仮想通貨Algorand(アルゴランド)とは?特徴や将来性を解説!

仮想通貨Algorand(アルゴランド)とは?特徴や将来性を解説

仮想通貨Algorandをご存じですか?この仮想通貨は機能性、信頼性ともに最高クラスで一般ユーザープロジェクトのみならず大手企業や政府まで注目しているという要注目の仮想通貨です。本記事では「Algorandが話題になっているけど凄さが分からない」「将来性はあるの?」といった疑問をすべて解決します。 

まずはAlgorandの概要と特徴から紹介していきます。 

Algorand(アルゴランド)とは 

Algorand(アルゴランド)とは

Algorandは仮想通貨の問題点であったブロックチェーンの分散性、セキュリティ面、拡張性などを解決したパブリックブロックチェーン(パブリックブロックチェーンについては後述します)です。 2021年にはローンチ以来最高値を更新するなど話題性に長けていて、インフラ提供まで始まるといった仮想通貨の実用化に向けた仮想通貨です。

仮想通貨の新しい価値を提供するために構築された独自のアルゴリズムや技術を次の項目では詳しく解説しますので是非読んでいって下さい。 

Algorand(アルゴランド)の特徴 

Algorand(アルゴランド)の特徴

様々な仮想通貨が開発される中でなぜAlgorandがこんなにも注目されているのか。その理由はこの仮想通貨の持つ特徴的な技術に他なりません。その独自の技術を見ていきましょう 

パブリックブロックチェーン 

Algorandはパブリックブロックチェーンを基盤に開発されています。 

パブリックブロックチェーンはインターネット環境があれば誰でも取引に参加できる管理者の存在しないブロックチェーンです。完全にオープンな環境で稼働しているのでデータの管理も透明性が高く、相互監視の面からも信用度の高い非中央集権型のプラットフォームが構築できます。 

通常パブリックブロックチェーンは処理速度が遅くなるという課題がありましたが、 PPoSを採用することによりその問題を解決しています。 

コンセンサスアルゴリズムにPPoSを利用している 

PPoSはPure Proof of Stakeの略です。従来のPoSの仕組みを改善し、新しいコンセンサスアルゴリズムとして開発されました。PPoSを理解するにはその他のコンセンサスアルゴリズムであるPoSとPoWについても知っておく必要があります。まずはそこから解説します。 

PoW(プルーフオブワーク)とPoS(プルーフオブステーク) 

ブロックチェーン技術はブロックと呼ばれる情報の集まりを連続したチェーン繋ぎのようにしたものです。ブロックチェーン上に新しいブロックを追加するときは、そのブロックが不正ではないかを承認する必要があり、承認するためのアルゴリズムを「コンセンサスアルゴリズム」と言います。 

コンセンサスアルゴリズムには計算によって承認作業を行う「PoW」とトークンを一定量保有することで承認作業に参加できる「PoS」の2種類があり、どちらも作業が完了すると報酬が支払われます。 

そして今回Algorandは新しいコンセンサスアルゴリズムとして「PPoS」を実装しました。 

PPoS(Pure Proof of Stake) 

PPoSはPoSの進化版ともいえるコンセンサスアルゴリズムで、その仕組みには3つの大きな特徴があります。 

PoSの問題点の解消 

PPoSはステークする仮想通貨の保有量に関係なくネットワークに参加できることに加え、ロック期間も存在しません。PoSの問題点として挙げられるのが、 

  • ステーキングネットワークに参加するには保有する仮想通貨に最低量が定められていること 
  • ネットワークに参加する際、ロックステーキングと呼ばれる期間が存在すること 

この2点があります。特にロックステーキングとはステークしている仮想通貨を一定期間は動かすことができないというルールです。なので仮にステークしている仮想通貨がロック期間中に暴落したとしても売却して損失を限定することができません。ロックステーキングのデメリットはPoSを行うにあたって非常に懸念すべきリスクでした。PPoSではロック期間が存在しない為、ネットワークに参加しやすいコンセンサスアルゴリズムになっています。 

ネットワークセキュリティの向上と分散化 

PoSはネットワークに参加するために一定以上の仮想通貨を保有する必要があり、ネットワークに対する影響力は、より多くの仮想通貨をステークしているユーザーに依存していました。この仕組みでは極論、1人のユーザーが特定の仮想通貨のほとんどを所持すると新しいブロックが不正なデータでも承認してしまうというセキュリティ上の問題が発生します。 

PPoSではネットワークへの影響力は保有している仮想通貨の量に比例しますが、ネットワークへの参加権はランダムに選択されるため、セキュリティ上の信頼性が向上します。 

PoWの問題点の解消 

PoWは同時に2つのブロックが承認されてしまうとフォークと言ってチェーンが分岐してしまいます。フォークしてしまうと最終的に最も長くなったチェーンだけが残り、それ以外のブロックはすべて消えてしまいます。消えてしまったブロックのトランザクションも無効になってしまうため、消失したブロック内の取引データなどが「なかったこと」になってしまいます。 

