【NFTゲーム】RETAWARS(レタウォーズ)とは?始め方や稼ぎ方を解説

稼げるNFTゲームとして話題のRETAWARS(レタウォーズ)。「気にはなるけれど本当に稼げるの?」こんな疑問を持っている方も少なくないでしょう。

そこで本記事は、NFTゲームRETAWARSの始め方と稼ぎ方について詳しく解説します。

この記事を読めば、誰でも簡単にRETAWARSを始める準備が整います。是非最後までご覧ください。

RETAWARSとは

ゲームタイトル RETAWARS
ゲームジャンル シュミレーションバトルゲーム
対応デバイス PC
言語 英語
使用トークン RETA/GRT
公式ページ https://retawars.com/
Discord https://discord.gg/W8K48gYW2U
Twitter https://twitter.com/retawars

RETAWARSとは、分散型金融であるDeFiに戦略性を組み合わせたシュミレーションゲームです。お金を稼げるゲームということでGameFiと呼んだりすることもあります。

“ウォーズ”と名が付くようにプレイヤーは「ガイア」もしくは「ネイト」、どちらかの派閥を選んで戦争に参加。見事戦争に勝利すると“GRT”というゲーム内トークンが報酬で与えられます。

プレイヤーはGRTを利用し、キャラクターのレベルを上げ、ゲームランキング上位にランクインすることを目指します。

見事ランクインすると、ユーティリティトークンである“RETA”が与えられ、RETAを市場で取引することでお金を稼ぎます。

初期投資はいくら?

RETAWARSを始めるには、まずゲーム内で使用するNFTキャラクター(ヒーロー)を購入しなくてはいけません。

ヒーローの価格は2023年3月時点で約8,000円ほど。少し高額にも感じますが、1体10万円以上するようなNFTキャラクターを購入しないと始められないゲームに比べれば、まだリーズナブルな方でしょう。

無課金で始められるNFTゲームが多い中で、初期投資が必要なRETAWARSは初心者にとってはやや敷居の高いゲームかもしれません。

しかし、このゲームは稼ぎ方が豊富にあるので、大きなリターンが期待できます。上手にプレイすればすぐに初期投資分を回収できる可能性があるので、「面白そう」と思っているのであれば試す価値ありです。

RETAWARSの特徴

RETAWARS特徴は主に2つ。

  • 稼ぎ方がたくさんある
  • RETAWARSのNFTはRetaverseでも使用可能

それぞれ見ていきましょう。

稼ぎ方がたくさんある

RETAWARSの最も大きな特徴が“稼ぎ方がたくさんある”点です。従来のNFTゲームであれば稼ぎ方は主にNFTの売買かゲーム内報酬のトークンを集めるのみ。

大金を稼ぐには莫大なプレイ時間に加えて、価値のあるNFTを入手できるか、といった運の要素も必要でした。

ところがRETAWARSは複数のゲームモードに稼ぐ性能が備わっており、収益性の高いゲームとなっています。

RETAWARSの稼げるゲームモード

  • バトルモードでの勝利
  • プレイヤーランキングでの上位入賞
  • NFTキャラクターの売買

プレイヤーランキングへの上位入賞はそれなりにプレイ時間が必要となりそうですが、バトルモードの勝利やNFTキャラクターの売買は、ゲームを始めたばかりのプレイヤーでも比較的稼ぎやすいモードです。

特にNFTキャラクターはバトルモードの勝利報酬であるGRTを利用して、より価値のあるNFTへとレベルアップすることが可能です。

このゲーム性であれば、弱小キャラクターであっても、ゲームが進むにつれて高価なNFTへと進化できる可能性が出てきますね。

このほかにも土地の強化であったり、デイリークエストでの参加報酬など、稼げる要素は次々に増えていくそうです。

しっかり稼ぐためには、運の要素よりもやり込みが必要なゲームと言えるでしょう。

RETAWARSのNFTはRetaverseでも使用可能

RetaverseはRETAWARSのメタバース空間です。複数のストーリーや世界観が用意されているRetaverseでは、RETAWARS以外のゲームもプレイできるようになっています。

