Divi(DIVI)の将来性は?特徴や購入方法を解説

仮想通貨Divi(DIVI)

「仮想通貨Divi(DIVI)の特徴を簡潔に知りたい」
「仮想通貨Divi(DIVI)の購入を検討している」
「仮想通貨Divi(DIVI)の将来性や魅力を教えて欲しい」

こういった悩みや疑問をお持ちの方は多数いらっしゃると思います。
本記事ではそういった方達の手助けを行うことを目標に、Divi(DIVI)のついてできるだけわかりやすく解説いたします。

基本的な情報から、特徴や将来性など、様々な情報を解説いたしますので、購入をお悩みの方やDivi(DIVI)を調べている方などはぜひ最後まで目を通していってください。

Divi(DIVI)とは

Divi(DIVI)とは

通貨名称 Divi(ディビ)
シンボル DIVE
公開日 2017年11月14日
発行上限枚数 617,160,700DIVI
公式サイト https://diviproject.org/
公式Twitter https://twitter.com/diviproject
公式Facebook https://www.facebook.com/diviproject/
Telegramコミュニティ https://t.me/diviproject

Diviは、2017年11月後半に取引が開始された比較的新しい仮想通貨です。

このプロジェクトは、「一般大衆による仮想通貨の採用」という、仮想通貨業界で最も大きな課題を解決するため、仮想通貨・ブロックチェーンを一般化することを目標に始まりました。

実際、多くの人にブロックチェーン技術は専門的すぎると感じられていることがあり、自分には無理だと興味を失ってしまう人や、怖いと感じてしまう人もいます

もちろんこれだけが原因ではありませんが、この問題は仮想通貨の普及に大きな悪影響を与えてしまっています。

Diviでは、こうした仮想通貨やブロックチェーンを避けている人に真の価値を知っていただけるよう、仮想通貨に触れたことがない人でも簡単に使用できる独自ウォレットの開発や、利用者専用のコミュニティの生成などを行っています。

もし「一般大衆による仮想通貨の採用」というこの課題が解決されたら、仮想通貨業界に大きな利益をもたらすと予想されています。

Diviはそんな仮想通貨業界に大きな利益を与える「一般大衆による仮想通貨の採用」というこの課題に積極的にチャレンジしている、将来期待できる仮想通貨です。

「仮想通貨Hive(HIVE)の将来性を教えて欲しい」 「仮想通貨Hive(HIVE)の特徴ってどんなのがあるの?」 「仮想通貨Hive...
「ブロックチェーンってよく聞くけどいまいちピンとこない」 「ブロックチェーンってどんな特徴があるの?」 ブロックチェーンは、仮想通貨(暗...

Divi(DIVI)の特徴

Divi(DIVI)の特徴

Diviは、仮想通貨やブロックチェーンを一般に普及させることを目標に掲げているプロジェクトです。

独自のブロックチェーンと直感的なスマートウォレットの両方を活用することにより、デジタルマネー交換が速く・安価・簡単に使用できるように開発・運用されています。

他にも、ユーザーエラーの危険性を減らすことも重要視されているなど、とにかく一般の方にも使いやすいよう様々な工夫が行われています。

こうした努力はシステム面だけで行われているわけではありません。

Diviは仮想通貨のそばでサポートするコミュニティこそが、仮想通貨で採用される技術以上に大切なものだとという考えの基、ユーザーへの対応にも力を入れるなど、コミュニティ作りにも力を入れています。

そんな魅力あふれるDiviの特徴をより詳しく知っていただくため、この項目ではDiviの大きな特徴を三つ解説いたします。

特徴①仮想通貨を気軽に利用できるウォレットアプリ

Diviは、一般大衆に仮想通貨やブロックチェーンを利用していただけるよう、専用のウォレットアプリを通して気軽に利用できるブロックチェーン技術と仮想通貨による決済ソリューションを提供することを目指して開発・運用されています。

