、2020年に「CNET 2020 Innovation Awards」という賞を受賞しています。CENTとはアメリカの有名Webマガジンで、IT業界に関するニュースを発信しています。また、「CNET 2020 Innovation Awards」とは優秀なサービス・テクノロジー・製品などに与えられる賞で、「Orchid」の他には世界初のwi-fi6ルータやAppleのM1チップなどが受賞しています。

「Orchid」は、これらの最新技術と同じ賞を受賞するほど、画期的な技術として注目されているのです。有名な賞を受賞している点も、仮想通貨Orchid(OXT)の特徴だと言えるでしょう。

仮想通貨Orchid(OXT)の現在の推移価格

ここでは、仮想通貨Orchid(OXT)のチャートを見ていきましょう。仮想通貨Orchid(OXT)の現在の推移価格は、以下の通りです。

 

  • 通貨単位:OXT
  • 現在(2022年1月):26.91円
  • 時価総額ランキング:279位
  • リリース:2019年12月

仮想通貨Orchid(OXT)は、比較的価格変動の激しい銘柄です。実際に2021年4月と11月に価格が急上昇し、100円近くにまで値上がりしていますが、現在では20円代にまで落ち着いています。今後新たな大手取引所に上場したり、分散型VPNを使えるアプリ「Orchid」が普及すれば、再び仮想通貨Orchid(OXT)の価格上昇が期待できるでしょう。

価格が落ち着いている今だからこそ、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨Orchid(OXT)の将来性

スマートフォンを操作している画像

仮想通貨Orchid(OXT)の購入を迷っている人の多くが、仮想通貨Orchid(OXT)の将来性について関心を寄せていることでしょう。そこで、ここでは仮想通貨Orchid(OXT)の将来性を左右する3つのポイントをご紹介します。

仮想通貨Orchid(OXT)の将来性を左右するポイント

  • VPNサービスへの需要が高まるか
  • 取引所への上場
  • Orchidのアプリの普及

将来性① 悪用を防げるか

従来の中央集権型VPNの課題を解決している分散型VPN「Orchid」は、利用者のプライバシーが完全に保護されるネットワークです。プライバシーを保護してくれるところはメリットでもありますが、悪用される危険性も孕んでいます。利用者を特定されにくいからこそ、「Orchid」がハッキングなどに利用される危険性があるのです。

もしも「Orchid」を悪用したハッキング事件が発覚すれば、国によって規制されたり、利用者が減ったりする可能性があります。「Orchid」の需要が下がると、仮想通貨Orchid(OXT)の価格が下落することにもつながるため、今後「Orchid」がいかに悪用を防ぐ仕組みを作れるかが重要となるでしょう。

以上のことから、「悪用を防げるか」は仮想通貨Orchid(OXT)の将来性を左右する重要なポイントです。

将来性② 取引所への上場

多くの仮想通貨銘柄が、大手取引所への上場が決まったタイミングで値上がりを見せています。登録者数の多い取引所で購入できるようになったことで多くの人々が入手しやすくなり、かつ話題性も高まるからでしょう。

仮想通貨Orchid(OXT)はすでにBinance(バイナンス)などの大手仮想通貨取引所へ上場していますが、まだ取り扱っている取引所はそれほど多くはありません。特に日本国内の取引所には上場していないため、私達日本人にとって手を出しにくいのが現状でしょう。

今後日本をはじめとするさまざまな国の取引所に上場すれば、仮想通貨Orchid(OXT)の値上がりが期待できるでしょう。そのため、仮想通貨Orchid(OXT)の将来性を左右するポイントのひとつに、取引所への上場が挙げられます。

将来性③ 「Orchid」アプリの普及

先述した通り、2020年にiOSやandroid用のアプリ「Orchid」がリリースされています。「Orchid」を使えば、アメリカドルなどの不換通貨で分散型VPNを利用できるようになりました。アプリ内では、利用頻度に応じて3つの料金プランが用意されており、ユーザーは好きなプランを選べます。

この「Orchid」が今後普及すれば、仮想通貨Orchid(OXT)の価格も上昇すると考えられます。「Orchid」アプリの普及は、仮想通貨Orchid(OXT)の将来性に大きく関わると言えます。

仮想通貨Orchid(OXT)の購入方法

たくさんのコインが積み上げられた画像

仮想通貨Orchid(OXT)を入手したくても、どうやって購入すれば良いか分からず悩んでいる人もいるでしょう。そこで、ここでは仮想通貨Orchid(OXT)の購入方法をご紹介します。仮想通貨Orchid(OXT)を購入できる取引所もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

仮想通貨Orchid(OXT)は国内の仮想通貨取引所では扱われていない

残念ながら、2022年1月現在仮想通貨Orchid(OXT)は国内の仮想通貨取引所では取り扱われていません。そのため、仮想通貨Orchid(OXT)を保有するには海外の仮想通貨取引所で口座を開設する必要があります。

仮想通貨Orchid(OXT)を購入できる海外の仮想通貨取引所

仮想通貨Orchid(OXT)を購入できる主な海外の仮想通貨取引所は、以下の通りです。

仮想通貨Orchid(OXT)を購入できる取引所例

  • Binance(バイナンス)
  • OKX(オーケーエックス)
  • Huobi Global(フォビグローバル)
  • Mandala Exchange(マンダラエクスチェンジ)

ちなみに、海外の仮想通貨取引所を使うのが不安な人には、Binance(バイナンス)が一番おすすめです。世界最大級の仮想通貨取引所なため、比較的安全に取引を行えるでしょう。

bitcastle(ビットキャッスル)で今後取り扱う可能性も

bitcastleでも、今後仮想通貨Orchid(OXT)を取り扱い始める可能性があります。登録者の増加を受けて、取り扱い銘柄を増やす予定なのです。

bitcastle(ビットキャッスル)のメリット

bitcastleに登録すれば、以下の3つのメリットを享受できます。

  • 主要銘柄は手数料0円で取引できる
  • 世界最速のバイナリーオプション取引(5秒間)を体験できる
  • ほとんどの仮想通貨が安全なコールドウォレットで保管される
今後も利用者の増加が見込まれているため、ぜひ今のうちに魅力が盛りだくさんのbitcastleに登録してみて下さいね。
 
⇒ビットキャッスル口座開設はこちら

【参考記事】bitcastleについてはこちら

ビットキャッスル(bitcastle)のバイナリーオプションは、世界最速スピード&最短5秒で勝負が決まります。ユーザーの投資経験に合わせて取引が選べるため、投資初心者にもおすすめです。この記事では、ビットキャッスル(bitcastle)の魅力や取引全種類について解説しています。

【まとめ】仮想通貨Orchid(OXT)は分散型VPNプロジェクトの仮想通貨!

仮想通貨Orchid(OXT)は、分散型VPNプロジェクトの「Orchid」から発行されている仮想通貨銘柄です。かんたんにインターネットを構築できる技術として注目されているVPNの課題を克服している分散型VPNは、有名な賞を取るほど期待されている技術です。

今後分散型VPNを利用できるアプリ「Orchid」が普及したり、新たに大手取引所へ上場することがあれば、仮想通貨Orchid(OXT)の価格上昇が期待できるでしょう。今後も仮想通貨Orchid(OXT)の値動きから目が離せませんね。