この時、RETAWARSで獲得したキャラクターNFTは、Retaverseでプレイできる他のゲームでも使用することができます。

複数のゲームで兼用できるNFTキャラクターはレベル上げがしやすく、価値の上昇も大いに期待できるでしょう。とはいえ、今のところRetaverseはまだ発展途中のようです。Retaverseで公開されるゲームに要期待ですね。

RETAWARSの始め方

レタウォーズの始め方は以下の通り。

  • ウォレットの作成
  • bitcastleの口座開設
  • 仮想通貨の購入
  • DEXでRETAと交換
  • NFTの購入

この様な流れになります。

仮想通貨ウォレットの作成

RETAWARSを始めるにはまず、仮想通貨ウォレットの作成をしなくてはいけません。

仮想通貨ウォレットは、ブロックチェーン上で仮想通貨やNFTを保管しておく財布のようなものです。

様々な種類がありますが、ここでは最も汎用性の高いメタマスクの作成をおすすめします。

参考記事はこちら

https://bitcastle.io/column/post-11088/

仮想通貨を保有しているものの、取引所のウォレットで保管するか、取引所以外にウォレットを作って保管するか悩んでいませんか? あなたが保有して...
「仮想通貨のウォレットにはどんな種類があるの?」 「どのウォレットを選べばよいかわからない」 仮想通貨を実際に使うためには、事前にウォレ...

bitcastleの口座開設

ウォレットの準備ができたら、次はbitcastleでイーサリアムやリップルなどの仮想通貨を購入します。

この時、bitcastleの取引口座であれば、クレジットカードから仮想通貨を購入可能です。

面倒な銀行振り込みをしなくても、自宅にいながらすぐに仮想通貨を購入できるのは大変便利ですね。

口座開設料はもちろん無料。メールアドレスの登録と、本人認証だけ済ませればすぐに取引が始められます。

仮想通貨の購入

RETAは残念ながら日本円で直接購入することはできません。なので入手方法はイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨をRETAに交換する方法で入手します。

交換元となる仮想通貨は後述するDEXに対応していれば問題ありません。しかし、あまりにマイナーな通貨を購入してしまうと、価格変動が激しいために交換できるRETAの金額が大きく増減します。

必要なRETAの数を確実に手に入れるために、ここでは価格変動がそれほど大きくないイーサリアムかリップルがおすすめです。

参考記事はこちら

https://bitcastle.io/column/post-17798/

「リップル(XRP)ってどんな仮想通貨なの?」 「リップル(XRP)の将来性が知りたい」 世界中には仮想通貨(暗号資産)が2000種類以...
投資情報メディアであるInvesting Havenは2019年の仮想通貨やブロックチェーン投資について5つの重大予想を公開しました。 ...

DEXでRETAと交換

交換する仮想通貨が用意できたら、仮想通貨が入ったウォレットとDEXを接続して、RETAを入手します。

DEXとは日本語で分散型取引所といい、仮想通貨取引所の一種です。銀行や証券会社のように中央管理者が存在せず、ブロックチェーン上の利用者すべてで管理しています。

大元の管理者がいないため、取引手数料が安く、国内外問わず、あらゆる通貨を取引できるメリットがあります。

中央集権型の取引所に上場していない銘柄も取引できることから、DEXは仮想通貨取引の場面で多く利用されているのが現状です。

一方で、管理者がいないことで、デメリットもあります。例えば取引が成立しなかった場合に対する保証が無かったり、匿名性の高さから犯罪に利用される可能性もあります。便利で使い勝手がよい取引所ではありますが、リスクが高い取引所とも言えるでしょう。

仮想通貨の取引で利用する場合は、パンケーキスワップやユニスワップなど、利用者が多く、安心な取引所がおすすめです。

参考記事はこちら

「仮想通貨のDEXって何のこと?」 「DEXにはどのようなメリット・デメリットがあるの?」 ここ数年で一気に仮想通貨に投資する人が増えま...