そんな目的を持って開発されたDiviウォレットは、決済はもちろん、チャージ、キャッシュアウト、インセンティブの獲得など全てを、アプリ内で完結することが出来ます。

それにより、実店舗やeコマ―スなどで買い物をする際、スマートな決済が実現します。

他にもDiviの優位性としては、包括生が高く参入障壁が低いというものもあります。

また、現時点で既にDiviウォレットはiOS版・Android版共にリリースされていることもあってスマホがあれば誰でも参加出来る環境が整っている他、ダウンロードと登録作業も簡単であるため、どなたでも気軽に利用を開始できるのもまた強みの一つです。

こうした機能によってDiviは、仮想通貨を頼現実的な決済手段へと成長させ、人々の身近な存在にしようとしています。

特徴②コミュニティ

仮想通貨において最も重要なことは、一般の人々が使いたい、購入したいと思えるようなものを作り出すことです。

Diviではそのような仮想通貨を作るためには、仮想通貨のそばでサポートするコミュニティこそが、仮想通貨で採用される技術以上に大切なものだと考えています。そのためDiviでは、Divi所有者への対応を熱心に行なっています

仮想通貨のコミュニティとは、仮想通貨の支持者が集まって情報交換や宣伝などをするために話し合うための場所です。

Diviはこうしたコミュニティを活発にするため、開発チーム自らがコミュニティに積極的に顔を出しています。そして、Diviの質問に対し回答したり、有益な情報の提供を行っています。

こうした活動を通じてDiviは、コミュニティに参加するユーザーが長期ホルダーになるように支援をしています。

またDiviでは、コミュニティだけではなく専門家による委員会や過小に評価される市場セグメントのCEOが参加するフォーラムも立ち上げています。

そこでは、どのように一般の人々の利便性を向上させ、ユーザビリティを高めるためのアドバイスを受けています。

こうした点からDiviは普及のために熱心に活動していることがうかがえます。

これからもこうした活動を続け、Diviの所有者が熱狂的な長期ホルダーになるようデザインをしっかりと守り続けることが出来れば、最終的には大多数の層がDiviへと導かれことになり、Diviは大いに発展する可能性があるでしょう。

特徴③ワンクリックマスターノード

Diviの大きな特徴として有名なのが、ワンクリックマスターノードと呼ばれる次世代型マスターノードシステムです。

Diviは世界で初めて階層型のマスターノードシステムを導入し、この仕組みを通してマイニングをスマートに行っています。

具体的には、コンセンサスアルゴリズムにブロック承認者(マスターノード)をランダムに選択するProof of Stake(PoS)が採用されています。

これはビットコインなどが採用しているProof of Work(PoW)に比べると、電力コストが安い他、多くのマイナーがインセンティブを得られる可能性があるといったメリットがあります。

またDiviの場合、Masternode One Click Cloud Installer(通称:MOCCI)という専用のソフトウェアを提供しています。

このMOCCIを使用することによって、仮想通貨などの高度な知識がない人でもマスターノードとしてブロックの承認を行う事ができるようになります。それにより、報酬を受け取る事も可能となります

これによりマイニングの参入障壁が低くすることで、利用者の増加が見込めます。それに伴い、プラットフォームの発展が促され、決済手段としての利用基盤が構築しやすくなります。

こうしてDiviが順調に発展していくことで、「一般の大衆による仮想通貨の採用」という仮想通貨業界の大きな課題を解決するツールへと成長し、マーケットを切り開く第一人者になるかもしれないと、多くの方に期待されています。

Divi(DIVI)の現在の推移価格

Divi(DIVI)の現在の推移価格

 

Divi(DIVI)は2017年11月後半に取引開始以降、価格は徐々に上がり順調に成長しています。

また2021年にはかなり成長するなど、購入需要が高まっており、2021年には2回ほど価格の急上昇が起こっています。

現在は2021年に12月に最高値を後進して以降、価格は急落していっています。

今後の動きとしては余り予想は出来ませんが、最高値を更新して急落、再び最高値を更新するといった流れを2回繰り返している点と、Diviの将来性を踏まえると、再び価格が上昇する可能性は十分にあり得ます

実際、複数の専門家達がDiviの価格は今後上昇すると予想されています。特に長期的に見ると2025年ぐらいには価格が上昇すると言われています。

そのため、Diviは今後も動きを注目して損はない仮想通貨でしょう。

Divi(DIVI)の今後と動向

Divi(DIVI)の今後と動向

ここまでにDivi(DIVI)の特徴や価格などを丁寧に解説いたしましたが、この項目ではDiviに興味がある方にとって一番知りたい情報であろう将来性や今後についてを解説いたします。

まずDiviの将来性の結論を言うと、「将来性に期待が出来る」です。

その理由としては、Diviはビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムなどの複数の仮想通貨をサポートするUXに焦点を当て開発されたDiviスマートウォレットを携えているからです。

今後も仮想通貨の需要は増していくと予想されている他、IoTの発展は仮想通貨決済の普及などもどんどん進んでいくと考えられています。

そのため、仮想通貨やブロックチェーンを一般化することを目的にしたプロジェクトであるDiviは、こうした仮想通貨の発展・普及に大いに役立つと考えられます

また信頼の置けるウォレット開発として多くの方に評価されていることもあって、サポートする銘柄によっては今後も一気に利用者が伸びる可能性があると言われています。

しかし不安な点も存在します。例えば、仮想通貨の決済利用は投機性ばかりがニュースで取り上げられますが、実際の利用はなかなか進んでいません。

そのため仮想通貨の利用拡大にはまだまだ大きな障害が残っているのは間違いないでしょう。

それでもそうした仮想通貨の問題や課題に積極的にアプローチをしているDiviプロジェクトは非常に興味深く、今後も注目に値する仮想通貨であることは間違いないでしょう。

そのため、Diviの購入を検討されている方は将来性を見込んで購入しても良いかもしれません。

ただ、現在は下がり調子であることに不安を感じている方は、「Binanceに上場決定」といった何かしら価格の上昇が期待できるニュースを待ってから購入する手もありです。

どちらにせよ、今後の動向やニュースに注目しておいて損はないでしょう。

Divi(DIVI)の購入方法

Divi(DIVI)の購入方法

Divi(DIVI)の購入方法ですが、現状では日本国内の仮想通貨取引所では取り扱っていません。そのため、Diviを購入したい方は海外の仮想通貨取引所を使う必要があります。

Diviを取り扱っている海外の取引所としておすすめなのは、Bitrue・KuCoin・Crex24・Stex・AscendEX(Bitmax)などがあります。残念ながらBinanceには上場しておりません。

これらの取引所の中から、使い慣れた場所があるならそこを利用すれば良いでしょう。

もしそういった取引所がないのでしたら、日本語対応しているBitrue・Crex24や、流動性が高いKuCoin・AscendEX(Bitmax)あたりがおすすめです。

こうした仮想通貨取引所の利用に不安を感じるなら、購入を見送るのも手です。その場合はBinanceやHuobiなど、大手仮想通貨取引所に上場するのを待つのが良いと思われます。

また、こうした大手仮想通貨取引所に上場したタイミングは基本的に仮想通貨の価格が上がりやすいタイミングでもありますので、安心して購入できるでしょう。

「仮想通貨取引所のバイナンスってどんな特徴があるの?」 「バイナンスを使うメリットやデメリットは?」 「バイナンスに登録する方法は?」 ...

Divi(DIVI)のまとめ

Divi(DIVI)のまとめ

今回はDivi(DIVI)と基本的な情報や得量、推移価格、将来性などについてできる限り分かりやすくなるよう気をつけながら解説させていただきました。

本記事の内容を簡潔にまとめると、 

  1. Diviは2017年11月後半に取引が開始された比較的新しい仮想通貨
  2. 一般大衆による仮想通貨の採用という仮想通貨業界における課題を解決するために開発・運用されている
  3. 仮想通貨やブロックチェーンに対して忌避感を覚えている人達に向けた独自ウォレットを開発
  4. ユーザーエラーが少なく簡単に利用開始できるウォレットアプリ
  5. ユーザーが安心して利用できるようサポートするコミュニティ

となります。

こうした要点をまとめると、「今後の仮想通貨業界に大きな影響を与える可能性もある将来性豊富な仮想通貨」となります。

もちろん不安な点がないわけではありませんが、今後の仮想通貨業界が発展する可能性や、Diviの開発力などを考えると十分に期待できるのは間違いありません。

そのため、Diviの将来性に何か感じるものがあった方は、購入しても良いでしょう。