PPoSではコンセンサスアルゴリズムの中で承認されるブロックは必ず1つと定められています。その為無効となるトランザクションが生まれなくなるためネットワーク効率の向上が見込まれます。 

【用語補足】 

トランザクション:仮想通貨の送金処理のこと。取引データなどの履歴も処理データの中に含まれています 

トリレンマの解消 

従来の仮想通貨ではスケーラビリティ・セキュリティ・分散性このうち2つを選ぶと1つが欠けてしまうといったトリレンマの問題が発生していました。 AlgorandはコンセンサスアルゴリズムにPPoSを導入することでこのトリレンマを解決しています。具体的な解決の方法は以下の通りです。

スケーラビリティ問題の解決 

ユーザーや取引量の増加に適応でき、拡張性がとても高いです。将来的には1秒間に45,000以上の処理速度を目指しています。 

セキュリティの向上 

フォークをさせないのでチェーンの複製ができなことに加え、ブロックが消失しないので無効なトランザクションが発生しません。 

分散性の確保 

Algorandを保有するすべての人にネットワークへの参加権があります。分散性を向上させるにはネットワークの参加者を増やす必要があり、ネットワークへの参加が容易なAlgorandはこの点も解決しています。 

仮想通貨の特徴はこちらの記事も参考にしてみてください。

「仮想通貨Monero(XMR)って日本の取引所に上場していたこともあるみたいだけど、どんな仮想通貨なんだろう?」 「仮想通貨Monero...

Algorand(アルゴランド)の現在の価格推移

Algorand(アルゴランド)の現在の価格推移

ALGO/USDの日足チャートです。

 

値動きは一方向のトレンドではなく、一定の価格で上下に推移しています。12月に入ってからやや下落基調ではありますが、9月7日に1.0384を底値に下ヒゲを付けた後上昇したことを踏まえるとこの価格が底値になるのではないでしょうか。

過去チャートから現在の価格に至るまでの流れ

上値で注目される価格帯は2.5ドルより上とみています。
9月の前半は2.5ドル付近で頭打ち。その後1.6ドル付近まで下落すると、ここがサポートになって価格がもみ合い始めました。11月18日は一瞬2.7ドルを付けていましたが、大きな上ヒゲになってしまい終値は1.8ドルです。このことからもう少し買い側の勢いが出ないと2.5ドルは突破できないでしょう。
 
その為にはもう少し価格が下落し、比較的購入しやすい状態になることが重要です。現在1.6ドルのサポートをやや抜けて下落しているのでこのままもう一段、価格が落ちれば、買いポジションを持つ準備をしたいところです。
テクニカル分析的にはわかりにくいチャート形状をしていますが長期では上昇していくと思うので1ドル前半の価格帯では買いポジションを取るといいでしょう。

Algorand(アルゴランド)の今後と動向 

Algorand(アルゴランド)の今後と動向

Algorandの今後は非常に期待が持てるといえます。その理由は現在進行中のプロジェクトにfutureFiというものがあり、このプロジェクトには大きな可能性を感じるからです。 futureFiはCefiとDeFiを統合した全く新しい金融サービスです。

このサービスを提供できるようになれば、金融機関でしか行うことのできなかった金融取引がブロックチェーン上で可能になり、NFTなどのブロックチェーン上の財産が金融機関で取引できるなど、仮想と現実の区別がなくなる革新的な金融システムが誕生します。 

現にこの金融システムには注目している企業も多く、一部では政府まで動向を探っているなど、話題性は尽きません。 現在の金融の仕組みを根底から変革するような可能性を秘めている仮想通貨Algorandの今後の動向は要注目です。 

その他の仮想通貨の童虎が気になる方はこちらの記事もおすすめです。

「Helium(HNT)ってどんな特徴を持った仮想通貨銘柄なんだろう?」 「Helium(HNT)に興味があるけど、将来性はあるのかな?」...

Algorand(アルゴランド)の購入方法 

Algorand(アルゴランド)の購入方法

Algorandはメジャーな仮想通貨取引所で購入可能です。 

  • バイナンス 
  • FTX 
  • Huobi 
  • OKEX 

などの仮想通貨取引所でAlgorandを取り扱っています。 

【まとめ】Algorand(アルゴランド)の将来性は新しい金融サービスを提供する事ができる仮想通貨 

AlgorandはPPoSというコンセンサスアルゴリズムによって、現在の金融システムを大きく進化させる可能性のある仮想通貨です。 現段階ではまだ実用化はされていませんが、そう遠くない将来で実用化が可能になるでしょう。金融サービスなどインフラ事業に影響を及ぼす仮想通貨なだけに、その将来性や期待値は他の仮想通貨の比ではありません。現在Algorandは法定通貨での購入も可能なので保有資産として、購入検討されてはいかがでしょうか?