https://bitcastle.io/column/post-16022/

https://bitcastle.io/column/post-17405/

https://bitcastle.io/column/post-14431/

NFTの購入

NFTの購入はRETAWARSのゲーム画面から行います。

トップ画面右上のゲームスタートをクリックしてウォレットを接続。接続できるウォレットはメタマスク・ウォレットコネクト・トラストウォレットの3つです。

接続が完了したら画面上部のShopからNFTを購入します。

Shopバナーを開くとヒーローの購入画面が開きます。必要なRETAの金額を確認して、1体ずつ買うか、5体まとめて買うか選べば購入完了です。

ちなみに、NFTはShopではなく、マーケットプレイスからも購入可能です。マーケットプレイスで販売されているヒーローは、ショップに比べると高額ですが、目的のヒーローを購入することができます。

Shopでの購入はスマホゲームでいうところの“ガチャ”のようなものなので、何が出るかがわかりません。

欲しいヒーローが決まっている人はマーケットプレイスでの購入がおすすめです。

RETAWARSの将来性

いま大変注目のRETAWARS。始めようと思っても初期投資がかかることから本当に稼げるのか、将来性が気になるところですよね。

結論から言ってしまえば、RETAWARSの将来性は非常に期待できると考えられます。

その根拠は以下の3つ。

  • 今後のアップデートで魅力的なコンテンツが実装予定
  • Play to earnが注目されている
  • 提携企業が豊富

順番に見ていきましょう。

今後のアップデートで魅力的なコンテンツが実装予定

RETAWARSは今後のアップデートで魅力的なコンテンツが実装予定です。その中の最たるものが、“TENANT SCHOLAR”です。

このモードはFree To Playと表記されていて、初期投資不要で遊べるゲームモードであることが分かります。

ここで稼いだトークンを使用してヒーローNFTを購入すれば、メインモードも無料でプレイできるかもしれません。

ブロックチェーンゲームを始めるにあたって、最もネックとなるのが初期投資です。これが不要になる可能性があるゲームモードTENANT SCHOLARには期待せずにはいられませんね。

こちらが実装された際には、一層アクティブユーザーが増えることが期待できるでしょう。

Play to earnが注目されている

ブロックチェーンゲームを遊んで仮想通貨を稼ぐ、Play to earnが注目されている流れを受けてRETAWARSの注目度も上がってきています。

今後Play to earnは新しいゲームの形として発展していくとされていて、その筆頭となっているRETAWARSは期待のできるゲームといっても過言ではないでしょう。

参考記事はこちら

Play to Earn(プレイ・トゥ・アーン)とは「遊んで稼ぐ」という概念を表した言葉です。具体的にはNFTゲームをプレイして仮想通貨(暗号資産)を稼ぐ仕組みのこと。この記事では、Play to EarnとNFTゲームについて解説します。

https://bitcastle.io/column/post-20383/

最近話題のブロックチェーンゲーム「NFT Wars(NFTウォーズ)」をご存じでしょうか?このゲームは初期投資がかからない上に、ゲーム外のN...

提携企業が豊富

RETAWARSは提携企業が多いことからも将来性が期待できます。例えばYGG Japan。こちらの企業は日本人向けにブロックチェーンゲームをプロモーションする企業で、東京ゲームショウにも出店するほどの知名度を誇ります。

他にはアメリカの金融情報誌ブルームバーグやヤフーファイナンスに取り上げられたりと、金融や投資業界からも注目を集めているゲームであることが分かります。

この様な背景もあり、RETAWARSは今後も継続的にアクティブユーザーを獲得し続けることでしょう。

【まとめ】RETAWARSは将来性が高く、稼ぐにはもってこいのブロックチェーンゲーム

多くの企業と提携し、注目度が高いブロックチェーンゲームRETAWARS。稼ぎ方が複数あり、収益性も期待できることから「ブロックチェーンゲームで稼ぎたい」という方にはピッタリではないでしょうか。

今のところRETAトークンの価格も落ち着いており、多少初期投資がかかるものの、今ならお得に始められることでしょう。

今後のアップデートによってまた更に人気が出るであろうこのゲームはなるべく早く始めるほど先行者利益が期待できます。

稼げるブロックチェーンゲームが気になる方は是非プレイしてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする